北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

根室新聞

第1回自由訪問団 色丹島から戻る「ロシア側の対応に好感」【根室】

ヨコネモシリ浜で記念撮影=12日、千島歯舞諸島居住者連盟提供

 四島渡航事業の皮切りとなった第1回自由訪問団(飯作鶴幸団長、団員60人)が14日、訪問先の色丹島から3泊4日の日程を終えて根室港へ戻った。一行はノトロ、キリトウシ、相見崎などを訪れ、元島民らのふるさとである居住地跡や墓地を散策した。帰港後の記者会見で飯作団長(75)は「天候もまずまずで、心配されていたロシア側の対応も好感が持てた」と話し、訪問予定地全てに上陸できたことを報告した。

 訪問団は道内外から参加した元島民22人をはじめとする48人と、同行者12人の計60人。最高齢は92歳、平均年齢70.4歳の一行は、12日に色丹島南部のヨコネモシリ浜から上陸し、キリトウシ墓地と相見崎墓地で合同慰霊祭を実施したほか、13日はノトロ墓地で慰霊祭を行い、先祖の霊を慰めた。

 このうち散策できたのは、色丹島南部のノトロで、能登敏雄副団長(74)らノトロ出身者とその家族ら18人が墓地や旧居住地跡を訪れた。滋賀県に住む姉や孫たちと7人で参加した能登副団長は、「上陸できるか心配だったが、ふるさとを孫にも見せることができて良かった」と安どの表情を浮かべていた。

 二世の立場で母・祥子さん(73)と参加した荒井秀子副団長(50)は、「自分には何ができるのか模索しながらの参加だった」と話し、共に参加した元島民らとの交流の中で、募る故郷への思いを聞き取った。また、団員の1人が返還への願いを込めて作った手芸品の「かえりびな」を全員に配っていたのを見て、「胸が熱くなった。一人でも多くに、この思いをつなげていけたら」と決意を新たにしていた。

 自由訪問は、人道的見地から元島民とその家族が、最大限簡素化された手続きでふるさとを訪れることができる事業。平成11年から千島歯舞諸島居住者連盟(千島連盟、脇紀美夫理事長)が実施主体となって行っている。

 今年度の自由訪問は今回を含めて7回で、6月から9月上旬までに択捉島4回、志発島1回、国後島1回を訪れる予定。7月中旬以降の計画はロシア側の都合で未だ調整中だが、飯作団長は「今回のロシア側の対応を見るとあまり心配は感じなかったが、元島民の不安を一日でも早く払しょくできるよう、早い段階で決まってほしい」と話していた。

関連記事

日高報知新聞

企業版納税第1号【様似】

【様似】本年度から企業版ふるさと納税(地方創生応援税制)を導入した町へ、東邦オリビン工業(本社・東京、横見実社長)から20万円の寄付があり、22日、坂下町長から役場を訪問した横見社長に感謝状が贈られた...

日高報知新聞

装備品展示や指紋採取【浦河】

 浦河警察署(岡崎健一署長)で23日夕方、署長室の開放や機動隊の高性能救助車展示、指紋の採取体験など警察の活動について紹介するショートタイムフェスタを駐車場と庁舎内で開き、子どもから高齢者まで約30...

苫小牧民報

樽前荘廃止の動きに心配の声 愛好者ら行方注視

 苫小牧市が、支笏湖畔のモラップ=千歳市=で運営する休憩・宿泊施設「モーラップ樽前荘」の廃止に向けた検討に入ったことで、施設を愛する全国のファンに心配の声が広がっている。今年で66年の歴史を重ね...

苫小牧民報

舞鶴遊水地にヨシ植栽 タンチョウ営巣へ整備-長沼町

 札幌開発建設部千歳川河川事務所=千歳市住吉=は24日、タンチョウの営巣環境整備を進める空知管内長沼町の舞鶴遊水地で巣の材料となるヨシの植栽作業を実施した。専門家によると早ければ来春にも巣作りが...

十勝毎日新聞

ロケット不具合対策完了 IST【大樹】

 ロケット開発ベンチャーのインターステラテクノロジズ(大樹、IST、稲川貴大社長)は24日、町浜大樹の実験場で、観測ロケットMOMO2号機の打ち上げリハーサルを成功させ、前回延期の原因となった不...