北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

苫小牧民報

水森かおりさん来千 千歳市観光PR大使に就任

千歳市観光PR大使に就任した水森さん

 支笏湖を歌詞に織り込んだ千歳の新たなご当地ソング、「水に咲く花・支笏湖へ」を歌った歌手の水森かおりさんが16日、「千歳市観光PR大使」の第1号として委嘱状を受けた。山口幸太郎市長と懇談した水森さんは「支笏湖はとてもきれいで、吸い込まれるようなすてきな湖。歌を通して足を運んでもらえるようPRしていきたい」と話した。

 市役所に到着した水森さんは廊下に並ぶ職員約100人が盛大に打ち鳴らす拍手で迎えられた。市長室では大使第1号として、山口市長からたすきと名刺、委嘱状を手渡された。山口市長は「支笏湖を歌っていただき光栄。大ヒットを確信しています」と期待を示し、水森さんは同曲について「イントロを聴いた瞬間、今まで(の曲と)と違うと感じた。スケールが大きく支笏湖の雄大な景色が目に浮かぶよう」と語った。

 同曲は3月に発売。失恋した女性の切ない心模様を歌い上げ、歌詞には支笏湖の名のほかに、水中に花を咲かせる「チトセバイカモ」をイメージした歌詞を盛り込んでいる。NHK紅白歌合戦に15回連続で出場し、「ご当地ソングの女王」と称される水森さんのご当地ソングとしては、100曲目の節目の曲という。

 全国でのキャンペーン活動では機会をみて、支笏湖をPRしているという水森さん。今後は湖水まつりなど、市内で開催するイベントにも出演予定だ。

 17日午後には道の駅サーモンパーク千歳で発売記念イベントを開催し、同曲を市内で初お披露目する。水森さんは「市民の皆さんに地元の歌として、ずっと長く愛唱していただきたい」と話していた。

関連記事

日高報知新聞

追悼の献花台設置【新冠】

【新冠】けい養先の西泊津の白馬牧場で17日に心臓まひで死んだGI7勝馬のテイエムオペラオー(牡、22歳)を追悼する献花台が、同馬の馬房に設置され、関係者やファンが訪れている。同牧場によると、6月16日ま...

日高報知新聞

知事訪問し支援に感謝【新ひだか】

【新ひだか】しずない農協(西村和夫組合長)のブランドミニトマト「太陽の瞳」の本格出荷時期を迎え、西村組合長と大野克之町長、管内選出の藤沢澄雄道議は21日午後、札幌市の道庁に高橋はるみ知事を表敬訪問し...

苫小牧民報

母親たちが「バブリーダンス」 幼稚園行事で披露…評判広がり出演依頼続々

 1980年代から90年代初頭のバブル期に流行したファッションに身を包み、華やかに踊る「バブリーダンス」。苫小牧市内の30代から50代の主婦らで結成したグループが、披露するこのダンスステージが話...

苫小牧民報

公設公営、入院機能を維持 白老町立病院方針転換、町長が議会に説明、陳謝

 白老町立国保病院の改築をめぐる問題で、戸田安彦町長は22日の町議会の特別委員会で、「公設民営・無床診療所化」の方針を見直し、「公設公営・入院機能保持」への転換を正式に表明した。町は2022年度...

十勝毎日新聞

早乙女姿で丁寧に 途別小で田植え【幕別】

 途別小学校(清水弘校長、児童23人)で23日、地域の伝統を受け継ぐ田植えが行われた。全校児童がかさに絣(かすり)の着物の「早乙女姿」で豊作に願いを込めて苗を植えた。  途別地区は晩成社の依...