北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

ソバ種まき開始 町内先陣切り サホロ農園【新得】

 十勝一のソバどころ新得町内の先陣を切り、新得物産サホロ農園(町基線104、清水輝男社長)が16日、ソバの種まきを始めた。秋には道の命名150年を記念した「北海道そば祭り」が町内で開かれる予定で、豊作を願いながら作業した。

ソバの種まきが始まったサホロ農園の自社農場

 今年は暖かい日が続いて雪解けも早く、作業は順調。北新得や上佐幌など町内3カ所の自社農場にボタン46ヘクタール、レラノカオリ30ヘクタール、キタワセ12ヘクタールの計88ヘクタールを作付けする。ボタンが希少になっていることから、需要に応えて最も多い面積を栽培することになった。

 この日は午前10時から、「そばの館」周辺の北新得の畑で作業を開始。播種(はしゅ)機を後部座席に取り付けたトラクターが往復し、広大な畑にしま模様を描きながらボタンの種をまいていった。1カ月間程度かけて作業を行い、8月中旬に収穫期を迎える。

 「そばの館」周辺の国道38号沿い約1.5キロの通称「ソバロード」は、花が咲く7月中旬から8月上旬に観光スポットになる。

 また、「しんとく新そば祭り」を併催する北海道そば祭りは、9月29、30の両日、町保健福祉センターなごみ前駐車場で開かれる。

 同社総務部の赤木教仁管理係長は「新得の新そばを道内外にアピールできる絶好のチャンス。最もおいしく食べられる収穫時期を的確に判断し、より良いものを提供したい」と話している。

 JA新得町によると、町内全体の作付面積は約290ヘクタールが計画されている。

関連記事

室蘭民報

徘徊の夫捜索にご近所さんの温かさに感謝【室蘭】

 「主人が助かったのは、周りの方のおかげ。本当にありがたいです」。室蘭市港北町に住む佐藤友子さん(68)は感謝する。友子さんのご主人、薫さん(81)が徘徊(はいかい)してまち中で動けなくなった...

室蘭民報

国体IH道代表に新日鉄住金から2人【室蘭】

 第74回国体冬季大会のアイスホッケー競技(30日から釧路市)の北海道代表に、新日鉄住金室蘭アイスホッケー部の村上亮(27)=日鉄住金テックスエンジ(左)、横山恭也(24)=幌清=が選ばれた。...

室蘭民報

マリンパークでオオアナコンダ脱皮殻のお守りで合格祈願【登別】

 登別マリンパークニクス(登別市登別東町、須川英治支配人)は、知恵の象徴とされる動物のヘビにかけて、飼育するオオアナコンダの脱皮殻で作った合格祈願のお守りを販売している。種類はカードサイズラミ...

室蘭民報

道南バスが4月に市内西部中心に39便減便方針【苫小牧】

 苫小牧市公共交通協議会(会長・下多村光弘苫小牧高専教授)が22日、市役所で開かれ、市内で路線バスを運行する道南バスは4月1日のダイヤ改正で西部地域を中心とした12路線、39便を減便する方針を...

室蘭民報

登別・青葉小児童がタラコのパック詰め体験【白老】

 登別市青葉小学校(工藤信司校長)の4年生49人が22日、白老町虎杖浜の竹丸渋谷水産(渋谷敏幸代表取締役)を訪れ、タラコのパック詰めを体験した。  総合学習「もっと知りたい北海道」の一環。子...