北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

室蘭民報

室蘭遺族会が会員減少と高齢化で活動休止へ【室蘭】

多くの遺族が参列していた時代の招魂祭=1971年6月15日撮影

 室蘭出身戦没者の遺族でつくる室蘭遺族会(徳中嗣史会長)が、会員の減少と役員の高齢化のため活動を休止する。同会が室蘭八幡宮境内に建立した招魂社も築60年以上がたち老朽化しており、近く解体する予定。同会による6月の招魂祭慰霊祭も休止する。戦後70年を超え、少子高齢化が進む道内では、遺族会の解散や活動休止が相次ぎ、胆振でも拡大している。

 同会は日清、日露、太平洋戦争の戦没者遺族で1946年(昭和21年)に発足。54年に海岸町の室蘭八幡宮境内に道内唯一の神道施設・招魂社を設置し、翌55年から毎年6月に戦没者と艦砲射撃犠牲者合わせ1421柱のみ霊を追悼する招魂祭を開催してきた。

 しかし経年とともに会員が減少。発足当時は300人以上いた会員も2009年(平成21年)には会員数がおよそ半数の約160人となり、これまで2日間の日程で続けてきた同祭を1日に縮小した。

 同会は現時点の正確な会員数は把握できていないが、戦没者の妻である正会員は、分かっているだけで3人、子どもやきょうだいの準会員を合わせても約50人とみられる。発足時に比べて大きく落ち込み、会の存続が難しい状況だ。

 徳中会長は「苦渋の選択だが、今なら一般の方から寄付を集めなくても会費で(招魂社を)解体できる。遺族会そのものは解散せず、今後も戦没者の慰霊活動は進めていく」と述べた。

 北海道連合遺族会(旭川市)によると、04年度時点で216団体の登録があった道内組織も、解散や市町村合併に伴う統合により、17年度末時点で168団体まで減少。胆振管内でも安平町の遺族会が13年度に、登別市の遺族会が14年度にそれぞれ解散した。連合遺族会の関係者は「次世代に会を継続するため、戦没者の孫やひ孫を対象にした青年部を設立している」と説明した。

解体が予定されている室蘭八幡宮境内の招魂社

関連記事

函館新聞

いさ鉄まもなく開業3周年 函館駅などで記念イベント【函館】

 道南いさりび鉄道(小上一郎社長)が開業3年を迎える。北海道新幹線とともに2016年3月26日、五稜郭―木古内間(37・8キロ)で開業。「いさ鉄」の愛称で親しまれ、沿線住民の足としてだけでなく...

函館新聞

8歳で英検準1級合格 附属小の小笠原君【函館】

 道教育大附属函館小学校3年の小笠原煌(こう)君が、8歳で実用英語技能検定(英検)の準1級に合格した。大学中級程度の英語力が求められ、8歳での合格は全国的も珍しいという。煌君は「達成感でいっぱい...

苫小牧民報

さよなら地球体験館 100人駆け付け閉館惜しむ-むかわ

 昨年9月の胆振東部地震で被災して今月末で閉館が決まったむかわ町穂別の「地球体験館」の最後のイベントが21日にあった。町内外から約100人が訪れて27年にわたって親しまれた施設に感謝と別れを告げ...

日高報知新聞

237人の特例申請が無効に【浦河】

 浦河町ふるさと納税への寄付者が確定申告が不要となる「ワンストップ特例制度」の町側事務処理ミスで、5946人分の申請データが未処理だった問題で、町は22日、臨時記者会見を開き、1都2県の237人の特...

日高報知新聞

珍しい〝暖〟ボールアート【様似】

【様似】札幌在住の桑折廣幸さん(68)のダンボールをキャンバスに制作した絵画展示「ひろ・くわおり〝暖”ボールアート 北の浮世絵展」が、町中央公民館ギャラリー21で始まり、入館者の目を引いている。31日まで...