北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

三条10年連続切符 NHK全国高校放送コン【帯広】

10年連続で全国大会に出場する三条高。後列は人文字で「10」を表した(後列左端は安藤佳寿哉顧問)

■帯大谷も2年ぶり

 道高文連第41回全道高校放送発表大会兼第64回NHK杯全国高校放送コンテスト道大会で、帯広三条高と帯広大谷高の2校が上位入賞し、全国大会(東京、7月24~27日)への出場を決めた。帯広三条高は十勝勢初の10年連続の全国出場となり、放送局(局員11人)の大友悠貴奈局長(3年)は「先輩方の後に続くことができ安心した。全国でたくさんの人に作品を届けたい」と話している。

 全道大会は道高文連などが主催し、函館市で13~16日に行われた。7部門で行われ、各地区大会を通過した85校約800人が出場した。

 帯広三条高はラジオドキュメント部門で最優秀賞に次ぐ優秀賞に入った。

 作品「わたし色」は、LGBT(性的少数者)をテーマに制作。当事者へのインタビュー、生徒アンケートなど幅広く取材し、性の在り方を見詰めた。

 気を付けたのは「LGBTを知らない人に、音だけでどう分かりやすく伝えるか」と大友局長。締め切り間近まで丁寧に作り、納得のいく作品に仕上げた。10年連続出場となる全国大会へ向けて「いろいろな人に聞いてもらい、LGBTを知るきっかけになれば」と話している。

2年ぶり2回目の全国出場に臨む帯広大谷高(右は小玉紘史顧問)

 帯広大谷高放送局(森みなみ局長、局員15人)は2年ぶり2回目の全国出場。ラジオドキュメント部門で優秀賞に次ぐ入賞、また朗読部門で本庄ヒカリさん(2年)が入賞し、2部門で全国行きを決めた。

 ラジオドキュメント部門の作品「ひとりぼっちにさせない」は、受刑者向けラジオ番組から高校生活の人間関係を見詰めた。本庄さんと中島広樹さん(2年)が中心に制作し、たまたまテレビで受刑者向けラジオ番組が取り上げられていたことをきっかけに興味を持ったという。

 構成を何度も練り直し、十勝地区大会前日にようやく完成。通過し、挑んだ全道大会では結果発表の瞬間、驚きとうれしさがこみ上げた。全国大会を見据え、中島さんは「各校から学べるものを吸収したい。自分たちの作品をたくさんの人に聞いてもらい、伝えたい」と話している。

 朗読部門では本庄さんが初出場する。同部門は1分30秒から2分以内に指定作品から自分の表現したい箇所を選び朗読し、本庄さんは「遠い朝の本たち」(ちくま文庫、須賀敦子著)を選択した。

 練習では同校のさまざまな先生にお願いして、アドバイスをもらった。初の全国へ「まだ足りないところがいっぱい。作品を伝えられるよう気持ちと技術を向上させていきたい」と意気込んでいる。

関連記事

根室新聞

ビザなし交流、色丹島へ 歴史・文化専門家は国後島で調査【根室】

 今年度日本側から第2陣となるビザなし交流訪問団(中川昭一団長、65人)が24日朝、色丹島へ向けて根室港から四島交流専用船「えとぴりか」(1124トン)で出発した。一行は3泊4日の日程で、27...

日高報知新聞

草間美恵さんが100歳に【様似】

【様似】17日に100歳の誕生日を迎えた冬島の草間美恵さんに同日、町から敬老金10万円、町社会福祉協議会と町老人クラブ連合会から記念品が贈られ、同居する息子夫婦や遊びに来た玄孫(やしゃご)、関係者...

日高報知新聞

最新の設備で能力向上【様似】

【様似】新日本電工(本社・東京、白須達朗社長)は、平成27年(2015年)から着手していた幌満川発電所の更新工事が完了し、22日、現地の第3発電所で竣工式を行い完成を祝った。  発電設備の更新工事...

室蘭民報

扇子に広がる個性豊か…墨蘭会が水墨画展【室蘭】

 室蘭市の水墨画同好会、墨蘭会(柴口みちる会長)の「第42回水墨画展」が23日、幸町の室蘭市民美術館で始まった。会員らが制作した個性豊かな40点が展示され、来場者を楽しませている。  同会は月...

十勝毎日新聞

「ハピまん」2万個販売 チーズ伸びて大ヒット【音更】

 JA木野(清都善章組合長)の子会社が運営するスーパー「ハピオ」(音更町木野大通西7、石田晴久店長)が4月から販売している、チーズまんじゅう「ハピまんチーズ」の売れ行きが好調だ。これまでに2万個を...