北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

日高報知新聞

自動操舵の田植え機で

【新冠】水がぬるむ時期を迎え、日高地方で田植えが始まった。12日は青空が広がり、気温も上昇する春らしい天気となり、美宇地区ではGPS(全地球測位システム)を活用した自動操舵の田植え機も登場し、一足早く田植え作業に入っている。    18・1㌶の広い水田に「ななつぼし」や「ゆめぴりか」を作る美宇の國保貴志さん(61)、貴一郎さん(25)親子は今春、自動操舵で作業する最新型の直進キープ機能付田植え機を導入した。

 水田面積が大きいため、毎年周辺農家より早めに始め、田植えの適期中に作業が終わるようにしているという。

 水田以外にも、国からの補助が手厚く収益が期待できる作目という「ソバ」を水田以上の23㌶、麦を6㌶に作付けする大規模農家だ。

 田植えは12日が初日。21歳から4代目の後継ぎとして働いている貴一郎さんは「田植えは真っすぐに植えるための運転が一番難しく、神経を使うし疲れる。GPSで自動直進するこの田植え機は、ハンドルから手を離して苗の追加や植え付け状態を細かく確認できるので、とても負担軽減になる」と話す。

 國保さん親子は「昨年の米は豊作だった」と話し、今年も秋の収穫に期待を込めながら田植え作業に励んでいた。

 日高地方の田植えは、週明け後から本格化する。

自動操舵の新型田植え機で苗を植える國保さん親子

関連記事

函館新聞

晩夏彩る湯の川温泉花火大会【函館】

 函館の晩夏を彩る「第53回湯の川温泉花火大会」(実行委主催)が18日に行われた。松倉川下流から1時間にわたって約3000発の花火が打ち上がり、訪れた5万1000人(主催者発表)を魅了した。 ...

函館新聞

はこだて国際科学祭、10回目の開幕【函館】

 「はこだて国際科学祭」(サイエンス・サポート函館主催、函館新聞社など後援)が18日、五稜郭タワーをメイン会場に開幕した。10回目の節目となる今回は「『環境』から函館のしあわせを考える。」が...

根室新聞

25日から松浦武四郎 管内巡回パネル展【根室】

 根室振興局は25日から、北海道150年事業の「松浦武四郎 根室管内巡回パネル展」を管内1市4町で展開する。武四郎が江戸時代に訪れた管内の様子や業績をパネルで紹介するほか、「東西蝦夷山川地理取調図」(...

日高報知新聞

華やかな義経行列など【平取】

【平取】平安時代の武将「源義経」をまつる町内本町の義経神社(楡田美浩宮司)の例大祭に合わせ14~15の両日、本町地区で「義経ふるさと祭」が開かれた。義経神社祭典実行委員会と義経ふるさと祭実行委員会の主...

日高報知新聞

40年ぶりに会場灯台点灯【えりも】

【えりも】えりもの夏を彩る「第45回えりもの灯台まつり」(実行委主催)が14~16日、本町の灯台公園とえりも港を会場に開かれ、あいにくの雨天模様にかわらず町民やお盆で帰省中の家族連れなど2万1000人が...