北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

室蘭民報

シャンシャン通り広場で3日に食文化イベント【室蘭】

旬の食材が集まる西いぶりファーマーズマーケット=昨年の様子

 西胆振の生産者と消費者が交流し、地元の旬の食材と新たな食文化を発信する「西いぶりファーマーズマーケット」(同実行委員会主催)が6月3日午前10時から、室蘭市中島町のシャンシャン通りお元気広場で開かれる。初出店の手打ちそば店がガレット(そば粉のクレープ)を出品する。

 4年目を迎える同イベント。今年第1弾となる同日は、室蘭市と伊達市、洞爺湖町、壮瞥町から農家や飲食店、食品加工など25の業者が出店する。

 新規出店の江戸蕎麦(そば)一輪草(室蘭市高砂町)は、フランスの伝統料理・ガレットを提供する。洞爺湖産そば粉で作った薄く焼いた生地にカットしたオロフレ産トマトやチーズなどをのせる。本来は皿で出す料理だが、今回は生地で具材をくるみテイクアウトスタイルで楽しむ。1個500円。

 同じそば粉を店舗でも使っている一輪草の森川泰充さん(32)は「無農薬で育ったそばは香りが強く風味も豊か。ぜひ味わってほしい」とアピールする。

 同イベントは、生産者自ら農産物を販売するほか、飲食店や加工業者が、地場産食材を使った個性豊かなメニューを提供する。主催者代表の楠本謙志さんは「地元で育った旬の食材が集まります。地産地消を楽しんでほしい」と来場を呼び掛ける。

 初回を含め今年は年4回の開催を予定。問い合わせは楠本代表、080・4070・2456へ。

関連記事

十勝毎日新聞

十勝の風景クッキーに 実現へCF開始【帯広】

 帯広市内の十勝菓子工房菓音(東11南15)は、十勝の四季を描いたクッキーの商品化に向け、クラウドファンディング(CF)を始めた。クッキーを絵画、ギフト箱を額縁に見立てて作るユニークな商品。1...

十勝毎日新聞

「甘くて軟らか」ウニ給食 小・中・高【広尾】

 広尾の海岸で取れたエゾバフンウニが17日、町内の小・中学校、高校の給食で「うにの茶わん蒸し」として振る舞われた。  地域産食材を使った特別メニューを提供する「ふるさと給食」の一環。ウニが給...

十勝毎日新聞

市外初のクランベリー 札内店オープンに行列【幕別】

 菓子製造販売の「クランベリー」(帯広、水戸部公平社長)の札内店が19日、幕別町札内豊町47にオープンした。帯広市外の出店は初。観光での需要増を見込み、十勝東部での販売を強化する。  コープ...

十勝毎日新聞

十勝産素材でチーズまん ハピオフーズ第2弾【音更】

 JA木野(清都善章組合長)の子会社が運営するスーパー「ハピオ」(音更町木野大通西7、石田晴久店長)が4日から、十勝産チーズと小麦を使ったチーズまんじゅう「ハピまんチーズ」の販売を始めた。同店の...

十勝毎日新聞

ベジ料理に管内産ゴボウだし【十勝】

 ベジタリアン向けの飲食コンサルティングや商品開発を行う「Tokachi Diversity Project」(=とかち・ダイバーシティー・プロジェクト)は、商品化第1弾として、十勝産ゴボウを使...