北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

根室新聞

市長選 現職、進退明言せず 6月上旬にも明らかに【根室】

28日の定例記者懇談会で6月上旬にも進退を明らかにするとした長谷川俊輔根室市長

 任期満了に伴う市長選まで3カ月強に迫り、その進退が注目される長谷川俊輔根室市長(73)は28日、「後援者や各政党との協議にもう少し時間が必要」と進退について明言を避け、6月上旬にも明らかにする考えを示した。定例記者懇談会の席上、記者の質問に答えたもので、健康問題は払しょくしたものの、高齢から体力面での不安をのぞかせた。

 長谷川市長は自民、民主、公明、社民、新党大地の推薦を受け、平成18年9月に無投票で初当選後、2期連続で無投票当選を果たし、前回選挙では、無所属の鴨志田リエ氏との一騎打ちをダブルスコアの大差で破り、3選を果たしている。

 28日の定例記者会見で、記者の質問に答えた長谷川市長は「今月15日に定期検査を受け、病気は完治し、再発もなく、問題ないと医師には太鼓判を押された」と健康問題をクリアしたことを明らかにしたものの、「私もあと2年で後期高齢者の仲間入り。60代では気にならなかったが、70代になって疲れの回復が遅くなった」と体力面での不安を吐露した。

 進退について長谷川市長は「すでに腹は固まっている」としつつ、「1回目の選挙から支えてくれた後援者や各政党関係者などまだ協議が必要で、1週間から10日ほど時間が必要」と6月上旬には態度を明らかにする考えを示した。

 長谷川市長は市長就任2期目の25年7月に心臓バイパス手術、翌26年9月にはすい臓の腫瘍摘出手術を受け、その後、数カ月おきに定期検診を受け、今年も2月と今月15日に受診し、その度に出馬に関する質問を受けていた。

 なお、市長選は9月2日告示、9日投開票で行われる。市内では表立って出馬に向けた動きはなく、現職の去就が注目されている。

関連記事

十勝毎日新聞

路線バス国内客も乗り放題 2社がパス【十勝】

 十勝バス(帯広、野村文吾社長)と北海道拓殖バス(音更、中木雄三郎社長)は、昨年から十勝を訪れる外国人観光客向けに発売している「VISIT TOKACHI PASS」を、11月から日本人観光客向...

十勝毎日新聞

26、27日に「カレー」上映 見て「食べよう」【池田】

 池田町内の映画愛好家でつくる池田映画研究会(宮澤嘉裕会長、会員8人)は26、27の両日、町中心市街地にある交流スペース「Ponte(ポンテ)」(大通4)でドキュメンタリー映画「カレーライスを一...

十勝毎日新聞

水害きっかけ「いももっち」 まりも製薬【帯広】

 健康食品など製造販売の「まりも製薬」(帯広、河端ミカ社長)は、十勝産の「インカのめざめ」を使ったイモ団子「いももっち」2品を商品化し、販売している。袋のまま電子レンジで温めて食べられる。  ...

室蘭民報

刈田神社に輝く神輿、遠田さんが寄贈【登別】

 登別市の総鎮守・刈田神社(登別市中央町、大西昇宮司)の女神輿(みこし)が更新された。戦前から使われていた神輿だが、部品が破損するなど老朽化が顕著になってきたところ、市内の建設会社役員・遠...

室蘭民報

健康支えた音楽レク、総合福祉センター指定管理者の内池さん夫妻【室蘭】

 老朽化などを理由に10月末で廃止となる室蘭市総合福祉センター(天神町)。約12年間にわたり指定管理者を務めてきた各種介護事業を行うタカラサービス(白鳥台)の内池宝代表取締役会長(76)は「自...