北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

函館新聞

小型風車の搬入・組み立て 函館市恵山地区に1号機【函館】

小型風車のタワー部分を組み立てる作業員

 小型風力発電事業のトラストグリーンパワー(東京、牧田興司社長)は16日、函館市恵山町で小型風車の搬入、組み立て作業を行った。先行設置する発電施設3基(出力各19・8キロワット)の1号機で、2号機も18日に搬入予定。試運転を経て、2機とも24日ごろ運転を開始する見通し。

 恵山地区で発電設備24基分の申請が済んでおり、うち12基で認定を受けた。3機目は6月中に設置するという。

 現地は恵山山麓の南側に位置し、海岸線より高台にあるため、西風が安定して吹く。小型風車は高さ28・5メートルで、4000万円。昨年12月に、3基分の建設工事の地鎮祭を行っていた。発電した電気は電力会社に売電する。工事は永昇建設(函館市鍛治2、岩島一男社長)が請け負う。

 1号機は上海から船便で苫小牧港へ運ばれ、陸路で函館入り。この日は大型クレーンを使い、2つに分かれたタワー部分の接合や基礎への固定など慎重に作業を進めた。1、2機とも既に買い手がついている。

 市は、故障のため稼働を停止していた風車2基(高岱町)の修繕費がかさむため、同地区での風力発電事業を2015年度末をもって廃止。今回の3基が稼働すれば、市内では唯一の風力発電事業となる。

 親会社のトラストコーポレーション(千葉県船橋市)の堀部敬二プロジェクトマネジャーは「今後1年以内に24基全てを建設したい」と話している。

関連記事

日高報知新聞

追悼の献花台設置【新冠】

【新冠】けい養先の西泊津の白馬牧場で17日に心臓まひで死んだGI7勝馬のテイエムオペラオー(牡、22歳)を追悼する献花台が、同馬の馬房に設置され、関係者やファンが訪れている。同牧場によると、6月16日ま...

日高報知新聞

知事訪問し支援に感謝【新ひだか】

【新ひだか】しずない農協(西村和夫組合長)のブランドミニトマト「太陽の瞳」の本格出荷時期を迎え、西村組合長と大野克之町長、管内選出の藤沢澄雄道議は21日午後、札幌市の道庁に高橋はるみ知事を表敬訪問し...

苫小牧民報

母親たちが「バブリーダンス」 幼稚園行事で披露…評判広がり出演依頼続々

 1980年代から90年代初頭のバブル期に流行したファッションに身を包み、華やかに踊る「バブリーダンス」。苫小牧市内の30代から50代の主婦らで結成したグループが、披露するこのダンスステージが話...

苫小牧民報

公設公営、入院機能を維持 白老町立病院方針転換、町長が議会に説明、陳謝

 白老町立国保病院の改築をめぐる問題で、戸田安彦町長は22日の町議会の特別委員会で、「公設民営・無床診療所化」の方針を見直し、「公設公営・入院機能保持」への転換を正式に表明した。町は2022年度...

十勝毎日新聞

早乙女姿で丁寧に 途別小で田植え【幕別】

 途別小学校(清水弘校長、児童23人)で23日、地域の伝統を受け継ぐ田植えが行われた。全校児童がかさに絣(かすり)の着物の「早乙女姿」で豊作に願いを込めて苗を植えた。  途別地区は晩成社の依...