北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

日高報知新聞

自動操舵の田植え機で

【新冠】水がぬるむ時期を迎え、日高地方で田植えが始まった。12日は青空が広がり、気温も上昇する春らしい天気となり、美宇地区ではGPS(全地球測位システム)を活用した自動操舵の田植え機も登場し、一足早く田植え作業に入っている。    18・1㌶の広い水田に「ななつぼし」や「ゆめぴりか」を作る美宇の國保貴志さん(61)、貴一郎さん(25)親子は今春、自動操舵で作業する最新型の直進キープ機能付田植え機を導入した。

 水田面積が大きいため、毎年周辺農家より早めに始め、田植えの適期中に作業が終わるようにしているという。

 水田以外にも、国からの補助が手厚く収益が期待できる作目という「ソバ」を水田以上の23㌶、麦を6㌶に作付けする大規模農家だ。

 田植えは12日が初日。21歳から4代目の後継ぎとして働いている貴一郎さんは「田植えは真っすぐに植えるための運転が一番難しく、神経を使うし疲れる。GPSで自動直進するこの田植え機は、ハンドルから手を離して苗の追加や植え付け状態を細かく確認できるので、とても負担軽減になる」と話す。

 國保さん親子は「昨年の米は豊作だった」と話し、今年も秋の収穫に期待を込めながら田植え作業に励んでいた。

 日高地方の田植えは、週明け後から本格化する。

自動操舵の新型田植え機で苗を植える國保さん親子

関連記事

十勝毎日新聞

路線バス国内客も乗り放題 2社がパス【十勝】

 十勝バス(帯広、野村文吾社長)と北海道拓殖バス(音更、中木雄三郎社長)は、昨年から十勝を訪れる外国人観光客向けに発売している「VISIT TOKACHI PASS」を、11月から日本人観光客向...

十勝毎日新聞

26、27日に「カレー」上映 見て「食べよう」【池田】

 池田町内の映画愛好家でつくる池田映画研究会(宮澤嘉裕会長、会員8人)は26、27の両日、町中心市街地にある交流スペース「Ponte(ポンテ)」(大通4)でドキュメンタリー映画「カレーライスを一...

十勝毎日新聞

水害きっかけ「いももっち」 まりも製薬【帯広】

 健康食品など製造販売の「まりも製薬」(帯広、河端ミカ社長)は、十勝産の「インカのめざめ」を使ったイモ団子「いももっち」2品を商品化し、販売している。袋のまま電子レンジで温めて食べられる。  ...

室蘭民報

刈田神社に輝く神輿、遠田さんが寄贈【登別】

 登別市の総鎮守・刈田神社(登別市中央町、大西昇宮司)の女神輿(みこし)が更新された。戦前から使われていた神輿だが、部品が破損するなど老朽化が顕著になってきたところ、市内の建設会社役員・遠...

室蘭民報

健康支えた音楽レク、総合福祉センター指定管理者の内池さん夫妻【室蘭】

 老朽化などを理由に10月末で廃止となる室蘭市総合福祉センター(天神町)。約12年間にわたり指定管理者を務めてきた各種介護事業を行うタカラサービス(白鳥台)の内池宝代表取締役会長(76)は「自...