北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

根室新聞

7月4日に「トリオ・ドスアンコ+ハイコ」迎え演奏会【根室】

トリオ・ドスアンコ+ハイコ根室公演をPRするポスター

 啓雲中学校で吹奏楽部の部長を務めた濱田孝紀さん(現在ドイツ・バンベルク在住)ら道産子音楽家で作るチューバ・ユーフォニアム・アンサンブル集団に、ゲストを加えたカルテット「トリオ・ドスアンコ+ハイコ」の根室公演が、7月4日に市総合文化会館小ホールで開かれる。主催者は「この機会にぜひ多くの方々に聴いてほしい」と来場を呼び掛けている。

 市総合文化会館のホール機能の有効活用と市民への鑑賞機会提供に活動している市総合文化会館事業協会(田中昭由会長)と市、市教委が主催する。同事業協会の今年度最初の鑑賞事業として開く。

 トリオ・ドスアンコ+(プラス)は平成28年、旭川市出身のユーフォニアム奏者・竹内広三さん、芦別市出身のユーフォニアム奏者・安東京平さん、札幌市出身のチューバ奏者・濱田孝紀さんが結成。基本ユニットとなる3人のメンバーに、その時の演奏コンセプトに合わせゲストアーティストをプラスすることで、アンサンブルによる音楽表現の可能性を試みている。

 今回は濱田さんの音楽仲間であり、国際的なチューバ演奏者のハイコ・トリーベナーさんをドイツから迎え、四重奏を披露する。

 濱田さんは小学校時代を出身地の札幌市で過ごした後、父の転勤で啓雲中学校に転校。吹奏楽部に入部し「チューバ」に出会った。先輩の影響から当初はドラムを希望したが、顧問にチューバを勧められた際に、初めて目の前にした新品の輝きに魅了されてしまったのが始めるきっかけになったという。

 その後東京音大、ミュンヘン市立リヒャルトシュトラウス音楽院を経てドイツ国立ハノーファー音楽大学大学院を首席で卒業。ドイツをはじめヨーロッパで数々の演奏キャリアを有し、日本でもN響や札響などでも客演。国内外で活躍している。

 啓雲中吹奏楽部では部長を務めて卒業しており、根室には友人も多い。濱田さんは「根室で演奏会を開くのが長年の大きな願いであり、凱旋演奏会のような気分です」と、事業協会にメッセージを寄せている。音楽愛好者からは「チューバとユーフォニアムのアンサンブルは、根室ではなかなか鑑賞する機会がないので、演奏が楽しみ」との声も出ている。

 演奏曲はウィリアムテル序曲、夜の女王のアリア、マンハッタン組曲、Take Five他を予定している。

 当日は午後6時開場、同6時半開演。チケットは、文化会館事務室で販売している。一般が前売り券2,000円、当日券2,500円。高校生以下が前売り・当日ともに1,000円。なお、3歳以下は入場不可となっている。

関連記事

室蘭民報

着物華やか吟詠朗々と…胆振芸術祭初の発表大会【登別】

 第42回道民芸術祭第49回胆振芸術祭の一環である吟詠発表大会が19日、登別市富士町の市民会館で行われ、胆振管内の愛好家が声高々に吟じた。  北海道文化団体協議会主催。胆振文化団体協議会、登...

室蘭民報

ウエストサマーフェスでユニークな仮装盆踊り【室蘭】

 室蘭・中島西口商店街振興組合(米塚豊理事長)主催の第30回ウエストサマーフェスティバルは19日、最終日を迎えた。中島町のJR東室蘭駅西口駅前特設会場で行われた仮装盆踊り大会は、ユニークなコス...

根室新聞

9月2日「健康まつり」意識高揚に充実【根室】

 第22回ねむろ健康まつり(実行委員長、北村舜誠国保運営協議会長)が9月2日午前10時から市総合文化会館で開かれる。「ふれあい健康フェスティバル」をサブタイトルに、市民の健康維持増進を目的に毎年開か...

十勝毎日新聞

初の演芸フェスタ 16団体300人出演【帯広】

 十勝管内外で活動するアーティストや文化団体が一堂に会し、それぞれのパフォーマンスを披露する「とかち演芸フェスタ2018」(実行委主催)が19日午前10時~午後7時、帯広市内の駅北多目的広場(夢の...

室蘭民報

子ども相撲白熱、虻田神社例大祭が開幕【洞爺湖町】

 胆振西部に晩夏の訪れを告げる虻田神社(洞爺湖町青葉町、野々村國男宮司)の例大祭が16日に始まった。初日の宵宮祭は、雨降りにもかかわらず、参拝客や子どもたちなど大勢の人でにぎわった。  宵宮...