北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

室蘭民報

室蘭遺族会が会員減少と高齢化で活動休止へ【室蘭】

多くの遺族が参列していた時代の招魂祭=1971年6月15日撮影

 室蘭出身戦没者の遺族でつくる室蘭遺族会(徳中嗣史会長)が、会員の減少と役員の高齢化のため活動を休止する。同会が室蘭八幡宮境内に建立した招魂社も築60年以上がたち老朽化しており、近く解体する予定。同会による6月の招魂祭慰霊祭も休止する。戦後70年を超え、少子高齢化が進む道内では、遺族会の解散や活動休止が相次ぎ、胆振でも拡大している。

 同会は日清、日露、太平洋戦争の戦没者遺族で1946年(昭和21年)に発足。54年に海岸町の室蘭八幡宮境内に道内唯一の神道施設・招魂社を設置し、翌55年から毎年6月に戦没者と艦砲射撃犠牲者合わせ1421柱のみ霊を追悼する招魂祭を開催してきた。

 しかし経年とともに会員が減少。発足当時は300人以上いた会員も2009年(平成21年)には会員数がおよそ半数の約160人となり、これまで2日間の日程で続けてきた同祭を1日に縮小した。

 同会は現時点の正確な会員数は把握できていないが、戦没者の妻である正会員は、分かっているだけで3人、子どもやきょうだいの準会員を合わせても約50人とみられる。発足時に比べて大きく落ち込み、会の存続が難しい状況だ。

 徳中会長は「苦渋の選択だが、今なら一般の方から寄付を集めなくても会費で(招魂社を)解体できる。遺族会そのものは解散せず、今後も戦没者の慰霊活動は進めていく」と述べた。

 北海道連合遺族会(旭川市)によると、04年度時点で216団体の登録があった道内組織も、解散や市町村合併に伴う統合により、17年度末時点で168団体まで減少。胆振管内でも安平町の遺族会が13年度に、登別市の遺族会が14年度にそれぞれ解散した。連合遺族会の関係者は「次世代に会を継続するため、戦没者の孫やひ孫を対象にした青年部を設立している」と説明した。

解体が予定されている室蘭八幡宮境内の招魂社

関連記事

日高報知新聞

静内農高 最優秀賞など上位に【新ひだか】

【新ひだか】日本学校農業クラブ北海道連盟など主催の「全道技術競技大会」が7、8の両日、帯広農業高と道立総合研究機構畜産試験場=十勝管内新得町=で開かれ、静内農業高(大関俊郎校長)から最優秀賞を含む...

日高報知新聞

野球日本代表監督 稲葉さんも指導【新ひだか】

【新ひだか】プロ野球の北海道日本ハムファイターズ主催の「キッズサマーキャンプ」が17~19の3日間、三石緑ヶ丘公園球場で行われている。管内外から31人の小学6年生が参加し、稲葉篤紀スポーツ・コミュニティ...

名寄新聞

自転車でゆかりの地巡る・「松浦武四郎RIDE」【名寄】

 なよろ観光まちづくり協会(吉田肇会長)主催の初の自転車イベント「松浦武四郎RIDE」が19日に駅前交流プラザ「よろーな」を発着地点に開かれた。参加者は、北海道命名者の武四郎に縁のある地域を自転...

名寄新聞

道内外から高校生185人参加・市立大オープンキャンパス【名寄】

 名寄市立大学(佐古和廣学長)の「オープンキャンパス2018」が18日に同学で行われた。参加した高校生たちは、ガイダンスや模擬授業、現役学生との交流を通して、同学へ親しみを深めた。  オープン...

名寄新聞

白樺樹液ビールお披露目・クラフトビアフェス盛況【美深】

 「美深クラフトビアフェス2018」が18日に大通北4赤れんが倉庫で開かれ、来場者がジャズの生演奏を聴きながらクラフトビールや豊富なフードメニューを味わう至福のひとときを満喫。さらに、美深産白樺...