北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

室蘭民報

室蘭遺族会が会員減少と高齢化で活動休止へ【室蘭】

多くの遺族が参列していた時代の招魂祭=1971年6月15日撮影

 室蘭出身戦没者の遺族でつくる室蘭遺族会(徳中嗣史会長)が、会員の減少と役員の高齢化のため活動を休止する。同会が室蘭八幡宮境内に建立した招魂社も築60年以上がたち老朽化しており、近く解体する予定。同会による6月の招魂祭慰霊祭も休止する。戦後70年を超え、少子高齢化が進む道内では、遺族会の解散や活動休止が相次ぎ、胆振でも拡大している。

 同会は日清、日露、太平洋戦争の戦没者遺族で1946年(昭和21年)に発足。54年に海岸町の室蘭八幡宮境内に道内唯一の神道施設・招魂社を設置し、翌55年から毎年6月に戦没者と艦砲射撃犠牲者合わせ1421柱のみ霊を追悼する招魂祭を開催してきた。

 しかし経年とともに会員が減少。発足当時は300人以上いた会員も2009年(平成21年)には会員数がおよそ半数の約160人となり、これまで2日間の日程で続けてきた同祭を1日に縮小した。

 同会は現時点の正確な会員数は把握できていないが、戦没者の妻である正会員は、分かっているだけで3人、子どもやきょうだいの準会員を合わせても約50人とみられる。発足時に比べて大きく落ち込み、会の存続が難しい状況だ。

 徳中会長は「苦渋の選択だが、今なら一般の方から寄付を集めなくても会費で(招魂社を)解体できる。遺族会そのものは解散せず、今後も戦没者の慰霊活動は進めていく」と述べた。

 北海道連合遺族会(旭川市)によると、04年度時点で216団体の登録があった道内組織も、解散や市町村合併に伴う統合により、17年度末時点で168団体まで減少。胆振管内でも安平町の遺族会が13年度に、登別市の遺族会が14年度にそれぞれ解散した。連合遺族会の関係者は「次世代に会を継続するため、戦没者の孫やひ孫を対象にした青年部を設立している」と説明した。

解体が予定されている室蘭八幡宮境内の招魂社

関連記事

根室新聞

飲むのが楽しみ 北の勝「搾りたて」発売【根室】

 管内唯一の地酒「北の勝」の醸造元・碓氷勝三郎商店(碓氷ミナ子店主)は23日、「北の勝 搾りたて」を発売した。市内酒店やスーパーなどでは、人気の限定酒を手に入れようと長蛇の列ができた。このうち市...

根室新聞

日ロ首脳、交渉さらに前進で一致 元島民は「具体的成果を」【根室】

 安倍晋三首相は22日、モスクワでロシアのプーチン大統領と首脳会談を行った。平和条約交渉締結に向け、2月の開催が予定されているミュンヘン安保会議の際に外相間で次回交渉を行うとともに、首脳特別代表間...

日高報知新聞

地酒の名称「海桜丸」に【新ひだか】

【新ひだか】新ひだか町地酒づくり協議会(会長・佐藤雅裕新ひだか観光協会長)は、7日まで募集していた静内産酒米を使った地酒の名称が「海桜丸」に決まったと発表した。  静内産米は、農産物の地産池消の...

日高報知新聞

全線復旧変えていない【浦河】

 浦河町議会は22日、町議会臨時会後に全員協議会を開き、丸4年以上運休が続くJR日高線問題について協議し、町長や各議員が意見を述べた。  12月25日の町長会議で、浦河町の池田拓町長以外の管内6町が、...

苫小牧民報

仮設店舗、被災3町で着工 計10店が入居予定、3月オープンへ

 厚真、安平、むかわ3町で、胆振東部地震で被災した小売店や飲食店などの仮設店舗の建設が始まった。3町で計10店が入居する予定で、2月末に完成、3月にオープンする。店が壊れて休業などを余儀なくされ...