北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

室蘭民報

噴火湾文化研究所が江戸後期の能衣装公開【伊達】

12年ぶりに報道陣に公開された能の衣装「濃茶地丸紋散らし繍箔能装束」

 伊達市噴火湾文化研究所(館山町)で収蔵されている江戸時代後期に作られた仙台藩亘理伊達家の能の衣装「濃茶地丸紋散(こいちゃじまるもんち)らし繍箔能装束(ぬいはくのうしょうぞく)」が25日、報道陣に公開された。能は武家社会でたしなまれていた芸能で、この衣装は、同家も古くから能を舞っていたことを物語る貴重な資料となる。

 「だて歴史文化ミュージアム」の来春オープンを控え、図録や資料作製の写真撮影作業のため12年ぶりに収蔵庫から出された。衣装は修復作業を実施した2006年(平成18年)に期間限定で展示している。

 衣装は絹を使用し幅142センチ、丈144センチ。元々は黒に近い色だったとみられるが、日焼けなどで現在は茶色っぽく変色している。当主が代々着ていたとされるが、2代目当主の成実(しげざね)が着たかは不明。伊達には明治期に移住した際に持ち込まれ、亘理伊達家の能の衣装はこの1着しか残っていない。

 衣装には直径10センチほどの丸に、3本の線が入った伊達家家紋をはじめ、丸の中に松などを描いた縁起物の刺しゅうが、きらびやかに散りばめられている。目立つデザインにすることで武家としての力、財力を誇示する意味があった。

 この日市学芸員で20代目当主の伊達元成さん(39)らが慎重に木箱から衣装を取り出し、広げ写真に収めていた。ミュージアム開館後は期間限定での展示も予定している。

 市内では今年7月に成実生誕450年を記念し能楽「摺上(すりあげ)」の上演を予定。伊達さんは「伊達は明治の開拓のイメージが強いが、もっと昔からの伝統を引き継いでいる。能やその衣装から江戸の文化、大名の文化を感じ、思いをはせてほしい」と話している。

関連記事

十勝毎日新聞

十勝の風景クッキーに 実現へCF開始【帯広】

 帯広市内の十勝菓子工房菓音(東11南15)は、十勝の四季を描いたクッキーの商品化に向け、クラウドファンディング(CF)を始めた。クッキーを絵画、ギフト箱を額縁に見立てて作るユニークな商品。1...

十勝毎日新聞

「甘くて軟らか」ウニ給食 小・中・高【広尾】

 広尾の海岸で取れたエゾバフンウニが17日、町内の小・中学校、高校の給食で「うにの茶わん蒸し」として振る舞われた。  地域産食材を使った特別メニューを提供する「ふるさと給食」の一環。ウニが給...

十勝毎日新聞

延長51メートル大型滑り台も 里見が丘公園複合遊具完成【足寄】

 足寄町が里見が丘公園遊戯広場内に整備していた大型遊具「お山の複合遊具」が完成し、27日にオープンする。延長51メートル、落差10メートルの滑り台やネット遊具が子どもたちを出迎える。  広大...

函館新聞

観光シーズン到来 箱館ハイカラ號運行開始【函館】

 明治時代の客車を復元した「箱館ハイカラ號(ごう)」の今季の運行が20日から始まった。赤を基調としたレトロな車両は今年も健在で、街に本格的な観光シーズンの訪れを告げた。  当初は15日...

函館新聞

〝日本一小さな〟道の駅江差がリニューアルオープン【江差】

 【江差】町尾山町1の「道の駅江差」が20日、リニューアルオープンした。コンパクトな建物内の両側に販売所と展示コーナーを新たに配置。本格的な観光シーズンに向けて、新たな情報発信拠点としての...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス