北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

苫小牧民報

水森かおりさん来千 千歳市観光PR大使に就任

千歳市観光PR大使に就任した水森さん

 支笏湖を歌詞に織り込んだ千歳の新たなご当地ソング、「水に咲く花・支笏湖へ」を歌った歌手の水森かおりさんが16日、「千歳市観光PR大使」の第1号として委嘱状を受けた。山口幸太郎市長と懇談した水森さんは「支笏湖はとてもきれいで、吸い込まれるようなすてきな湖。歌を通して足を運んでもらえるようPRしていきたい」と話した。

 市役所に到着した水森さんは廊下に並ぶ職員約100人が盛大に打ち鳴らす拍手で迎えられた。市長室では大使第1号として、山口市長からたすきと名刺、委嘱状を手渡された。山口市長は「支笏湖を歌っていただき光栄。大ヒットを確信しています」と期待を示し、水森さんは同曲について「イントロを聴いた瞬間、今まで(の曲と)と違うと感じた。スケールが大きく支笏湖の雄大な景色が目に浮かぶよう」と語った。

 同曲は3月に発売。失恋した女性の切ない心模様を歌い上げ、歌詞には支笏湖の名のほかに、水中に花を咲かせる「チトセバイカモ」をイメージした歌詞を盛り込んでいる。NHK紅白歌合戦に15回連続で出場し、「ご当地ソングの女王」と称される水森さんのご当地ソングとしては、100曲目の節目の曲という。

 全国でのキャンペーン活動では機会をみて、支笏湖をPRしているという水森さん。今後は湖水まつりなど、市内で開催するイベントにも出演予定だ。

 17日午後には道の駅サーモンパーク千歳で発売記念イベントを開催し、同曲を市内で初お披露目する。水森さんは「市民の皆さんに地元の歌として、ずっと長く愛唱していただきたい」と話していた。

関連記事

日高報知新聞

俵かつぎや歌謡ショー【新冠】

【新冠】新冠の夏を盛り上げる「第22回にいかっぷふるさと祭り」(実行委主催)が14、15の両日、JR新冠駅前広場などを会場に開かれた。2日間で前年より1000人多い1万5000人(主催者発表)が来場し、...

日高報知新聞

日本一の夏イチゴをPR【浦河・様似】

 平成29年の販売額が4億円と全国一の生産量を誇る夏イチゴを住民にアピールする「夏いちごの日」のイベントが15日、浦河町基幹集落センター堺町会館で開かれ、パック詰め放題やイチゴのスイーツづくりなどイチ...

苫小牧民報

「むかわ竜」使用中止を竹中町長に要請書 化石発見地・穂別地区で名称変更の..

 むかわ町穂別地区で発掘され、日本の恐竜研究史上で最大級の発見とされるハドロサウルス科恐竜の全身骨格化石の通称「むかわ竜」について、道内外各地の旧穂別町出身者でつくる「町外から化石の里ほべつを応...

苫小牧民報

北朝鮮の木造船を解体処理 補助事業活用は道内初―苫小牧市

 昨年5月に苫小牧沖で漂流する北朝鮮籍の木造船が見つかり、苫小牧市が苫小牧港・西港区の南埠頭(ふとう)付近で保管していた同船の解体作業が18日午前に行われた。市の依頼を受けた苫小牧清掃社の社員2...

十勝毎日新聞

貸自転車の利用2割増 駅新バス待合所開業で【帯広】

 JR帯広駅前で貸し出されているレンタサイクルの利用が好調だ。5月に駅前の待合所「バスターミナルおびくる」がオープンして以降、利用者が急増。観光案内の機能も持ち合わせる施設で貸し出しを行うことで、...