北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

「常に全力だった」 元作詞家・宇佐美さん西城秀樹さん語る【帯広】

西城秀樹さんのフォトブックを手に思い出を語る宇佐美さん

 歌手の西城秀樹さんの死去を受け、親交のあった帯広市在住の元作詞家宇佐美勝美さん(68)は「真面目な好青年で、常に全力で歌っていた。お疲れさまと声を掛けたい」と話す。

 市内でカフェレストラン「葡萄(ぶどう)屋」などを経営する宇佐美さんは、「白井章生」などのペンネームで1971年に作詞活動を開始。西城さんのほか、山口百恵や石川さゆりの楽曲など約250作品を手掛けた。

 西城さんのファーストアルバム収録曲「君と僕と恋と」(72年)を作詞するなど、デビュー当時から仕事で関わった。74年発売のソングブックでは西城さんのため詩を書き下ろした。フォーリーブスの故青山孝史さんを交えて食事するなど、親交を深めた。

 西城さんについて、宇佐美さんは「洋楽のR&Bを聴いて勉強し、ロック要素の強い歌謡曲を好んでいた。エネルギッシュな歌い方と声の張りは、R&Bの影響を受けていた」と振り返る。西城さんの魅力を引き出すため、激しさや優しさを心掛けて楽曲4曲を作詞した。

 2度の脳梗塞に襲われたが、リハビリを行い、ステージに復帰した西城さん。宇佐美さんは「病気を克服し、ステージに立ち続けた姿勢に敬意を表したい」と静かに語る。

 西城さんは、昨年9月26日に帯広市民文化ホールで開かれた「同窓会コンサート2017」に出演していた。

関連記事

根室新聞

サンマ初水揚げ 花咲港に中型船帰港【根室】

 農林水産大臣許可の第2陣として今月15日に出漁した20トン以上100トン未満の中型サンマ棒受け網漁船5隻が22日、花咲港にサンマを初水揚げした。このうち、午前7時から行われたセリでは4隻が発...

根室新聞

24日 道の駅で限定販売「ハスカップのサワーケーキ」【根室】

 道の駅スワン44ねむろで24日午前11時から販売する今月のスイーツに、JR根室駅前の移住交流推進拠点カフェ・ボストークが作る「ハスカップのサワーケーキ」=写真=が15個限定で登場する。  スワンと...

根室新聞

中西進氏講演会「オホーツク文化から日本を見る」開催へ【根室】

 万葉集研究の第一人者で日本とアジアの比較文化研究の権威、中西進氏(富山県立高志の国文学館館長)の講演会が、9月18日午後6時半から市総合文化会館小ホールで開かれることが決まった。演題は「オホーツ...

日高報知新聞

光ケーブル網を整備【新冠】

【新冠】国の補助を受け、町は本年度と来年度以降の2年間、約12億円をかけ町内全域に延長200㌔以上の光ケーブル網を整備し、光ケーブル整備済みの市街地と情報通信で格差のあった周辺部へ高速インターネット...

日高報知新聞

続縄文時代の配石遺構【様似】

【様似】町教委が発掘調査している冬島遺跡で、平行に石を並べ、間に砂を敷き詰めた直列配石の遺構が出土した。約2200年前ころの続縄文文化期の地層で、同文化期の遺跡では道内で前例がないという。  冬...