北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

函館新聞

尾道市の空き家再生に取り組む豊田さん招く 箱バルが1日【函館】

尾道市の空き家再生事業を学ぶイベントへの来場を呼び掛ける蒲生代表

 西部地区の古い建物の利活用を進めている合同会社箱バル不動産(蒲生寛之代表)は6月1日午後6時半から、「地域をつなぐ小商いミーティングin函館西部地区」を入舟町の倉庫で開く。広島県尾道市で旧市街地の再生に取り組むNPO法人尾道空き家再生プロジェクトの豊田雅子代表理事を講師に招く。

 同市の山手地区は函館と同じく坂の多い場所で、豊田代表は2007年から「尾道ガウディハウス」と呼ばれた「旧和泉家別邸」を再建し、後に国の登録有形文化財となった。08年にNPO法人化し、これまでに有名、無名を問わず100軒以上の空き物件を再生。移住促進にもつながった。

 大三坂ビルヂングの再生を手掛けるなどしてきた箱バル不動産が主催する小商いミーティングは今回が3回目。会場には現在活用方法を模索している入舟町1の16にある白い外壁の倉庫を選んだ。

 蒲生代表(34)は「尾道も港町で観光地としての繁栄や衰退があった場所で、函館でも得られるものがあるはず。箱バルの活動を始めたころから、いつか函館に招きたいと思っていた」と話す。

 当日は、豊田さんに箱バルから、蒲生代表と建築家の富樫雅行さん、tombolo店主の苧坂淳さんを交えて空き家と小商いの可能性について探る。

 参加費は1500円。定員は100人。問い合わせはスモールタウンホステル(0138・83・8742)へ。

関連記事

日高報知新聞

定数を2人オーバーか【えりも】

【えりも】町選挙管理委員会(山中智彰委員長)は20日、町役場で4月16日告示、同21日投開票の町議会議員選挙立候補予定者説明会を開き、現職本人と後援会関係者、新人立候補予定者など21人が出席した。  ...

日高報知新聞

新たに3事業所8商品【新ひだか】

【新ひだか】町内で生産される優れた産品を推奨品として認証する「新ひだか推奨品認証制度」の認証書交付式が19日、JR静内駅併設の町観光情報センターで開かれ、3事業所8商品を新たに認証したほか、平成28年...

十勝毎日新聞

感謝の思い胸に 小学校卒業式【帯広】

 十勝管内の多くの小学校で22日、卒業式が行われた。卒業生は4月から通う中学校の制服に身を包み、晴れて学びやを巣立った。  この日、式が行われたのは管内全小学校(93校)の約9割に当たる81...

十勝毎日新聞

イチロー引退 ねぎらう声 用具で縁、交流も【十勝】

 21日に現役引退を表明した米大リーグ・マリナーズのイチロー選手は、キャンプ地での交流やバット用の木材提供などを通じて十勝とも縁があった。数々の記録を打ち立てた偉大な選手の引退に、管内の関係者はね...

十勝毎日新聞

タイムカプセル 15年後に開封へ 西上音更小閉校【士幌】

 JA士幌町西上事業所集落センターで19日、西上音更小学校(川上裕明校長、児童11人)閉校事業実行委による「タイムカプセル保管式」が行われ、児童や地域住民らが参加した。  実行委事業部長の曽...