北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

根室新聞

市長選 現職、進退明言せず 6月上旬にも明らかに【根室】

28日の定例記者懇談会で6月上旬にも進退を明らかにするとした長谷川俊輔根室市長

 任期満了に伴う市長選まで3カ月強に迫り、その進退が注目される長谷川俊輔根室市長(73)は28日、「後援者や各政党との協議にもう少し時間が必要」と進退について明言を避け、6月上旬にも明らかにする考えを示した。定例記者懇談会の席上、記者の質問に答えたもので、健康問題は払しょくしたものの、高齢から体力面での不安をのぞかせた。

 長谷川市長は自民、民主、公明、社民、新党大地の推薦を受け、平成18年9月に無投票で初当選後、2期連続で無投票当選を果たし、前回選挙では、無所属の鴨志田リエ氏との一騎打ちをダブルスコアの大差で破り、3選を果たしている。

 28日の定例記者会見で、記者の質問に答えた長谷川市長は「今月15日に定期検査を受け、病気は完治し、再発もなく、問題ないと医師には太鼓判を押された」と健康問題をクリアしたことを明らかにしたものの、「私もあと2年で後期高齢者の仲間入り。60代では気にならなかったが、70代になって疲れの回復が遅くなった」と体力面での不安を吐露した。

 進退について長谷川市長は「すでに腹は固まっている」としつつ、「1回目の選挙から支えてくれた後援者や各政党関係者などまだ協議が必要で、1週間から10日ほど時間が必要」と6月上旬には態度を明らかにする考えを示した。

 長谷川市長は市長就任2期目の25年7月に心臓バイパス手術、翌26年9月にはすい臓の腫瘍摘出手術を受け、その後、数カ月おきに定期検診を受け、今年も2月と今月15日に受診し、その度に出馬に関する質問を受けていた。

 なお、市長選は9月2日告示、9日投開票で行われる。市内では表立って出馬に向けた動きはなく、現職の去就が注目されている。

関連記事

室蘭民報

地元食べ歩き「最高」―伊達バル街17店にぎわう【伊達】

 伊達市内の飲食店をスペインの立ち飲み居酒屋・バルのように食べ飲み歩くイベント「伊達バル街」が21日開かれ、大勢の市民が各店自慢の料理とお酒を心ゆくまで楽しんだ。  飲食店などでつくる実行委...

室蘭民報

登別カントリー倶楽部のカートにiPadナビを導入【登別】

 ゴルフリゾート施設・登別カントリー倶楽部(登別市上登別町、東勝彦支配人)は、2人乗りカート80台に、タブレット端末・ipadを導入した。ナビゲーション機能を搭載しており、コース情報やピンまで...

室蘭民報

喜ばれるコースに、室蘭GC支配人に伴さんが就任【室蘭】

 室蘭ゴルフ倶楽部(GC、崎守町)の支配人に、伴くみこさん(42)が就任する。メンバーに喜んでもらえるゴルフ場を目指しながら、室蘭の新たな観光拠点として道内外から広く利用者を集めたい考えだ。 ...

室蘭民報

絵鞆と崎守の2港に「型良し」噴火湾毛ガニ初水揚げ【室蘭】

 噴火湾海域の毛ガニかご試験操業が20日解禁となり、室蘭漁協に所属する4隻は22日朝、絵鞆と崎守の2港に初水揚げした。初日の漁獲高は前年を50キロ下回り、漁業関係者からはため息が漏れる。  ...

函館新聞

ダニ媒介脳炎の闘病語る 感染症研究者ら北斗の佐藤さん宅訪問【北斗】

 【北斗】ダニを媒介した感染症の研究者や医療、行政関係者ら約60人が16日、国内最初のロシア春夏脳炎(ダニ媒介脳炎)に発症した佐藤厚子さん(61)宅=北斗市三ツ石=を訪問し、闘病体験を聴いた...