北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

名寄新聞

「もち米玄米珈琲」を発売【名寄】

新発売した「名寄産もち米玄米珈琲」など各種商品と松前さん

 株式会社松前(市内西4南6、松前衛代表取締役社長)は、名寄産もち米を使った「名寄産もち米玄米珈琲」を発売。玄米を黒焙煎(ばいせん)して仕上げたもので、コーヒーのような香りと色、苦みがありながらもノンカフェインのため、子どもから大人まで味わえる。

 商品開発は松前社長の妻・聡美さんが担当。「名寄のもち米日本一をお餅以外で発信したい」と思い立ち、これまで「名寄産もち米抹茶入玄米茶」「名寄産もち米玄米ほうじ茶」を発売している。

 「名寄産もち米玄米珈琲」は、4月から販売開始。もち米の玄米を黒焙煎したもので、玄米の深部まで低温でじっくりと焙煎することでコーヒーのような仕上がりとなる。

 焙煎は長野県上水内郡信濃町にある株式会社黒姫和漢薬研究所が行っており、もち米を使った玄米コーヒーはあまり例がないとのこと。通常のコーヒーとは異なり、ノンカフェインのため、子どもから大人まで年齢に関係なく、妊娠中や授乳中の人も味わうことができる。コーヒーのような香りや色、苦みがありながらも、もち米独特のほんのりとした甘みも感じることができる。

 また「名寄産もち米抹茶入玄米茶」と「名寄産もち米玄米ほうじ茶」は新たなパッケージデザインも登場。急須と餅をコラボレーションさせたイラストも描かれている。

関連記事

十勝毎日新聞

メロン味わって 大玉「プレミアム」登場 出荷開始【帯広】

 帯広と芽室の農家6戸が栽培している「帯広メロン」の出荷が23日、始まった。販売元のキサキ糧穀(帯広市愛国町)に約300玉が集まり、箱詰めして小売店や贈答用に発送された。  マスクメロンの帯...

名寄新聞

阿部養鶏場が自家生産えっぐぷりん発売【下川】

 町内班渓の阿部養鶏場が、自家製卵「下川六〇酵素卵」と道産素材を使ったプリン『えっぐぷりん』を開発。24日に発売する。  「阿部養鶏場」は、昆布酵素、EM菌(有用微生物群)などを自家配合した餌...

室蘭民報

混ぜて、切って「面白い」…登別蕎麦道場が講習会【登別】

 そば愛好者でつくる登別蕎麦(そば)道場(中山満晴代表)は、室蘭市港北町のサンライフ室蘭で、そば打ち講習会を開いた。参加した市民ら受講生10人が、空知管内幌加内町産のそば粉を使って二八そばに仕立...

苫小牧民報

「カジカ」バーガー開発 前浜産使用、豊かな味わい苫小牧漁協女性部

 苫小牧漁業協同組合女性部(山口加津子部長)は前浜産のカジカを使ったハンバーガーを開発し、夏に開催する地元イベントで販売する。食材としての認知度は低いものの、味は抜群というトウベツカジカの活用法...

室蘭民報

絶景がスパイスに…温泉街に初のスープカレー店【洞爺湖】

万世閣「HLAHAL」  洞爺湖町の洞爺湖温泉街に初めてのスープカレー専門店「スープカリーHLAHAL(ハラハル)」が12日オープンした。厳選の道産野菜を使用した味わい深いスープカレーを、洞爺湖...