北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

函館新聞

函館出身の大橋さん、競輪場にスープカレー店【函館】

21日にオープンした「エレカプース」とオーナーの大橋さん

 函館出身で、有名フレンチレストラン「ティルプス」(東京都港区白金台)のオーナー、大橋直誉さん(34)が21日、函館競輪場(金堀町10)メインスタンド3階にスープカレー店「エレカプース」をオープンさせた。父親が元競輪選手で、自身も一時選手を目指した過去があり、練習を重ねたバンクがある思い出の場所での初出店に感慨もひとしお。大橋さんは「函館グルメの選択肢の一つに成長できれば」と期待を込める。

 父の秀人さんの影響で高校時代から自転車競技を始めた。競輪選手を目指したがかなわず、周囲の勧めもあって函館短大付設調理製菓専門学校に進学し、飲食の道に目覚めた。東京の有名店で修業後、渡仏しボルドーのミシュラン2つ星「コルディアン・バージュ」でソムリエを経験。帰国後に3つ星レストラン「カンテサンス」に入り、2013年にティルプスを開店させて2カ月半で1つ星を獲得した。

 何らかの形で古里への貢献ができないかと考えていた時に、縁あって競輪場に店を出す話が持ち上がった。「最初は驚いたが、自転車をやっていたこともあって運命的なものを感じた」といい、今年1月から準備を重ねてきた。フレンチの香りを残しつつ、芳醇なチキンスープをベースにした「焦がしバターチキンスープカレー」と「オニオングラタンスープカレー」(ともに1200円・税抜き)の2種類をメニューに決めた。スパイスにもこだわり、同店の庄司貴彦店長(36)は「今までにない新感覚のうま味が楽しめる」と自信をのぞかせる。

 競輪ファンだけでなく、世代や性別を問わず愛される店にしたいという。親交のある函館出身のロックバンドGLAYのTERUさんがSNSで紹介し、初日から女性客らでにぎわった。大橋さんは「食がきっかけになって観光や競輪の活性化にもつながれば」と話している。

 営業時間は、競輪場開場時の昼の部が午前11時から午後2時、夜の部が同5時から同8時まで。問い合わせは市競輪事業部事業課(0138・51・3121)へ。

関連記事

日高報知新聞

総額31億円、売却率過去最高【新ひだか】

【新ひだか】北海道市場のサラブレッド1歳馬の競り市「セレクションセール」(日高軽種馬農協主催)が16日、静内神森の同市場で開かれた。236頭(牡178頭、牝58頭)が上場し、197頭(牡154頭、...

日高報知新聞

馬を介した連携協定を結ぶ【浦河】

 浦河町と帯広畜産大学(奥田潔学長)と町内のNPO法人ピスカリ(江刺尚美代表理事)が16日、浦河町役場で馬を介した教育・研究・社会貢献活動に関する連携協定を結んだ。障がい者や高齢者に対する乗馬療...

根室新聞

北方墓参第2班が択捉島へ 一部は洋上慰霊に【根室】

 北方領土に眠る元島民の霊を慰める北方墓参の今年度第2班が18日朝、目的地の択捉島へ向けて四島交流専用船「えとぴりか」(1124トン)で根室港を出発した。墓参団(伊藤光作団長)は2泊3日の日程で同...

根室新聞

貝殻島サオマエコンブ値決め交渉 1等品は1万6500円【根室】

 根室水産ビルで行われていた今年の北方領土・貝殻島サオマエコンブ漁の値決め交渉が、16日に妥結した。今年の上場数量は昨年を下回る164トン。最高級の1等品価格は10キログラム当たり前年比100...

根室新聞

「市民墓」過疎化、核家族化で需要今後も【根室】

 過疎化や核家族化でお墓を取り巻く環境が変化する中、平成28年12月に供用開始した西浜町墓地の市民墓(2千体収容)に納骨された利用者が約1割、200体を超えた。市外からの申し込みも37体と多く、将...