北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

室蘭民報

水神社の思い今も熱く、細目さんが22年間清掃活動【室蘭】

9月の神社祭に向け体調管理に励む細目さん

 標高911メートルの室蘭岳中腹には水神社がある。かつては室蘭岳を水源とする湧き水付近に設けられた神社だったが、1990年(平成2年)に雪崩で崩壊。登山愛好家が中心となり室蘭岳水神社保存会が結成され、94年に復元された。保存会前会長の細目裕さん(83)は2016年11月に体調を崩すまでの22年間、月1回水神社を訪れ、神社と周辺の清掃活動を実施。鳥居が木製だったころは年に一度ペンキ塗りも行ってきた。

 細目さんは「以前の鳥居は宮大工の方に無償で作っていただきました。さい銭箱がなくなった時も市民の方が新しく作ってくれました。市民の皆さんの善意の力に支えられましたね」と振り返る。昨年5月に会長職を退き清掃を引き継いだ後も、神社のことは心に残っていたという。

 今年に入り、もう一度水神社に行きたい、室蘭岳に登りたい、という気持ちが強くなった細目さん。今月1日、つえを手に長女の悦子さんに支えられ、約1年半ぶりに神社を訪れた。「天気に恵まれ、高山植物に囲まれた神社を見た時は周囲が明るくなったように見えました。疲れを忘れて掃除を済ませ、お参りをしたらなぜかホッとしました。あんな気持ちは初めてです」とその時の様子を語る。

 細目さんは登山客に対し「天気予報と体調は必ず自分で確認を」と強く訴える。自身も9月第1週の神社祭出席を目指し、体調管理と体力づくりに励む日々を送っている。

関連記事

函館新聞

旧相馬家住宅 国の重文に 笹浪家米蔵・文庫蔵を追加【函館 上ノ国】

【函館、上ノ国】国の文化審議会(佐藤信会長)は19日、重要文化財(重文)として、函館市元町33の旧相馬家住宅2棟(主屋、土蔵)を新規指定、上ノ国町上ノ国の重文「旧笹浪家住宅」に付属の米蔵...

函館新聞

カボチャランタンに花火 紅葉ライトアップも「大沼ハロウィンナイト」【七飯】

 【七飯】秋の大沼を楽しむイベント「第7回大沼ハロウィンナイト&紅葉ライトアップクルーズ」(ぐるり道南観光推進協議会主催)が19日、大沼公園広場で始まった。カボチャランタンや紅葉のライトア...

日高報知新聞

藤本蓮さん(静高2年)が全国へ【新ひだか】

【新ひだか】北海道高文連の第52回全道高等学校書道展が3~5日、室蘭市体育館で開かれ、静内高2年の藤本蓮さん(17)が来年7月に佐賀県で開催の全国総文祭に出場する推薦候補者に選出された。坪朝陽さん...

日高報知新聞

全国名門農家抑えトップに【新ひだか】

【新ひだか】11日から15日にかけ東京食肉市場で開かれた「第47回全畜連肉用牛枝肉共進会」で、みついし和牛肥育組合長の畑端博志さん(63)=三石本桐=の出品牛が最優秀賞を受賞した。全国一の牛を生産した...

苫小牧民報

厚真などで研究者ら合同調査 胆振東部地震の大規模地滑り現場

 18日午前、道内外の研究者でつくる調査団30人は、厚真町役場から北東に直線で9キロ離れた幌内神社から山奥へ数キロ進み、大規模な山腹崩壊の現場から調査を開始。同町の学芸員らも同行した。  甚大...