北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

ソバ種まき開始 町内先陣切り サホロ農園【新得】

 十勝一のソバどころ新得町内の先陣を切り、新得物産サホロ農園(町基線104、清水輝男社長)が16日、ソバの種まきを始めた。秋には道の命名150年を記念した「北海道そば祭り」が町内で開かれる予定で、豊作を願いながら作業した。

ソバの種まきが始まったサホロ農園の自社農場

 今年は暖かい日が続いて雪解けも早く、作業は順調。北新得や上佐幌など町内3カ所の自社農場にボタン46ヘクタール、レラノカオリ30ヘクタール、キタワセ12ヘクタールの計88ヘクタールを作付けする。ボタンが希少になっていることから、需要に応えて最も多い面積を栽培することになった。

 この日は午前10時から、「そばの館」周辺の北新得の畑で作業を開始。播種(はしゅ)機を後部座席に取り付けたトラクターが往復し、広大な畑にしま模様を描きながらボタンの種をまいていった。1カ月間程度かけて作業を行い、8月中旬に収穫期を迎える。

 「そばの館」周辺の国道38号沿い約1.5キロの通称「ソバロード」は、花が咲く7月中旬から8月上旬に観光スポットになる。

 また、「しんとく新そば祭り」を併催する北海道そば祭りは、9月29、30の両日、町保健福祉センターなごみ前駐車場で開かれる。

 同社総務部の赤木教仁管理係長は「新得の新そばを道内外にアピールできる絶好のチャンス。最もおいしく食べられる収穫時期を的確に判断し、より良いものを提供したい」と話している。

 JA新得町によると、町内全体の作付面積は約290ヘクタールが計画されている。

関連記事

日高報知新聞

看護の道へ第一歩【浦河】

 浦河赤十字看護専門学校(武岡哲良学校長)=浦河町東町ちのみ1=の第29回戴帽式が19日、浦河赤十字病院4階体育館で行われ、厳かな雰囲気の中、今春入学した1年生男女27人が看護の道への第一歩を踏み出...

日高報知新聞

イオン静内店営業再開【新ひだか】

【新ひだか】9月6日の胆振東部地震で店舗の損壊被害に遭い、臨時休業していた静内末広町2のイオン静内店(横山秀雄店長)が20日、45日ぶりに営業を再開した。再開を心待ちにしていた来店客で終日にぎわった。 ...

苫小牧民報

実と花が同時に 駅北広場の梨の木に珍現象-白老

 白老町のJR白老駅北側にある駅北広場内の梨の木が、実を付けると同時に小さな白い花を咲かせている。不思議な現象に地域住民も驚きの表情で眺めており、国立研究開発法人農業・食品産業技術総合研究機構果...

室蘭民報

輪西八条アトリエのものづくりイベント好評【室蘭】

 ボルト人形ボルタを生み出したNPO法人テツプロ(塩澤尚志理事長)は21日、室蘭市輪西町の輪西八条アトリエでものづくりをテーマにしたイベントを開いた。訪れた親子連れが椅子や銅板バッジなどの手作り...

室蘭民報

ホッキ2千袋が完売、漁港イベントにぎわう【苫小牧】

 漁獲量日本一の特産品・ホッキ貝をPRするイベント「第8回苫小牧漁港ホッキまつり」が21日、苫小牧港西港漁港区で開かれた。青空が広がる絶好のイベント日和に、市内外から多くの家族連れや買い物客が詰...