北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

「常に全力だった」 元作詞家・宇佐美さん西城秀樹さん語る【帯広】

西城秀樹さんのフォトブックを手に思い出を語る宇佐美さん

 歌手の西城秀樹さんの死去を受け、親交のあった帯広市在住の元作詞家宇佐美勝美さん(68)は「真面目な好青年で、常に全力で歌っていた。お疲れさまと声を掛けたい」と話す。

 市内でカフェレストラン「葡萄(ぶどう)屋」などを経営する宇佐美さんは、「白井章生」などのペンネームで1971年に作詞活動を開始。西城さんのほか、山口百恵や石川さゆりの楽曲など約250作品を手掛けた。

 西城さんのファーストアルバム収録曲「君と僕と恋と」(72年)を作詞するなど、デビュー当時から仕事で関わった。74年発売のソングブックでは西城さんのため詩を書き下ろした。フォーリーブスの故青山孝史さんを交えて食事するなど、親交を深めた。

 西城さんについて、宇佐美さんは「洋楽のR&Bを聴いて勉強し、ロック要素の強い歌謡曲を好んでいた。エネルギッシュな歌い方と声の張りは、R&Bの影響を受けていた」と振り返る。西城さんの魅力を引き出すため、激しさや優しさを心掛けて楽曲4曲を作詞した。

 2度の脳梗塞に襲われたが、リハビリを行い、ステージに復帰した西城さん。宇佐美さんは「病気を克服し、ステージに立ち続けた姿勢に敬意を表したい」と静かに語る。

 西城さんは、昨年9月26日に帯広市民文化ホールで開かれた「同窓会コンサート2017」に出演していた。

関連記事

日高報知新聞

林家とんでん平と茶摘家ちゃっきり【新ひだか】

【新ひだか】落語家の林家とんでん平さん(札幌在住)や茶摘家ちゃっきりさん(静内木場町・植村雪枝さん)らによる「平成最後の落語会」が21日、町公民館で開かれ、来場者は生の落語やとんでん平さんの歌謡ショ...

日高報知新聞

最多当選は荻野さん12回

 第19回統一地方選後半は市町村長選、市区町村議選が21日に投開票され、日高管内も4町の町議選で計49人が当選し、5人が落選した。新人は4町で9人が立候補し、全員が当選。浦河町(定数16)は新人の2人が3...

苫小牧民報

全国最年少知事が誕生 鈴木氏、道庁へ初登庁

 7日投開票された道知事選で初当選した前夕張市長の鈴木直道氏(38)は23日午前、道庁へ初登庁した。現役では全国最年少知事に就任した鈴木氏は、職員を前に「前例にとらわれず、絶えず広い視野を持ち、...

苫小牧民報

初の週末、1万5000人 安平・道の駅が家族連れで盛況

 安平町の道の駅「あびらD51(デゴイチ)ステーション」が開業後初めての週末を迎えた20、21の両日、晴天に恵まれて大勢の家族連れらでにぎわった。運営するあびら観光協会によると2日間で町内外から...

室蘭民報

春の憲法の集い、前川元文科事務次官が講演【室蘭】

 憲法を守る室蘭地域ネット(増岡敏三代表)の「春の憲法の集い」が22日、室蘭市輪西町の市民会館で開かれた。元文部科学事務次官の前川喜平氏が日本国憲法について講演。第13条などを解説し、個人の権利...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス