北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

十勝坊主 初確認 再調査で6個 明大・小疇名誉教授ら【浦幌】

 周氷河現象の一つである構造土「十勝坊主(とかちぼうず)」が町昆布刈石の山林でその形状などがはっきりと確認された。「十勝坊主」が町内で確認されたのは初めて。周辺にはほかにも複数の隆起があり、今後の調査の行方が注目される。

「十勝坊主」のはっきりとした形状を確認した小疇名誉教授(左)と持田学芸員

 町立博物館の持田誠学芸員らが昨年4月19日に発見。それから約1カ月後に現地を訪れた明治大学の小疇尚名誉教授ら4人の地理学者が「十勝坊主」と断定した。小疇名誉教授らは今月2日に再調査に現地を訪れ、笹やぶなどを刈り取り、改めてはっきりとした形状を確認した。

 今回確認された十勝坊主は、高さ約50センチ、直径1.7メートルほどの単独のものや、連結したものなど6個がまとまった形で見つかった。小疇名誉教授は「既知の分布地が内陸部であるのに対して、そこから遠く離れた白糠丘陵南端の海に近い小さな谷底で雑木林の中にある。まさかこんな所にと思われる場所だ」と話している。

 地質学者らによって十勝坊主が町内にまとまった形で残っていることが明らかとなったことを受け、持田学芸員は「十勝の原風景を残す豊かな自然が残存していることの証しであり、浦幌や十勝海岸の自然を保全していく上で重要な要素となると思う。今後は町の文化財への指定なども視野に入れて検討していきたい」としている。

 十勝坊主は十勝管内の9カ所で確認されている。帯広市(帯広畜産大学構内)の十勝坊主群は北海道の天然記念物に、更別村では北海道の学術自然保護区(勢雄地区)に、音更町では町の有形文化財に指定されている。

<十勝坊主>
 ドーム状の構造土(アースハンモック)の一種で、高さ数十センチ、直径1~2メートル。数千年前の寒冷な時期に氷の圧力で土が変形して形成されたものとされ、日本アルプスや大雪山などの高山帯で見られるが、平地では天北原野(道北)と道東で確認されている。管内では1950年に初めて発見され、帯広畜産大学の故山田忍氏、故田村昇市氏が名付けた。

関連記事

函館新聞

福島・岩部海岸クルーズが高評価 町民向けモニター乗船好調【福島】

 【福島】福島町まちづくり工房(代表理事・高木寿副町長)が町民対象に実施している「岩部海岸クルーズ」のモニター乗船が好評だ。利用者アンケートもほとんどが「非常に満足した」というもので、同法人は来...

函館新聞

蔦屋書店でGLAYの衣装展示 5年前の野外ライブで着用【函館】

 25、26日に緑の島(函館市大町)で開催される函館出身のロックバンド「GLAY」の野外ライブを記念し、函館蔦屋書店(石川町)は20日から、同店2階の大型モニター前にメンバー4人の衣装を展示して...

室蘭民報

野球教室でシャークスナインが小学生に技術指導【室蘭】

 小学生を対象にした室蘭シャークスの野球教室が19日、室蘭市の新日鉄住金球場で行われ、子どもたちが基礎技術を学び、シャークスナインと交流した。  教室には少年団8チームから100人が参加。シ...

室蘭民報

「宮古市民号」の第1陣が到着、夜景や観光満喫【室蘭】

 宮蘭フェリー就航を記念した岩手県宮古市の本年度事業「宮古市民号」の第1陣が20日夜、室蘭港に到着した。同市の委託事業で旅行会社3社が10月末までに各1回、冠の付いたツアーを計画している。下船...

室蘭民報

太陽を囲む虹のリング…「日暈」を観測【室蘭地方】

 20日午後1時ごろ、太陽を虹の輪が囲む「日暈(ひがさ)」と呼ばれる現象が室蘭地方で見られた。  室蘭地方気象台によると、太陽の光が空気中の氷の粒によって屈折し輝いて見える現象。この日の室蘭...