北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

名寄新聞

「もち米玄米珈琲」を発売【名寄】

新発売した「名寄産もち米玄米珈琲」など各種商品と松前さん

 株式会社松前(市内西4南6、松前衛代表取締役社長)は、名寄産もち米を使った「名寄産もち米玄米珈琲」を発売。玄米を黒焙煎(ばいせん)して仕上げたもので、コーヒーのような香りと色、苦みがありながらもノンカフェインのため、子どもから大人まで味わえる。

 商品開発は松前社長の妻・聡美さんが担当。「名寄のもち米日本一をお餅以外で発信したい」と思い立ち、これまで「名寄産もち米抹茶入玄米茶」「名寄産もち米玄米ほうじ茶」を発売している。

 「名寄産もち米玄米珈琲」は、4月から販売開始。もち米の玄米を黒焙煎したもので、玄米の深部まで低温でじっくりと焙煎することでコーヒーのような仕上がりとなる。

 焙煎は長野県上水内郡信濃町にある株式会社黒姫和漢薬研究所が行っており、もち米を使った玄米コーヒーはあまり例がないとのこと。通常のコーヒーとは異なり、ノンカフェインのため、子どもから大人まで年齢に関係なく、妊娠中や授乳中の人も味わうことができる。コーヒーのような香りや色、苦みがありながらも、もち米独特のほんのりとした甘みも感じることができる。

 また「名寄産もち米抹茶入玄米茶」と「名寄産もち米玄米ほうじ茶」は新たなパッケージデザインも登場。急須と餅をコラボレーションさせたイラストも描かれている。

関連記事

名寄新聞

独自製法で強いモチモチ感・杵つき餅入りどら焼き発売【名寄】

 株式会社もち米の里ふうれん特産館(堀江英一代表取締役)は、本格的なきねつき餅が入った特製どら焼きを発売。モチモチ感が強く、あんと皮とともに、おいしさを際立たせている。  同社では、地元産も...

名寄新聞

チョウザメおこわ誕生・天塩川グルメ開発【美深】

 チョウザメのまち「美深町」ならではの新メニューが誕生した。コラーゲン豊富なチョウザメだしスープで美深町産もち米を炊き上げた「チョウザメおこわ」で、道の駅びふか前で販売。多くの観光客から注目を...

名寄新聞

道の駅でガレット販売・地元産そば粉100%【美深】

 ㈱アウル事業の推進や特産品の研究・開発を通じ、美深町PRに奮闘している地域おこし協力隊員の森下雄介さん。美深産そば粉100%の「ガレット」をプロデュースし、1日から道の駅びふか前で販売してい...

室蘭民報

みたら室蘭で物産品が大好評、宮古の美味並ぶ【室蘭】

 4月28日から室蘭市祝津町の道の駅みたら室蘭(三浦広志館長)で取り扱いを開始した岩手県宮古市の物産品が好評。ゴールデンウイーク期間中には多くの問い合わせがあり、市民や観光客に人気だ。  物...

室蘭民報

農産物直売所サムズにりんごドレッシングが登場【壮瞥】

 壮瞥町滝之町にある道の駅そうべつ情報館iの農産物直売所サムズ(渡部和宏店長)は、同直売所のみで扱う新商品「りんごドレッシング」を発売した。構想から2年掛けの逸品で、渡部店長は「ぜひ地元の野菜...