北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

函館新聞

小型風車の搬入・組み立て 函館市恵山地区に1号機【函館】

小型風車のタワー部分を組み立てる作業員

 小型風力発電事業のトラストグリーンパワー(東京、牧田興司社長)は16日、函館市恵山町で小型風車の搬入、組み立て作業を行った。先行設置する発電施設3基(出力各19・8キロワット)の1号機で、2号機も18日に搬入予定。試運転を経て、2機とも24日ごろ運転を開始する見通し。

 恵山地区で発電設備24基分の申請が済んでおり、うち12基で認定を受けた。3機目は6月中に設置するという。

 現地は恵山山麓の南側に位置し、海岸線より高台にあるため、西風が安定して吹く。小型風車は高さ28・5メートルで、4000万円。昨年12月に、3基分の建設工事の地鎮祭を行っていた。発電した電気は電力会社に売電する。工事は永昇建設(函館市鍛治2、岩島一男社長)が請け負う。

 1号機は上海から船便で苫小牧港へ運ばれ、陸路で函館入り。この日は大型クレーンを使い、2つに分かれたタワー部分の接合や基礎への固定など慎重に作業を進めた。1、2機とも既に買い手がついている。

 市は、故障のため稼働を停止していた風車2基(高岱町)の修繕費がかさむため、同地区での風力発電事業を2015年度末をもって廃止。今回の3基が稼働すれば、市内では唯一の風力発電事業となる。

 親会社のトラストコーポレーション(千葉県船橋市)の堀部敬二プロジェクトマネジャーは「今後1年以内に24基全てを建設したい」と話している。

関連記事

函館新聞

いさ鉄まもなく開業3周年 函館駅などで記念イベント【函館】

 道南いさりび鉄道(小上一郎社長)が開業3年を迎える。北海道新幹線とともに2016年3月26日、五稜郭―木古内間(37・8キロ)で開業。「いさ鉄」の愛称で親しまれ、沿線住民の足としてだけでなく...

函館新聞

8歳で英検準1級合格 附属小の小笠原君【函館】

 道教育大附属函館小学校3年の小笠原煌(こう)君が、8歳で実用英語技能検定(英検)の準1級に合格した。大学中級程度の英語力が求められ、8歳での合格は全国的も珍しいという。煌君は「達成感でいっぱい...

苫小牧民報

さよなら地球体験館 100人駆け付け閉館惜しむ-むかわ

 昨年9月の胆振東部地震で被災して今月末で閉館が決まったむかわ町穂別の「地球体験館」の最後のイベントが21日にあった。町内外から約100人が訪れて27年にわたって親しまれた施設に感謝と別れを告げ...

日高報知新聞

237人の特例申請が無効に【浦河】

 浦河町ふるさと納税への寄付者が確定申告が不要となる「ワンストップ特例制度」の町側事務処理ミスで、5946人分の申請データが未処理だった問題で、町は22日、臨時記者会見を開き、1都2県の237人の特...

日高報知新聞

珍しい〝暖〟ボールアート【様似】

【様似】札幌在住の桑折廣幸さん(68)のダンボールをキャンバスに制作した絵画展示「ひろ・くわおり〝暖”ボールアート 北の浮世絵展」が、町中央公民館ギャラリー21で始まり、入館者の目を引いている。31日まで...