北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

室蘭民報

水神社の思い今も熱く、細目さんが22年間清掃活動【室蘭】

9月の神社祭に向け体調管理に励む細目さん

 標高911メートルの室蘭岳中腹には水神社がある。かつては室蘭岳を水源とする湧き水付近に設けられた神社だったが、1990年(平成2年)に雪崩で崩壊。登山愛好家が中心となり室蘭岳水神社保存会が結成され、94年に復元された。保存会前会長の細目裕さん(83)は2016年11月に体調を崩すまでの22年間、月1回水神社を訪れ、神社と周辺の清掃活動を実施。鳥居が木製だったころは年に一度ペンキ塗りも行ってきた。

 細目さんは「以前の鳥居は宮大工の方に無償で作っていただきました。さい銭箱がなくなった時も市民の方が新しく作ってくれました。市民の皆さんの善意の力に支えられましたね」と振り返る。昨年5月に会長職を退き清掃を引き継いだ後も、神社のことは心に残っていたという。

 今年に入り、もう一度水神社に行きたい、室蘭岳に登りたい、という気持ちが強くなった細目さん。今月1日、つえを手に長女の悦子さんに支えられ、約1年半ぶりに神社を訪れた。「天気に恵まれ、高山植物に囲まれた神社を見た時は周囲が明るくなったように見えました。疲れを忘れて掃除を済ませ、お参りをしたらなぜかホッとしました。あんな気持ちは初めてです」とその時の様子を語る。

 細目さんは登山客に対し「天気予報と体調は必ず自分で確認を」と強く訴える。自身も9月第1週の神社祭出席を目指し、体調管理と体力づくりに励む日々を送っている。

関連記事

日高報知新聞

追悼の献花台設置【新冠】

【新冠】けい養先の西泊津の白馬牧場で17日に心臓まひで死んだGI7勝馬のテイエムオペラオー(牡、22歳)を追悼する献花台が、同馬の馬房に設置され、関係者やファンが訪れている。同牧場によると、6月16日ま...

日高報知新聞

知事訪問し支援に感謝【新ひだか】

【新ひだか】しずない農協(西村和夫組合長)のブランドミニトマト「太陽の瞳」の本格出荷時期を迎え、西村組合長と大野克之町長、管内選出の藤沢澄雄道議は21日午後、札幌市の道庁に高橋はるみ知事を表敬訪問し...

苫小牧民報

母親たちが「バブリーダンス」 幼稚園行事で披露…評判広がり出演依頼続々

 1980年代から90年代初頭のバブル期に流行したファッションに身を包み、華やかに踊る「バブリーダンス」。苫小牧市内の30代から50代の主婦らで結成したグループが、披露するこのダンスステージが話...

苫小牧民報

公設公営、入院機能を維持 白老町立病院方針転換、町長が議会に説明、陳謝

 白老町立国保病院の改築をめぐる問題で、戸田安彦町長は22日の町議会の特別委員会で、「公設民営・無床診療所化」の方針を見直し、「公設公営・入院機能保持」への転換を正式に表明した。町は2022年度...

十勝毎日新聞

早乙女姿で丁寧に 途別小で田植え【幕別】

 途別小学校(清水弘校長、児童23人)で23日、地域の伝統を受け継ぐ田植えが行われた。全校児童がかさに絣(かすり)の着物の「早乙女姿」で豊作に願いを込めて苗を植えた。  途別地区は晩成社の依...