北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

十勝坊主 初確認 再調査で6個 明大・小疇名誉教授ら【浦幌】

 周氷河現象の一つである構造土「十勝坊主(とかちぼうず)」が町昆布刈石の山林でその形状などがはっきりと確認された。「十勝坊主」が町内で確認されたのは初めて。周辺にはほかにも複数の隆起があり、今後の調査の行方が注目される。

「十勝坊主」のはっきりとした形状を確認した小疇名誉教授(左)と持田学芸員

 町立博物館の持田誠学芸員らが昨年4月19日に発見。それから約1カ月後に現地を訪れた明治大学の小疇尚名誉教授ら4人の地理学者が「十勝坊主」と断定した。小疇名誉教授らは今月2日に再調査に現地を訪れ、笹やぶなどを刈り取り、改めてはっきりとした形状を確認した。

 今回確認された十勝坊主は、高さ約50センチ、直径1.7メートルほどの単独のものや、連結したものなど6個がまとまった形で見つかった。小疇名誉教授は「既知の分布地が内陸部であるのに対して、そこから遠く離れた白糠丘陵南端の海に近い小さな谷底で雑木林の中にある。まさかこんな所にと思われる場所だ」と話している。

 地質学者らによって十勝坊主が町内にまとまった形で残っていることが明らかとなったことを受け、持田学芸員は「十勝の原風景を残す豊かな自然が残存していることの証しであり、浦幌や十勝海岸の自然を保全していく上で重要な要素となると思う。今後は町の文化財への指定なども視野に入れて検討していきたい」としている。

 十勝坊主は十勝管内の9カ所で確認されている。帯広市(帯広畜産大学構内)の十勝坊主群は北海道の天然記念物に、更別村では北海道の学術自然保護区(勢雄地区)に、音更町では町の有形文化財に指定されている。

<十勝坊主>
 ドーム状の構造土(アースハンモック)の一種で、高さ数十センチ、直径1~2メートル。数千年前の寒冷な時期に氷の圧力で土が変形して形成されたものとされ、日本アルプスや大雪山などの高山帯で見られるが、平地では天北原野(道北)と道東で確認されている。管内では1950年に初めて発見され、帯広畜産大学の故山田忍氏、故田村昇市氏が名付けた。

関連記事

日高報知新聞

追悼の献花台設置【新冠】

【新冠】けい養先の西泊津の白馬牧場で17日に心臓まひで死んだGI7勝馬のテイエムオペラオー(牡、22歳)を追悼する献花台が、同馬の馬房に設置され、関係者やファンが訪れている。同牧場によると、6月16日ま...

日高報知新聞

知事訪問し支援に感謝【新ひだか】

【新ひだか】しずない農協(西村和夫組合長)のブランドミニトマト「太陽の瞳」の本格出荷時期を迎え、西村組合長と大野克之町長、管内選出の藤沢澄雄道議は21日午後、札幌市の道庁に高橋はるみ知事を表敬訪問し...

苫小牧民報

母親たちが「バブリーダンス」 幼稚園行事で披露…評判広がり出演依頼続々

 1980年代から90年代初頭のバブル期に流行したファッションに身を包み、華やかに踊る「バブリーダンス」。苫小牧市内の30代から50代の主婦らで結成したグループが、披露するこのダンスステージが話...

苫小牧民報

公設公営、入院機能を維持 白老町立病院方針転換、町長が議会に説明、陳謝

 白老町立国保病院の改築をめぐる問題で、戸田安彦町長は22日の町議会の特別委員会で、「公設民営・無床診療所化」の方針を見直し、「公設公営・入院機能保持」への転換を正式に表明した。町は2022年度...

十勝毎日新聞

早乙女姿で丁寧に 途別小で田植え【幕別】

 途別小学校(清水弘校長、児童23人)で23日、地域の伝統を受け継ぐ田植えが行われた。全校児童がかさに絣(かすり)の着物の「早乙女姿」で豊作に願いを込めて苗を植えた。  途別地区は晩成社の依...