北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

函館新聞

函大が500人の大応援団組織 マラソンランナーを国際信号旗で応援【函館】

国際信号旗を手に応援団への参加を呼び掛ける澤田石さん

 函館大(野又淳司学長)は、7月1日開催の「2018函館マラソン」を盛り上げるため、500人の大規模応援団を発足させる。フルマラソンの37キロ地点で、ランナーにとって″地獄〟とも呼ばれる「ともえ大橋」(大手町―万代町、全長1924メートル)で、歓迎を意味する国際信号旗(UW)を振ってランナーを励ます。  初の試みで、市民500人を募り、ともえ大橋の海側5カ所に100人ずつ配置。大きなUW旗を5本立てるほか、手に持つ小旗500本も用意する。小旗は17日に函大生が作製する予定だ。函館、北斗、七飯の高校13校のボランティア部130人も土・日曜を使い、函大ベイエリア・サテライト(末広町)で小旗を作る。  応援する時間は正午~午後2時で、参加者は大会当日、ともえ大橋に集合。函大は市内小・中学校69校にチラシやポスターを配布し参加を呼び掛けたほか、西部地区の12町会や小・中学校、児童館には個別訪問し参加を働き掛ける。  また、ベイエリア・サテライトでは当日、通過ランナーのゼッケンをマイクで読み上げるとともに、FMいるかの放送やNCV(ニューメディア函館センター)の映像を中継。応援者やランナーにトイレを提供し、休憩所として開放する。時間は午前10時~午後2時。  本番に向け、練習する選手のためサテライトは毎週土・日曜午前10時~午後5時、トイレや休憩に利用できる。開館日は19、20、26、27日、6月2、3、9、10、16、17、23、24、30日。  サテライト職員の澤田石久巳さん(69)は「ともえ大橋は海風と上り坂で最もきつい。心のこもった応援がランナーにとって一番の励みになる」と参加を呼び掛けている。(山崎大和)

関連記事

函館新聞

晩夏彩る湯の川温泉花火大会【函館】

 函館の晩夏を彩る「第53回湯の川温泉花火大会」(実行委主催)が18日に行われた。松倉川下流から1時間にわたって約3000発の花火が打ち上がり、訪れた5万1000人(主催者発表)を魅了した。 ...

函館新聞

はこだて国際科学祭、10回目の開幕【函館】

 「はこだて国際科学祭」(サイエンス・サポート函館主催、函館新聞社など後援)が18日、五稜郭タワーをメイン会場に開幕した。10回目の節目となる今回は「『環境』から函館のしあわせを考える。」が...

根室新聞

25日から松浦武四郎 管内巡回パネル展【根室】

 根室振興局は25日から、北海道150年事業の「松浦武四郎 根室管内巡回パネル展」を管内1市4町で展開する。武四郎が江戸時代に訪れた管内の様子や業績をパネルで紹介するほか、「東西蝦夷山川地理取調図」(...

日高報知新聞

華やかな義経行列など【平取】

【平取】平安時代の武将「源義経」をまつる町内本町の義経神社(楡田美浩宮司)の例大祭に合わせ14~15の両日、本町地区で「義経ふるさと祭」が開かれた。義経神社祭典実行委員会と義経ふるさと祭実行委員会の主...

日高報知新聞

40年ぶりに会場灯台点灯【えりも】

【えりも】えりもの夏を彩る「第45回えりもの灯台まつり」(実行委主催)が14~16日、本町の灯台公園とえりも港を会場に開かれ、あいにくの雨天模様にかわらず町民やお盆で帰省中の家族連れなど2万1000人が...