北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

室蘭民報

水神社の思い今も熱く、細目さんが22年間清掃活動【室蘭】

9月の神社祭に向け体調管理に励む細目さん

 標高911メートルの室蘭岳中腹には水神社がある。かつては室蘭岳を水源とする湧き水付近に設けられた神社だったが、1990年(平成2年)に雪崩で崩壊。登山愛好家が中心となり室蘭岳水神社保存会が結成され、94年に復元された。保存会前会長の細目裕さん(83)は2016年11月に体調を崩すまでの22年間、月1回水神社を訪れ、神社と周辺の清掃活動を実施。鳥居が木製だったころは年に一度ペンキ塗りも行ってきた。

 細目さんは「以前の鳥居は宮大工の方に無償で作っていただきました。さい銭箱がなくなった時も市民の方が新しく作ってくれました。市民の皆さんの善意の力に支えられましたね」と振り返る。昨年5月に会長職を退き清掃を引き継いだ後も、神社のことは心に残っていたという。

 今年に入り、もう一度水神社に行きたい、室蘭岳に登りたい、という気持ちが強くなった細目さん。今月1日、つえを手に長女の悦子さんに支えられ、約1年半ぶりに神社を訪れた。「天気に恵まれ、高山植物に囲まれた神社を見た時は周囲が明るくなったように見えました。疲れを忘れて掃除を済ませ、お参りをしたらなぜかホッとしました。あんな気持ちは初めてです」とその時の様子を語る。

 細目さんは登山客に対し「天気予報と体調は必ず自分で確認を」と強く訴える。自身も9月第1週の神社祭出席を目指し、体調管理と体力づくりに励む日々を送っている。

関連記事

根室新聞

花咲線の利用促進に向け 行動計画策定へ【根室】

 JR花咲線の沿線自治体で構成する根室本線花咲線対策沿線地域連絡協議会(会長・石垣雅敏根室市長)の会合が15日、根室市総合文化会館で開かれた。会議は非公開で行われ、JR花咲線の利用促進に向けたア...

根室新聞

中標津空港 乗降客数2年連続の20万人ならず【根室】

 根室管内の空の玄関口、根室中標津空港は、昨年一年間の乗降客数が、前年より22パーセント減って19万7,000人台にとどまり、2年連続の20万人には届かなかった。千歳便はほぼ前年並みの11万人台に乗ったが、...

日高報知新聞

渡部智佳子さんが3部門1位【えりも】

【えりも】自家製の漬物の味を競う「第55回つけものコンクール」が14日、町福祉センターで開かれ、町内女性が出品した漬物で自慢の味を競いあった。町女性団体連絡協議会(川﨑尚子会長)が主催し、町教委が後援...

日高報知新聞

20歳の節目に決意新た【浦河】

 14日は「成人の日」。これを前にした13日、日高管内7町で成人式が開かれた。会場では真新しいスーツや羽織・袴、華やかな振り袖姿に着飾った若者たちが、旧友との再会を喜び合うとともに20歳の門出に決意を...

苫小牧民報

肝炎ウイルス、ぜひ検査を 苫小牧出身・SHOKICHIさんが道知事を表敬..

 EXILEのメンバーで、苫小牧出身のSHOKICHIさん(33)が15日、道庁の高橋はるみ知事を表敬訪問し、厚生労働省の肝炎総合対策推進国民運動「知って、肝炎プロジェクト」をアピールした。 ...