北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

苫小牧民報

水森かおりさん来千 千歳市観光PR大使に就任

千歳市観光PR大使に就任した水森さん

 支笏湖を歌詞に織り込んだ千歳の新たなご当地ソング、「水に咲く花・支笏湖へ」を歌った歌手の水森かおりさんが16日、「千歳市観光PR大使」の第1号として委嘱状を受けた。山口幸太郎市長と懇談した水森さんは「支笏湖はとてもきれいで、吸い込まれるようなすてきな湖。歌を通して足を運んでもらえるようPRしていきたい」と話した。

 市役所に到着した水森さんは廊下に並ぶ職員約100人が盛大に打ち鳴らす拍手で迎えられた。市長室では大使第1号として、山口市長からたすきと名刺、委嘱状を手渡された。山口市長は「支笏湖を歌っていただき光栄。大ヒットを確信しています」と期待を示し、水森さんは同曲について「イントロを聴いた瞬間、今まで(の曲と)と違うと感じた。スケールが大きく支笏湖の雄大な景色が目に浮かぶよう」と語った。

 同曲は3月に発売。失恋した女性の切ない心模様を歌い上げ、歌詞には支笏湖の名のほかに、水中に花を咲かせる「チトセバイカモ」をイメージした歌詞を盛り込んでいる。NHK紅白歌合戦に15回連続で出場し、「ご当地ソングの女王」と称される水森さんのご当地ソングとしては、100曲目の節目の曲という。

 全国でのキャンペーン活動では機会をみて、支笏湖をPRしているという水森さん。今後は湖水まつりなど、市内で開催するイベントにも出演予定だ。

 17日午後には道の駅サーモンパーク千歳で発売記念イベントを開催し、同曲を市内で初お披露目する。水森さんは「市民の皆さんに地元の歌として、ずっと長く愛唱していただきたい」と話していた。

関連記事

根室新聞

北方領土の語り部育成 後継者が元島民の体験語る【根室】

 千島歯舞諸島居住者連盟根室支部(宮谷内亮一支部長)は15日、千島会館で後継者語り部育成事業を開催し、歯舞群島・勇留島2世の米屋聡さん(59)と国後島2世の野潟龍彦さん(67)が、元島民から聞いた島で...

根室新聞

室根より「おいしいこんぶ ありがとうございました」【根室】

 逆さ地名が縁で岩手県一関市室根町と交流する「根室・室根交流の会」(志和秀春会長)のもとへ、室根の保育施設から「昆布の絵手紙」が届いた。特産品交流で送っていた昆布のお礼ということで、ちぎり絵で...

根室新聞

「初年度に手応え」カキ養殖へ試験継続【根室】

 歯舞漁協の23部会でつくる歯舞水産物ブランド化推進協議会(小杉和美会長)は、トーサムポロ沼でカキ養殖に取り組んでいる。1年目の昨年は歯舞こんぶ祭りなどイベントで販売を行っており、今後も養殖試験を...

根室新聞

商店街に歓声響く「下町スライダー」大盛況【根室】

 雪で作った全長50メートルの巨大滑り台が17日、緑町商店街を歩行者天国にして設置され、迫力満点の“冬の遊び”に歓声を上げる約1,000人の親子連れでにぎわった。イベントは根室商工会議所青年部創陽クラブ(...

日高報知新聞

管内で新たに4人を認定【浦河】

 道が認定する木育を普及させる専門家「木育マイスター」の平成30年度認定証交付式が14日、浦河町常盤町の日高振興局森林室で行われ、新たに4人が認定証の交付を受けた。  木育マイスターは、森や木工...