北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

函館新聞

函大が500人の大応援団組織 マラソンランナーを国際信号旗で応援【函館】

国際信号旗を手に応援団への参加を呼び掛ける澤田石さん

 函館大(野又淳司学長)は、7月1日開催の「2018函館マラソン」を盛り上げるため、500人の大規模応援団を発足させる。フルマラソンの37キロ地点で、ランナーにとって″地獄〟とも呼ばれる「ともえ大橋」(大手町―万代町、全長1924メートル)で、歓迎を意味する国際信号旗(UW)を振ってランナーを励ます。  初の試みで、市民500人を募り、ともえ大橋の海側5カ所に100人ずつ配置。大きなUW旗を5本立てるほか、手に持つ小旗500本も用意する。小旗は17日に函大生が作製する予定だ。函館、北斗、七飯の高校13校のボランティア部130人も土・日曜を使い、函大ベイエリア・サテライト(末広町)で小旗を作る。  応援する時間は正午~午後2時で、参加者は大会当日、ともえ大橋に集合。函大は市内小・中学校69校にチラシやポスターを配布し参加を呼び掛けたほか、西部地区の12町会や小・中学校、児童館には個別訪問し参加を働き掛ける。  また、ベイエリア・サテライトでは当日、通過ランナーのゼッケンをマイクで読み上げるとともに、FMいるかの放送やNCV(ニューメディア函館センター)の映像を中継。応援者やランナーにトイレを提供し、休憩所として開放する。時間は午前10時~午後2時。  本番に向け、練習する選手のためサテライトは毎週土・日曜午前10時~午後5時、トイレや休憩に利用できる。開館日は19、20、26、27日、6月2、3、9、10、16、17、23、24、30日。  サテライト職員の澤田石久巳さん(69)は「ともえ大橋は海風と上り坂で最もきつい。心のこもった応援がランナーにとって一番の励みになる」と参加を呼び掛けている。(山崎大和)

関連記事

十勝毎日新聞

路線バス国内客も乗り放題 2社がパス【十勝】

 十勝バス(帯広、野村文吾社長)と北海道拓殖バス(音更、中木雄三郎社長)は、昨年から十勝を訪れる外国人観光客向けに発売している「VISIT TOKACHI PASS」を、11月から日本人観光客向...

十勝毎日新聞

26、27日に「カレー」上映 見て「食べよう」【池田】

 池田町内の映画愛好家でつくる池田映画研究会(宮澤嘉裕会長、会員8人)は26、27の両日、町中心市街地にある交流スペース「Ponte(ポンテ)」(大通4)でドキュメンタリー映画「カレーライスを一...

十勝毎日新聞

水害きっかけ「いももっち」 まりも製薬【帯広】

 健康食品など製造販売の「まりも製薬」(帯広、河端ミカ社長)は、十勝産の「インカのめざめ」を使ったイモ団子「いももっち」2品を商品化し、販売している。袋のまま電子レンジで温めて食べられる。  ...

室蘭民報

刈田神社に輝く神輿、遠田さんが寄贈【登別】

 登別市の総鎮守・刈田神社(登別市中央町、大西昇宮司)の女神輿(みこし)が更新された。戦前から使われていた神輿だが、部品が破損するなど老朽化が顕著になってきたところ、市内の建設会社役員・遠...

室蘭民報

健康支えた音楽レク、総合福祉センター指定管理者の内池さん夫妻【室蘭】

 老朽化などを理由に10月末で廃止となる室蘭市総合福祉センター(天神町)。約12年間にわたり指定管理者を務めてきた各種介護事業を行うタカラサービス(白鳥台)の内池宝代表取締役会長(76)は「自...