北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

ソバ種まき開始 町内先陣切り サホロ農園【新得】

 十勝一のソバどころ新得町内の先陣を切り、新得物産サホロ農園(町基線104、清水輝男社長)が16日、ソバの種まきを始めた。秋には道の命名150年を記念した「北海道そば祭り」が町内で開かれる予定で、豊作を願いながら作業した。

ソバの種まきが始まったサホロ農園の自社農場

 今年は暖かい日が続いて雪解けも早く、作業は順調。北新得や上佐幌など町内3カ所の自社農場にボタン46ヘクタール、レラノカオリ30ヘクタール、キタワセ12ヘクタールの計88ヘクタールを作付けする。ボタンが希少になっていることから、需要に応えて最も多い面積を栽培することになった。

 この日は午前10時から、「そばの館」周辺の北新得の畑で作業を開始。播種(はしゅ)機を後部座席に取り付けたトラクターが往復し、広大な畑にしま模様を描きながらボタンの種をまいていった。1カ月間程度かけて作業を行い、8月中旬に収穫期を迎える。

 「そばの館」周辺の国道38号沿い約1.5キロの通称「ソバロード」は、花が咲く7月中旬から8月上旬に観光スポットになる。

 また、「しんとく新そば祭り」を併催する北海道そば祭りは、9月29、30の両日、町保健福祉センターなごみ前駐車場で開かれる。

 同社総務部の赤木教仁管理係長は「新得の新そばを道内外にアピールできる絶好のチャンス。最もおいしく食べられる収穫時期を的確に判断し、より良いものを提供したい」と話している。

 JA新得町によると、町内全体の作付面積は約290ヘクタールが計画されている。

関連記事

根室新聞

日ロ共同経済活動 調査団が出発「実のある協議に期待」【根室】

 北方四島での日ロ共同経済活動の具体化に向けた政府の現地調査団(ビジネス・ミッション)は17日朝、四島交流専用船「えとぴりか」(1,124トン)で根室港を出港して、最初の調査地である国後島へ向かった。...

日高報知新聞

戦争体験を次代へ伝える【浦河】

 浦河町地域包括支援センターは73年目の終戦記念日の15日、大通3の浦河ショッピングセンターMiO内のまちなか元気ステーションで「昔を語る会」カフェを開いた。  約20人が参加。サンドイッチや冷やしそ...

日高報知新聞

暑さに負けないように【新ひだか】

【新ひだか】北海道中学校体育大会(中体連)ソフトテニス大会の女子個人戦で優勝し、21日から広島県尾道市で開かれる全国大会に出場する静内第三中の下山佳那琉選手(3年)と吉本裕香選手(2年)が16日、役場...

苫小牧民報

新政府専用機、新千歳に到着 国内へ初飛来、2019年度運用開始

 2019年度から運用を開始する新政府専用機B777―300ER型機の1機が17日午前、内装工事を終えたスイスから新千歳空港に到着した。運用を担う航空自衛隊千歳基地の特別航空輸送隊は今後、機体整備...

十勝毎日新聞

土俵出現 18日に十勝帯広場所【帯広】

 18日に帯広市総合体育館で開かれる大相撲巡業の十勝帯広場所(実行委主催)に向け、会場での準備が進んでいる。17日午前には、体育館中央に土俵が登場した。  土俵の大きさは国技館と同じ6.7メ...