北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

函館新聞

尾道市の空き家再生に取り組む豊田さん招く 箱バルが1日【函館】

尾道市の空き家再生事業を学ぶイベントへの来場を呼び掛ける蒲生代表

 西部地区の古い建物の利活用を進めている合同会社箱バル不動産(蒲生寛之代表)は6月1日午後6時半から、「地域をつなぐ小商いミーティングin函館西部地区」を入舟町の倉庫で開く。広島県尾道市で旧市街地の再生に取り組むNPO法人尾道空き家再生プロジェクトの豊田雅子代表理事を講師に招く。

 同市の山手地区は函館と同じく坂の多い場所で、豊田代表は2007年から「尾道ガウディハウス」と呼ばれた「旧和泉家別邸」を再建し、後に国の登録有形文化財となった。08年にNPO法人化し、これまでに有名、無名を問わず100軒以上の空き物件を再生。移住促進にもつながった。

 大三坂ビルヂングの再生を手掛けるなどしてきた箱バル不動産が主催する小商いミーティングは今回が3回目。会場には現在活用方法を模索している入舟町1の16にある白い外壁の倉庫を選んだ。

 蒲生代表(34)は「尾道も港町で観光地としての繁栄や衰退があった場所で、函館でも得られるものがあるはず。箱バルの活動を始めたころから、いつか函館に招きたいと思っていた」と話す。

 当日は、豊田さんに箱バルから、蒲生代表と建築家の富樫雅行さん、tombolo店主の苧坂淳さんを交えて空き家と小商いの可能性について探る。

 参加費は1500円。定員は100人。問い合わせはスモールタウンホステル(0138・83・8742)へ。

関連記事

十勝毎日新聞

26、27日に「カレー」上映 見て「食べよう」【池田】

 池田町内の映画愛好家でつくる池田映画研究会(宮澤嘉裕会長、会員8人)は26、27の両日、町中心市街地にある交流スペース「Ponte(ポンテ)」(大通4)でドキュメンタリー映画「カレーライスを一...

十勝毎日新聞

水害きっかけ「いももっち」 まりも製薬【帯広】

 健康食品など製造販売の「まりも製薬」(帯広、河端ミカ社長)は、十勝産の「インカのめざめ」を使ったイモ団子「いももっち」2品を商品化し、販売している。袋のまま電子レンジで温めて食べられる。  ...

室蘭民報

刈田神社に輝く神輿、遠田さんが寄贈【登別】

 登別市の総鎮守・刈田神社(登別市中央町、大西昇宮司)の女神輿(みこし)が更新された。戦前から使われていた神輿だが、部品が破損するなど老朽化が顕著になってきたところ、市内の建設会社役員・遠...

室蘭民報

健康支えた音楽レク、総合福祉センター指定管理者の内池さん夫妻【室蘭】

 老朽化などを理由に10月末で廃止となる室蘭市総合福祉センター(天神町)。約12年間にわたり指定管理者を務めてきた各種介護事業を行うタカラサービス(白鳥台)の内池宝代表取締役会長(76)は「自...

室蘭民報

ジャパネットの初クルーズで3200人が寄港【室蘭】

 イタリア船社が運航する大型客船MSCスプレンディダ(13万7936トン)が23日、室蘭港に寄港し、午後5時に出港した。テレビショッピングのジャパネットホールディングス初のチャータークルーズで...