北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

黒板アート 帯南商高 全国入賞【帯広】

 黒板をキャンバスに見立て、チョークで色鮮やかに描く「黒板アート甲子園2018」(日学主催)で、帯広南商業高校美術部(井川紗恵部長、部員6人)が北海道・東北ブロックのエリア賞に輝いた。北海道・十勝の野菜や果物をみずみずしく表現した。部員たちは「地域のものを描きたいと取り組んだ作品。とてもうれしい」(井川部長)と喜びを話している。

野菜や果物のみずみずしさを黒板に表現した「ワンダフル ベジタブル」と部員たち。(左から)中村さん、岡田さん、井川部長、沼倉さん、前田さん、1年の徳岡里桜さん

制作約2週間 一番の達成感

 同大会は高校生を対象とし、3回目の今年は全国から計107作品が寄せられた。エリア賞は最優秀賞、優秀賞とは別に、全国各地の優れた作品を表彰しようと今回新設された。

 帯広南商業の作品は「Wonderful Vegetable(ワンダフル ベジタブル)」。

 今年3月に当時1、2年生だった井川部長と沼倉央佳さん、中村彩莉さん、岡田悠理乃さん(以上3年)、前田祐里加さん(2年)の5人が協力し、美術室の黒板いっぱいに18種類の野菜や果物を描いた。

 部員一人ひとりが原案を持ち寄り、この中から色彩豊かで迫力ある中村さんの案を採用。黒板のスペースを5つに分け、それぞれの担当箇所と向き合った。チョークは各クラスで短くなったものを主に活用し、彩りを出そうと新たに購入した色を含めて約15色を使った。

 制作期間は約2週間。リアルさを追求し、「ブロッコリーは、もさもさしたつぼみの部分が難しかった。つぼみ一つ一つに光を入れている」と沼倉さん。

 赤のチョークはピンクに近い色合いのため、イチゴやトマトは暗めの赤にすることで本物に近づけた。互いにアドバイスし合う中で、完成度を高めた。

 「これまで行事などで黒板アートに取り組んできた中で、一番達成感があった作品。互いに成長できた。これから個人の作品を描くときにも生かしたい」と井川部長。

 顧問の野澤雅之教諭は「美術部は、なかなか共同で作品を作る機会がなく、良いきっかけになった。今後も続けていければ」と話している。

関連記事

函館新聞

いさ鉄まもなく開業3周年 函館駅などで記念イベント【函館】

 道南いさりび鉄道(小上一郎社長)が開業3年を迎える。北海道新幹線とともに2016年3月26日、五稜郭―木古内間(37・8キロ)で開業。「いさ鉄」の愛称で親しまれ、沿線住民の足としてだけでなく...

函館新聞

8歳で英検準1級合格 附属小の小笠原君【函館】

 道教育大附属函館小学校3年の小笠原煌(こう)君が、8歳で実用英語技能検定(英検)の準1級に合格した。大学中級程度の英語力が求められ、8歳での合格は全国的も珍しいという。煌君は「達成感でいっぱい...

苫小牧民報

さよなら地球体験館 100人駆け付け閉館惜しむ-むかわ

 昨年9月の胆振東部地震で被災して今月末で閉館が決まったむかわ町穂別の「地球体験館」の最後のイベントが21日にあった。町内外から約100人が訪れて27年にわたって親しまれた施設に感謝と別れを告げ...

日高報知新聞

237人の特例申請が無効に【浦河】

 浦河町ふるさと納税への寄付者が確定申告が不要となる「ワンストップ特例制度」の町側事務処理ミスで、5946人分の申請データが未処理だった問題で、町は22日、臨時記者会見を開き、1都2県の237人の特...

日高報知新聞

珍しい〝暖〟ボールアート【様似】

【様似】札幌在住の桑折廣幸さん(68)のダンボールをキャンバスに制作した絵画展示「ひろ・くわおり〝暖”ボールアート 北の浮世絵展」が、町中央公民館ギャラリー21で始まり、入館者の目を引いている。31日まで...