北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

日高報知新聞

「日高防災マスター」設立【新ひだか】

【新ひだか】日高管内全町の北海道地域防災マスターグループ「日高防災マスター」の設立総会が27日、町公民館で開かれた。

 道は防災に対する心構えなど多くの人に知ってもらうため、平成19年度からボランティアによる地域の防災活動を行い、災害時には地域の防災リーダーとして活動する「北海道地域防災マスター」の育成に取り組んでいる。

 マスターに認定されるためには認定研修会の受講が必要で、20年3月の浦河町を皮切りに、管内各町で研修会を実施。現在は管内で156人がマスターとして認定されている。

 昨年3月には日高町のマスターで組織する「日高西部防災マスター協議会」が設立。同10月に浦河町で行われた「日高地域防災ミーティングin日高」(日高振興局主催)で、これをさらに発展させて管内全町のマスターが共同して活動することを決め、賛同した50人のマスターで構成する組織の設立に向けて会議を重ねてきた。

 日高防災マスターは、「困ったときはお互い様の精神」で、災害に対する知識を地域住民に教えて「情報の提供・発信、災害図上訓練、避難所訓練」の実施や、道、日高振興局、ボランティアセンターの指導の下、防災対策を推進するとともに、人材の育成を目的とした研修、講習を行って自助、共助の大切さを学ぶ機会を創出する。

 また、地域に合った防災計画の推進、地域防災関係機関との連携、地域住民との防災活動を促進して、身近な防災活動を基本とした活動でマスター同士の顔が見えるように地域ごとに担当者を設け、地域の防災活動に協力していけるような組織作りを進める。

 活動費用は活動目的に協賛する企業、団体などから支援された協賛金を充て、使途については謝礼文と併せて書面で報告する。

 設立総会で日高防災マスター準備委員会の松下吉文委員長(日高町)は「組織的に形ができたということで、これから歩き始めるところ。皆さんの協力を得ながら基盤となる人材、仲間を大事にしながら地域における防災活動の礎となっていきたい」とあいさつ。

 来賓の岩崎敏夫静内警察署長は「従前から防災関係者との間で連携を取っているが、広大な管内におけるすべての住民に対応するのは極めて困難。災害発生時には警察はもとより、自治体をはじめとする防災関係機関や防災マスターの皆さんと一緒に協力して災害対策を実施することで、迅速かつ適切な対応ができるようになる」と激励した。

 会長に選出された米山豊さん(浦河町)は「東日本大震災では未曾有の被害を受け、『想定外を想定する』という必要性に迫られている。被害を最小限に食い止めるためには行政だけでなく民間、ボランティアが一体となって知識の普及、啓蒙活動をする必要がある」と話した。

 役員は次の通り。

 ▽会長 米山豊▽副会長 浅野勇夫(新ひだか町)▽副会長兼総務 佐藤由則(様似町)▽企画部長 沖田義彦(日高町)▽広報部長兼えりも支部長 近藤一郎(えりも町)▽同副部長兼事務局 豊島清治(日高町)▽様似支部長 天野浩二▽浦河支部長 松本正美▽新ひだか支部長 土井義男▽新冠支部長 前田晃▽日高支部長 木田一▽平取支部長 阿部孝之▽婦人部長 春芽静江(日高町)▽監査役 山田富雄(同)▽監査員 三崎武雄(同)▽会計 石崎薫(同)▽相談役 松下吉文

日高防災マスターの会長に選出された米山さん。右から準備委員会の豊島さん、松下さん

関連記事

室蘭民報

虻田神社・風水スポット愛称は「龍山道」【洞爺湖町】

 洞爺湖町青葉町の虻田神社の裏山にある風水のパワースポットにつながる山道の愛称が「龍山道(りゅうさんどう)」に決まった。山道を管理する青葉山道整備の会(大久保和幸会長)は5日、最優秀賞に選...

室蘭民報

オロフレスキー場で搬器取り付け「準備OK」【壮瞥】

 壮瞥町弁景のオロフレスキー場で7日、リフトの座席部分となる搬器を取り付ける作業が実施された。関係者がウインターシーズン本番を楽しみにしながら作業していた。今季は22日のオープンを目指している...

室蘭民報

ネコ保護団体が新拠点、施設内で譲渡会や不妊手術【登別】

 ネコの保護活動に取り組むNPO法人猫色Protectionむろらん(芳賀直美理事長)が、登別市若草町の一般住宅を購入・改装し、拠点を新たにした。150匹の保護ネコの世話や里親探しに取り組んで...

室蘭民報

日東エフシー支店敷地内にフレコン専用倉庫完成【室蘭】

 化成肥料製造などの日東エフシー(名古屋)が、室蘭市築地町にある室蘭支店敷地内で建設を進めていた、フレコンバッグ専用倉庫が完成した。7日に同所でしゅん工式が行われ、関係者が支店の発展や北海道農...

室蘭民報

対抗馬擁立が焦点、市長選で青山氏出直し選挙で【室蘭】

 任期満了に伴う来春の室蘭市長選で、現職の青山剛氏(40)が3選を目指し出馬する見通しとなったことで、対抗馬擁立の動向が最大の焦点となっている。現市政への一定の評価が集まる一方、青山氏以外の出馬の...