北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

名寄新聞

「もち米ようかん」商品化【名寄】

1袋税込み250円で販売する「もち米ようかん」

 名寄振興公社(久保和幸社長)が、名寄産もち米を使った商品「もち米ようかん」を開発した。生産量日本一の名寄産もち米と、身体の疲労感を軽減する効果があるオリゴノールを取り入れたアスリート・スポーツ食。オリゴノール配合の商品として道北で初めて北海道食品機能表示制度「ヘルシーDo」の認定も受け、名寄をPRする商品となっており、27日開催の「なよろアスパラまつり」でお披露目販売される。

 北海道経済産業局の農商工連携事業として開発した商品。日本一の名寄産のはくちょうもち米を使い、函館のイカをコラボさせた「もっちりいかめし」と、乳酸菌を入れた甘酒「もちあま」に続く第3弾だ。

 同公社総務課の長谷川奈緒子主任が中心となり、「もち米を使用したアスリート・スポーツ食」をテーマに昨年5月から開発を進めてきた。大きな特徴は、機能性表示食品として「運動による身体的な疲労感を軽減する」ことが認められているオリゴノールを配合していることだ。北海道庁が創設した健康食品ブランドである同制度「ヘルシーDo」の認定も取得。オリゴノール入り商品としては道北で初、同制度の商品認定としては上川北部で初となっており、安全安心な商品としても太鼓判を押された。

 商品は、食べやすいようスティック状となっており、1袋2本入り(1本30グラム)。パッケージには観光キャラクター「なよろう」が描かれている他、「もち米生産量日本一のまち名寄市」などと表示して名寄を前面にPRしたものとなっている。価格は1袋税込み250円で、アスパラまつりでお披露目するとともに、なよろ温泉サンピラー売店で販売する。

関連記事

函館新聞

新商品リンゴカレー発売 道の駅「なないろ・ななえ」【七飯】

 【七飯】道の駅「なないろ・ななえ」(峠下)は18日から、七飯産リンゴをふんだんに使用したレトルトカレー「りんごカレー」を同施設限定で発売している。リンゴの甘みとスパイスが効いた深みのある...

十勝毎日新聞

「純白ゆり根大福」好評 道の駅忠類【幕別】

 道の駅忠類(町忠類白銀町、小竹淳店長)で、昨年8月から販売を開始した「純白ゆり根大福」が好評だ。販売5カ月余りで5000パック(2個入り)を売り上げ、地元特産の農産物加工品でもトップクラスの人気...

函館新聞

函館国際ホテルがいちごスイーツビュッフェ【函館】

 函館国際ホテル(函館市大手町)は平日の午前11時半から午後3時まで、イチゴを使った10種類のデザートが楽しめる「いちごスイーツビュッフェ」を実施している。料金は1200円(フリードリンク付)。...

十勝毎日新聞

町待望のそば店「五武庵」 移住の平野さん【上士幌】

 そば店が一軒もなかった町内で25日、そば居酒屋「五武庵」がオープンし、初日から地元客らでにぎわった。自治体が使途を明確にして寄付を募る「ガバメントクラウドファンディング」(GCF)で集まった資...

十勝毎日新聞

藤村さんチーズ料理入賞 全国コン道地区賞【帯広】

 チーズと地域の食材を使ったオリジナル料理のユニークさを競う「第7回チー1グランプリ」(チーズフェスタ実行委員会主催)で、帯広大谷短期大学生活科学科栄養士課程2年の藤村幸乃さん(19)が「枝豆とコ...