北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

名寄新聞

「もち米玄米珈琲」を発売【名寄】

新発売した「名寄産もち米玄米珈琲」など各種商品と松前さん

 株式会社松前(市内西4南6、松前衛代表取締役社長)は、名寄産もち米を使った「名寄産もち米玄米珈琲」を発売。玄米を黒焙煎(ばいせん)して仕上げたもので、コーヒーのような香りと色、苦みがありながらもノンカフェインのため、子どもから大人まで味わえる。

 商品開発は松前社長の妻・聡美さんが担当。「名寄のもち米日本一をお餅以外で発信したい」と思い立ち、これまで「名寄産もち米抹茶入玄米茶」「名寄産もち米玄米ほうじ茶」を発売している。

 「名寄産もち米玄米珈琲」は、4月から販売開始。もち米の玄米を黒焙煎したもので、玄米の深部まで低温でじっくりと焙煎することでコーヒーのような仕上がりとなる。

 焙煎は長野県上水内郡信濃町にある株式会社黒姫和漢薬研究所が行っており、もち米を使った玄米コーヒーはあまり例がないとのこと。通常のコーヒーとは異なり、ノンカフェインのため、子どもから大人まで年齢に関係なく、妊娠中や授乳中の人も味わうことができる。コーヒーのような香りや色、苦みがありながらも、もち米独特のほんのりとした甘みも感じることができる。

 また「名寄産もち米抹茶入玄米茶」と「名寄産もち米玄米ほうじ茶」は新たなパッケージデザインも登場。急須と餅をコラボレーションさせたイラストも描かれている。

関連記事

十勝毎日新聞

カフェで酪農身近に 牧場産のスイーツ提供【広尾】

 広尾町内の酪農牧場「菊地ファーム」(野塚11線6ノ2、菊地亮太代表)に、カフェがオープンした。牧場産の生乳で作ったソフトクリームやジェラート、育てた牛の肉を使ったハンバーガーなどを提供し、酪農現...

十勝毎日新聞

十勝の肉丼食べ比べ 牛、豚、鶏…9種類に行列【清水】

 肉の祭典「十勝清水 肉・丼(どんぶり)まつり」(実行委主催)が16日、町有明公園で開かれた。地元産の十勝若牛や豚、鶏、羊などを使った9種類の丼が集結し、大勢の家族連れが食を堪能した。  肉...

十勝毎日新聞

縄文の味 そばシンポに 「対州」試食提供【新得】

 日本で最も早くそばが伝来した長崎県対馬産の「対州そば」が15日、新得町公民館で開かれる「そばシンポジウム-新得町からの発信」(しんとく新そば祭り実行委員会)で、来場者に試食用として振る舞われる...

十勝毎日新聞

全国から43店うまいもの集合 藤丸【帯広】

 「第69回全国うまいもの大会」が13日から藤丸7階催事場で始まった。第1弾は新規2店を含む43店が出店し、多くの買い物客でにぎわっている。18日まで。  同大会は年2回実施。胆振東部地震の影...

室蘭民報

温泉街に足運んで、風評克服へ多彩な試み【洞爺湖】

 胆振東部地震で被害がなかった洞爺湖温泉街の安全性をPRして観光客を呼び戻そうと、とうや湖温泉旅館組合(三浦和則組合長)は、風評被害対策のキャンペーンを相次いで企画した。今月末までの期間中、洞...