北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

名寄新聞

「もち米ようかん」商品化【名寄】

1袋税込み250円で販売する「もち米ようかん」

 名寄振興公社(久保和幸社長)が、名寄産もち米を使った商品「もち米ようかん」を開発した。生産量日本一の名寄産もち米と、身体の疲労感を軽減する効果があるオリゴノールを取り入れたアスリート・スポーツ食。オリゴノール配合の商品として道北で初めて北海道食品機能表示制度「ヘルシーDo」の認定も受け、名寄をPRする商品となっており、27日開催の「なよろアスパラまつり」でお披露目販売される。

 北海道経済産業局の農商工連携事業として開発した商品。日本一の名寄産のはくちょうもち米を使い、函館のイカをコラボさせた「もっちりいかめし」と、乳酸菌を入れた甘酒「もちあま」に続く第3弾だ。

 同公社総務課の長谷川奈緒子主任が中心となり、「もち米を使用したアスリート・スポーツ食」をテーマに昨年5月から開発を進めてきた。大きな特徴は、機能性表示食品として「運動による身体的な疲労感を軽減する」ことが認められているオリゴノールを配合していることだ。北海道庁が創設した健康食品ブランドである同制度「ヘルシーDo」の認定も取得。オリゴノール入り商品としては道北で初、同制度の商品認定としては上川北部で初となっており、安全安心な商品としても太鼓判を押された。

 商品は、食べやすいようスティック状となっており、1袋2本入り(1本30グラム)。パッケージには観光キャラクター「なよろう」が描かれている他、「もち米生産量日本一のまち名寄市」などと表示して名寄を前面にPRしたものとなっている。価格は1袋税込み250円で、アスパラまつりでお披露目するとともに、なよろ温泉サンピラー売店で販売する。

関連記事

室蘭民報

室蘭産と宮古産使用の昆布塩飴を母恋めし本舗が販売【室蘭】

 室蘭市絵鞆町の母恋めし本舗(関根勝治代表)が、室蘭産ヤヤンコンブと岩手県宮古市産の塩を使った新商品「昆布塩飴385(みやこ)」を14日から販売した。宮蘭フェリー就航を記念して「両市の海からの...

十勝毎日新聞

池田産100%で白ワイン Far夢楽縁が製造【池田】

 農業生産法人「Far夢楽縁(ファームらくえん)」(林秀康社長)による町内産原料100%の「はじめての白ワイン」(750ミリリットル、アルコール度9%)が15日にできあがった。町内産原料100%の...

十勝毎日新聞

ホッキどうぞ 17日まで初フェア 飲食4店で【広尾】

 食で地域振興を図る「広尾おいしい町づくりの会」(土谷典男会長)は11日から、町内4飲食店で「広尾産北寄(ほっき)貝フェア」を開いている。17日まで。  同会ではこれまでもシシャモ、ハッカク...

室蘭民報

シャンシャン通り広場で3日に食文化イベント【室蘭】

 西胆振の生産者と消費者が交流し、地元の旬の食材と新たな食文化を発信する「西いぶりファーマーズマーケット」(同実行委員会主催)が6月3日午前10時から、室蘭市中島町のシャンシャン通りお元気広場...

室蘭民報

都内の焼き鳥店集結施設移転で室蘭「一平」の味を発信【室蘭】

 室蘭やきとりの有名店「やきとりの一平」(石塚千津代表取締役)など日本七大焼き鳥の人気店が集結した施設「全や連総本店東京」が来月3日、東京の有楽町に移転する。新たにオープンキッチン形式を採用し...