北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

函館新聞

小型風車の搬入・組み立て 函館市恵山地区に1号機【函館】

小型風車のタワー部分を組み立てる作業員

 小型風力発電事業のトラストグリーンパワー(東京、牧田興司社長)は16日、函館市恵山町で小型風車の搬入、組み立て作業を行った。先行設置する発電施設3基(出力各19・8キロワット)の1号機で、2号機も18日に搬入予定。試運転を経て、2機とも24日ごろ運転を開始する見通し。

 恵山地区で発電設備24基分の申請が済んでおり、うち12基で認定を受けた。3機目は6月中に設置するという。

 現地は恵山山麓の南側に位置し、海岸線より高台にあるため、西風が安定して吹く。小型風車は高さ28・5メートルで、4000万円。昨年12月に、3基分の建設工事の地鎮祭を行っていた。発電した電気は電力会社に売電する。工事は永昇建設(函館市鍛治2、岩島一男社長)が請け負う。

 1号機は上海から船便で苫小牧港へ運ばれ、陸路で函館入り。この日は大型クレーンを使い、2つに分かれたタワー部分の接合や基礎への固定など慎重に作業を進めた。1、2機とも既に買い手がついている。

 市は、故障のため稼働を停止していた風車2基(高岱町)の修繕費がかさむため、同地区での風力発電事業を2015年度末をもって廃止。今回の3基が稼働すれば、市内では唯一の風力発電事業となる。

 親会社のトラストコーポレーション(千葉県船橋市)の堀部敬二プロジェクトマネジャーは「今後1年以内に24基全てを建設したい」と話している。

関連記事

日高報知新聞

日高の馬の歴史・文化学ぶ【浦河】

 日高振興局主催の「馬文化出前教室」が18日、浦河町荻伏小(金澤覚校長、児童65人)で開かれ、4年生8人が日高の馬の歴史や産業について学んだ。  馬文化出前教室は、馬産地・日高の未来を担う管内の...

日高報知新聞

えりも中1年が植樹体験【えりも】

【えりも】えりも中(玉手広昭校長)の1年生46人が17日、えりも高(佐藤健校長)との連携型中高一貫の環境教育「百人浜に学ぶ」フィールド学習で、えりも岬百人浜の国有林に6種類の落葉広葉樹の苗木100...

苫小牧民報

ガイラルディア6連覇、悲願の日本一へ弾み 女子軟式野球・春季全道大会

 女子軟式野球チームの苫小牧ガイラルディアがこのほど、札幌市で開催された太陽グループ旗争奪第21回春季北海道女子軟式野球大会で優勝し、全道大会6連覇の偉業を達成した。8月の全国大会へ向け、大きな...

苫小牧民報

被災地厚真町を応援、ハスカップティー販売始まる エア・ドゥ、来月は機内サ..

 苫小牧市元中野町の「はすかっぷサービス」(大西育子代表)が製造しているハスカップティーが、AIRDO(エア・ドゥ)の機内販売商品に採用され、今月から全路線で販売が始まった。7月には機内ドリンク...

室蘭民報

岩手で制作された般若面が白老で発見、登別で展示中【登別】

 のぼりべつ文化交流館カント・レラ(登別市登別温泉町)で23日まで行われている造形のつどい展に、一風変わった作品が並んでいる。金剛力士像をほうふつさせるような、勇猛さがひしひしと伝わる木彫りの面...