北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

釧路新聞

「名人」講師に体験授業/芦野小【釧路】

 釧路市立芦野小学校(藤原美恵子校長)は29日、茶道や料理、体操など専門性を持った「名人」を講師に迎えてのキャリア教育の授業を行い、3年生の児童76人が体験を通じて自分らしい生き方について学んだ。授業は総合的な学習の時間のキャリア教育の一環。体験や講話を通じて、自分らしい生き方や社会の中での役割を考えることが狙い。この日は、アイスホッケーの地元実業団である日本製紙クレインズの重野駿佑さんをはじめ、華道家元池坊釧路支部の佐藤露子さんら地域で活躍する11人が講師を務め、その道を究めることの喜びや苦労などを児童らに話した。

 市内の小学校で焼き物の指導などをしている奈良吉直さん(66)から、皿づくりを学んだ。児童らは、説明をよく聞きながら粘土を正方形に型取り、へらや型抜きを使って思い思いの模様を施して完成させた。奈良さんは「少しずつ技術を身に付けて30年。これからも努力をしていきたい。みなさんも好きなことを見つけてほしい」と児童らに呼び掛けた。

 体操を体験した清水泰地君(8)は「名人は小さい頃から練習を始めたと言っていた。自分もサッカーを続けて選手になりたい」と話していた。

関連記事

室蘭民報

刈田神社に輝く神輿、遠田さんが寄贈【登別】

 登別市の総鎮守・刈田神社(登別市中央町、大西昇宮司)の女神輿(みこし)が更新された。戦前から使われていた神輿だが、部品が破損するなど老朽化が顕著になってきたところ、市内の建設会社役員・遠...

室蘭民報

健康支えた音楽レク、総合福祉センター指定管理者の内池さん夫妻【室蘭】

 老朽化などを理由に10月末で廃止となる室蘭市総合福祉センター(天神町)。約12年間にわたり指定管理者を務めてきた各種介護事業を行うタカラサービス(白鳥台)の内池宝代表取締役会長(76)は「自...

室蘭民報

ジャパネットの初クルーズで3200人が寄港【室蘭】

 イタリア船社が運航する大型客船MSCスプレンディダ(13万7936トン)が23日、室蘭港に寄港し、午後5時に出港した。テレビショッピングのジャパネットホールディングス初のチャータークルーズで...

室蘭民報

特定空き家の解体開始、市が管理人制度で初【室蘭】

 室蘭市は23日、屋根が劣化した危険な状態で放置されている「特定空き家」1棟の解体作業を始めた。民法に規定されている「不在者財産管理人制度」による対応。空き家対策で同制度に基づく解体は市内で初...

室蘭民報

ひまわりクラブのメンバーが好成績【室蘭、登別】

 第24回北海道障害者フライングディスク大会(北海道障害者フライングディスク連盟主催)で、室蘭、登別、伊達の障害者と保護者でつくる「心身障害児(者)と共に歩む会ひまわりクラブ」(前崎知子代表)...