北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

室蘭民報

都内の焼き鳥店集結施設移転で室蘭「一平」の味を発信【室蘭】

「室蘭の味を発信したい」と語る石塚代表

 室蘭やきとりの有名店「やきとりの一平」(石塚千津代表取締役)など日本七大焼き鳥の人気店が集結した施設「全や連総本店東京」が来月3日、東京の有楽町に移転する。新たにオープンキッチン形式を採用した新施設に、石塚代表は「祖父の代から3代にわたり守ってきた地元で愛される味を、しっかり発信していきたい」と意気込んだ。

 「全や連総本店東京」は2013年(平成25年)3月、東京大手町にオープンし、昨年12月まで営業した。新店舗は「やきとりスタジアム東京」。前施設と同様全国やきとり連絡協議会(全や連)が運営する。

 以前の店舗ではフードコート形式で注文を受けたら店舗奥の厨房(ちゅうぼう)で焼き鳥を作る方式だったが、今回はオープンキッチンを用意。毎月参加各店舗から焼き師を招き、こだわりを持ちながら焼き上げる様子を間近で見ることができる。七大焼き鳥を食べ比べできるコースメニューも増やした。

 ドリンクメニューもワインやシャンパンのような洋酒メニューを豊富にそろえる。営業時間は午後4時から同11時まで(定休日は不定休)。

 石塚代表は「うちの秘伝のたれを持っていったので、室蘭のソウルフードを東京で再現できる。多くの方に食べに来てもらいたい。今後も愛される室蘭の味を目指し、本店で好評なラーメンサラダやうずらの卵串、シロ(豚の大腸)串も提供できるよう交渉していきたい」と語った。

関連記事

十勝毎日新聞

枝豆大福にプレミア版 地元産にこだわり【中札内】

 道の駅なかさつないのカントリーショップ「てんとうむし」(村大通南7、小林利光代表)に新商品が登場した。「プレミア枝豆大福」と「ハスカップ入り豚丼のたれ」で、どちらも地元産にこだわった商品だ。 ...

十勝毎日新聞

鹿カツバーガーおいしいね 町民試食【陸別】

 陸別町給食センター主催の町民試食会が9日、町タウンホールで開かれた。ジビエ料理の全国コンテストで最高賞を受賞した同センターの「鹿カツドッグ」が「鹿カツバーガー」にアレンジされ、町民約120人...

十勝毎日新聞

甘みほのか「あずきサイダー」新発売 JA十勝清水町【清水】

 JA十勝清水町(串田雅樹組合長)は、独自の野菜ブランド「とれたんと」の小豆を使った「北海道十勝あずきサイダー」を開発した。今月から管内で販売している。  「とれたんと」は有機肥料「しみず有機...

十勝毎日新聞

豚丼スティックで参戦 ご当地!絶品うまいもん甲子園【帯広】

 帯広南商業高校クッキング部の部員3人が、「第7回ご当地!絶品うまいもん甲子園」(農林水産省、全国食の甲子園協会主催)の北海道・東北エリア選抜大会(10日・仙台市)に出場する。考案したメニュー...

室蘭民報

ビーフインパクト室蘭店が開店し長蛇の列【登別】

 人気ステーキチェーン「炭焼ステーキBEEF IMPACT室蘭店」が8日、登別市鷲別町6の国道36号沿いにオープンした。「厚切りステーキを気取らずリーズナブルにガッツリ」をコンセプトにした業態...