北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

室蘭民報

宮蘭フェリー就航30日前に宮古で記念シンポ【室蘭、宮古】

宮蘭フェリーの活用策などについて意見交換したシンポジウム

 室蘭市と岩手県宮古市を結ぶ宮蘭フェリーの就航30日前記念シンポジウム(宮古港フェリー利用促進協議会主催)が23日、宮古市の市民文化会館で開かれ、活用策などを巡り意見交換した。

 「人が動く、地域が動く~宮蘭フェリー就航に期待すること」をテーマに開催。同協議会長の山本正德宮古市長が「航路開設が迫り、わくわく感が高まってきた。さまざまな可能性が生まれる。さらに機運を高めていこう」と呼び掛けた。

 就航後の交流や地域連携の在り方、活性化策などについて論議。パネリストの本野泰伸室蘭市総務課主幹は「市民レベルでもさまざまな交流が生まれ、気持ちの距離が縮まってきた。広域的な利用促進に向け、互いに連携を深めていきたい」と語った。

 志賀政信陸中宮古青年会議所理事長は「双方のまちを互いにPRし合えるよう、当事者意識を強く持って努力していこう」と強調。花坂雄大宮古観光創生研究会代表は「10年後、20年後にもフェリーのある景色が、なくてはならないものになるよう取り組みたい」とし、小山田大助宮古商工会議所青年部会長は「宮古は初の航路で関心の温度差を感じている。雇用効果も生まれており、活発に取り組んでいる室蘭に負けないよう盛り上げたい」と語った。

 会場には約320人の市民らが訪れ、関心の高さをうかがわせた。さまざまな角度からの提言や多彩なアイデアを参考とし、1カ月後の就航とその後の活用について思い描いていた。

 観光振興に携わっている民間シンクタンク・東北地域環境研究室の志賀秀一代表による「みんなで一緒に元気になろう」と題した基調講演も行われた。

関連記事

室蘭民報

22、23日に洋ラン100点の作品展示会【室蘭】

 室蘭蘭友会(栗林芳枝会長)主催の第27回洋ラン作品展示会が23、24の両日、室蘭市輪西町の市民会館で開かれる。セロジネやカトレア、コチョウラン、ギンギアナムなど、洋ラン約100点が並ぶ。 ...

室蘭民報

市民美術館で「昭和に芽生えた作風」始まる【室蘭】

 室蘭市幸町の市民美術館(工藤善蔵館長)の企画展「昭和に芽生えた多彩な作風―野本先生と同時期の作家たち」が、19日から同館で始まった。伊達市に在住した道内の抽象画家の第一人者で、今年1月に亡くな...

十勝毎日新聞

全国から「星の絵はがき」 銀河の森天文台に249点展示【陸別】

 りくべつ宇宙地球科学館・銀河の森天文台(上出洋介館長)が初めて企画した「星の絵はがきコンテスト」で、予想を大きく上回る249点の作品が全国から寄せられた。24日まで同館内で展示している。 ...

室蘭民報

油彩や水彩、秀逸な作品…美術協会新人展始まる【室蘭】

 第37回室蘭美術協会新人展が14日から、室蘭市幸町の市民美術館で始まった。同協会会員になって3年目以内の新人と、昨年の第83回公募展受賞者たちの個性あふれる油彩や水彩、日本画、アクリル画が並...

室蘭民報

フルート・篠笛奏者で室蘭市出身の宮川さんが16日にライブ【室蘭】

 室蘭市出身のフルート・篠笛奏者の宮川悦子さん=埼玉県草加市=の投げ銭ライブが、あす16日午前11時から室蘭市中央町2の蘭西ギャラリーで開かれる。20本以上の笛を所有し、クラシックや民謡、ポッ...