北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

名寄新聞

「もち米ようかん」商品化【名寄】

1袋税込み250円で販売する「もち米ようかん」

 名寄振興公社(久保和幸社長)が、名寄産もち米を使った商品「もち米ようかん」を開発した。生産量日本一の名寄産もち米と、身体の疲労感を軽減する効果があるオリゴノールを取り入れたアスリート・スポーツ食。オリゴノール配合の商品として道北で初めて北海道食品機能表示制度「ヘルシーDo」の認定も受け、名寄をPRする商品となっており、27日開催の「なよろアスパラまつり」でお披露目販売される。

 北海道経済産業局の農商工連携事業として開発した商品。日本一の名寄産のはくちょうもち米を使い、函館のイカをコラボさせた「もっちりいかめし」と、乳酸菌を入れた甘酒「もちあま」に続く第3弾だ。

 同公社総務課の長谷川奈緒子主任が中心となり、「もち米を使用したアスリート・スポーツ食」をテーマに昨年5月から開発を進めてきた。大きな特徴は、機能性表示食品として「運動による身体的な疲労感を軽減する」ことが認められているオリゴノールを配合していることだ。北海道庁が創設した健康食品ブランドである同制度「ヘルシーDo」の認定も取得。オリゴノール入り商品としては道北で初、同制度の商品認定としては上川北部で初となっており、安全安心な商品としても太鼓判を押された。

 商品は、食べやすいようスティック状となっており、1袋2本入り(1本30グラム)。パッケージには観光キャラクター「なよろう」が描かれている他、「もち米生産量日本一のまち名寄市」などと表示して名寄を前面にPRしたものとなっている。価格は1袋税込み250円で、アスパラまつりでお披露目するとともに、なよろ温泉サンピラー売店で販売する。

関連記事

十勝毎日新聞

おあずけプリンに新味 コーヒーとほうじ茶【陸別】

 陸別町振興公社(陸別町大通、道の駅内)は20日、陸別ブランドとして定着している冷凍プリン「りくべつミルクのおあずけプリン」の新味として、コーヒーとほうじ茶の2種類を発売する。  コーヒー味は...

室蘭民報

壮瞥のリンゴを使用したワイン来年2月販売へ【壮瞥】

 壮瞥町内の農商工業者、観光関係者らでつくる「そうべつシードル造り実行委」(川南和彦委員長)は、町内産のリンゴを使ったワインを来年2月に販売する。シードル(リンゴ酒)に続く企画で特産のリンゴの...

室蘭民報

カネサン佐藤水産でイクラ醤油漬けの製造本格化【室蘭】

 水産加工のカネサン佐藤水産(室蘭市東町、佐藤有一代表取締役)は、旬の道産イクラを使った醤油(しょうゆ)漬け「いくら醤油味 有機」の製造を本格化させている。宝石のように輝くイクラが鮮やか。 ...

十勝毎日新聞

帯南商メニュー4席 高校生グルメコン【音更】

 高校生が地元食材などでオリジナルレシピの開発を競う「第6回高校生チャレンジグルメコンテスト」が7日、町内のふれあい交流館で開かれ、十勝勢で唯一出場した帯広南商業高クッキング部の「秋のコロチャパ...

室蘭民報

母恋めし本舗の道産蜂蜜ブルーベリーが人気【室蘭】

 室蘭市絵鞆町の母恋めし本舗(関根勝治代表)が、ブルーベリーの蜂蜜漬け「ブルーベリー畑のハニーちゃん」を発売した。壮瞥や稀府など胆振産のブルーベリーを道産蜂蜜に漬けたもので、ヨーグルトやソーダ...