北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

馬耕「作業早い」 修学旅行生が体験【帯広】

馬耕を体験する札幌日本大学中学校の生徒

 帯広市川西町のとかち大平原交流センターで16日、開拓期の農作業の一つ「馬耕」体験が行われた。修学旅行で訪れた札幌日本大学中学校(北広島市、浅利剛之校長、生徒262人)の2年生82人が、くわや馬を使った畑起こしに取り組み、昔の苦労を体感した。

 同センターでは5月から、指定管理者のいただきますカンパニー(帯広、井田芙美子代表)が体験内容を充実。旧川原邸に昔の農作業体験コーナーを置くなどしている。馬耕もこの一環で初めて実施した。

 馬は幕別町忠類の「ノースポールステイブル」(蛭川徹代表)の協力で「桃姫」(11歳)と「チョウスケ」(13歳)を準備した。生徒は手作業で畑起こしをした後、馬に農機具プラウを引かせる馬耕を体験。敷地内の農機具歴史館で農機の進化や、ICT(情報通信技術)を使った農業についても学んだ。

 生徒は「農機具がくわから、馬、機械になる過程を学べて貴重な体験になった」「馬耕は手作業の10倍は早く作業ができた。今は機械でもっと進歩していると思うので昔の人は大変だったと思う」などと話していた。

関連記事

根室新聞

1日から電子版「灯台カード」スタート 納沙布岬と落石岬でも【根室】

 海上保安庁は灯台150周年にちなみ、全国150基の灯台を電子カード化した。灯台カードは灯台の門扉等に掲載されている二次元コード(QRコード)を携帯電話やスマートフォンで読み込み、ダウンロードするこ...

根室新聞

クナシリ・メナシの戦い犠牲者を供養【根室】

 1789年(寛政元年)のクナシリ・メナシの戦いで犠牲になったアイヌ民族を供養する「ノツカマップ・イチャルパ」がこのほど、ノツカマップの㈲丸星水産番屋と納沙布岬で行われた。供養祭には道内各地から30...

根室新聞

ヒグマ目撃 過去10年で最多【根室】

 秋に入り、ヒグマの目撃情報が多発している。18日現在、根室市に寄せられたヒグマの目撃情報は31件で、過去10年で最多を更新。特に別当賀や東梅地区で道路を横断するヒグマを目撃する例が多い。キノコや山...

根室新聞

管内地価 一部宅地が上昇【根室】

 道は18日、国土利用計画法に基づく平成30年度北海道地価調査(7月1日現在基準地価)の結果を公表した。道内の宅地等の価格は多くの市町村で下落が続き、平均変動率は平成4年度以降、27年連続で下落。根室管...

日高報知新聞

今年の受験者数は増加

【新ひだか】平成31年度日高管内町職員採用資格試験(一般事務職上級・初級)の1次試験が16日、町公民館で行われ、68人が狭き門に挑んだ。  管内7町の町職員を採用する合同採用試験で、大学・卒業見込みの...