北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

室蘭民報

室工大・清水教授が飯高賞、鋳造工学研究で高い評価【室蘭】

飯高賞を受賞した清水教授

 室蘭工業大学の清水一道教授(56)が日本鋳造工学会(木口昭二会長)の飯高賞を受賞した。同賞は鋳造工学の基礎研究で特に卓越した業績を挙げた研究者に贈られる最高の栄誉。道内では4人目、同大では2000年度(平成12年度)に田中雄一名誉教授が受賞して以来2人目。清水教授は「この分野で認めてもらえたという感じ。自分の研究分野で社会に認められるというのはうれしい」と喜びをあらわにした。

 表彰式は19日、兵庫県神戸市で開かれる全国講演大会の席上行われる。清水教授は長年にわたり鋳造材料の摩耗と疲労強度の基礎研究について多くの論文を発表したほか、耐熱・耐摩耗の新材料開発にも取り組んだ。鋳物材料に関する研究開発は全て地元企業との共同研究ということもあり、地域社会への貢献の面でも高い評価を得た。清水教授が取り組む「鋳物シンジケート」も夏には最初の商品を納入する予定だ。

 人手不足は研究の世界も同じだという清水教授。「鋳造研究者は全国でも少なく『絶滅危惧種』と冷やかされる。室蘭は鉄のまちで、ものづくりのまち。今回の受賞を機に、基礎研究に携わる研究者が増えていってもらいたい」と期待を込めていた。

関連記事

日高報知新聞

追悼の献花台設置【新冠】

【新冠】けい養先の西泊津の白馬牧場で17日に心臓まひで死んだGI7勝馬のテイエムオペラオー(牡、22歳)を追悼する献花台が、同馬の馬房に設置され、関係者やファンが訪れている。同牧場によると、6月16日ま...

日高報知新聞

知事訪問し支援に感謝【新ひだか】

【新ひだか】しずない農協(西村和夫組合長)のブランドミニトマト「太陽の瞳」の本格出荷時期を迎え、西村組合長と大野克之町長、管内選出の藤沢澄雄道議は21日午後、札幌市の道庁に高橋はるみ知事を表敬訪問し...

苫小牧民報

母親たちが「バブリーダンス」 幼稚園行事で披露…評判広がり出演依頼続々

 1980年代から90年代初頭のバブル期に流行したファッションに身を包み、華やかに踊る「バブリーダンス」。苫小牧市内の30代から50代の主婦らで結成したグループが、披露するこのダンスステージが話...

苫小牧民報

公設公営、入院機能を維持 白老町立病院方針転換、町長が議会に説明、陳謝

 白老町立国保病院の改築をめぐる問題で、戸田安彦町長は22日の町議会の特別委員会で、「公設民営・無床診療所化」の方針を見直し、「公設公営・入院機能保持」への転換を正式に表明した。町は2022年度...

十勝毎日新聞

早乙女姿で丁寧に 途別小で田植え【幕別】

 途別小学校(清水弘校長、児童23人)で23日、地域の伝統を受け継ぐ田植えが行われた。全校児童がかさに絣(かすり)の着物の「早乙女姿」で豊作に願いを込めて苗を植えた。  途別地区は晩成社の依...