北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

室蘭民報

室蘭遺族会が会員減少と高齢化で活動休止へ【室蘭】

多くの遺族が参列していた時代の招魂祭=1971年6月15日撮影

 室蘭出身戦没者の遺族でつくる室蘭遺族会(徳中嗣史会長)が、会員の減少と役員の高齢化のため活動を休止する。同会が室蘭八幡宮境内に建立した招魂社も築60年以上がたち老朽化しており、近く解体する予定。同会による6月の招魂祭慰霊祭も休止する。戦後70年を超え、少子高齢化が進む道内では、遺族会の解散や活動休止が相次ぎ、胆振でも拡大している。

 同会は日清、日露、太平洋戦争の戦没者遺族で1946年(昭和21年)に発足。54年に海岸町の室蘭八幡宮境内に道内唯一の神道施設・招魂社を設置し、翌55年から毎年6月に戦没者と艦砲射撃犠牲者合わせ1421柱のみ霊を追悼する招魂祭を開催してきた。

 しかし経年とともに会員が減少。発足当時は300人以上いた会員も2009年(平成21年)には会員数がおよそ半数の約160人となり、これまで2日間の日程で続けてきた同祭を1日に縮小した。

 同会は現時点の正確な会員数は把握できていないが、戦没者の妻である正会員は、分かっているだけで3人、子どもやきょうだいの準会員を合わせても約50人とみられる。発足時に比べて大きく落ち込み、会の存続が難しい状況だ。

 徳中会長は「苦渋の選択だが、今なら一般の方から寄付を集めなくても会費で(招魂社を)解体できる。遺族会そのものは解散せず、今後も戦没者の慰霊活動は進めていく」と述べた。

 北海道連合遺族会(旭川市)によると、04年度時点で216団体の登録があった道内組織も、解散や市町村合併に伴う統合により、17年度末時点で168団体まで減少。胆振管内でも安平町の遺族会が13年度に、登別市の遺族会が14年度にそれぞれ解散した。連合遺族会の関係者は「次世代に会を継続するため、戦没者の孫やひ孫を対象にした青年部を設立している」と説明した。

解体が予定されている室蘭八幡宮境内の招魂社

関連記事

十勝毎日新聞

路線バス国内客も乗り放題 2社がパス【十勝】

 十勝バス(帯広、野村文吾社長)と北海道拓殖バス(音更、中木雄三郎社長)は、昨年から十勝を訪れる外国人観光客向けに発売している「VISIT TOKACHI PASS」を、11月から日本人観光客向...

十勝毎日新聞

26、27日に「カレー」上映 見て「食べよう」【池田】

 池田町内の映画愛好家でつくる池田映画研究会(宮澤嘉裕会長、会員8人)は26、27の両日、町中心市街地にある交流スペース「Ponte(ポンテ)」(大通4)でドキュメンタリー映画「カレーライスを一...

十勝毎日新聞

水害きっかけ「いももっち」 まりも製薬【帯広】

 健康食品など製造販売の「まりも製薬」(帯広、河端ミカ社長)は、十勝産の「インカのめざめ」を使ったイモ団子「いももっち」2品を商品化し、販売している。袋のまま電子レンジで温めて食べられる。  ...

室蘭民報

刈田神社に輝く神輿、遠田さんが寄贈【登別】

 登別市の総鎮守・刈田神社(登別市中央町、大西昇宮司)の女神輿(みこし)が更新された。戦前から使われていた神輿だが、部品が破損するなど老朽化が顕著になってきたところ、市内の建設会社役員・遠...

室蘭民報

健康支えた音楽レク、総合福祉センター指定管理者の内池さん夫妻【室蘭】

 老朽化などを理由に10月末で廃止となる室蘭市総合福祉センター(天神町)。約12年間にわたり指定管理者を務めてきた各種介護事業を行うタカラサービス(白鳥台)の内池宝代表取締役会長(76)は「自...