北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

函館新聞

イカ漁、今年も低水準 有識者ら資源予測【函館】

イカの産卵場が縮小していることなどを紹介する桜井所長

 道南スルメイカ漁の6月1日解禁を前に、有識者らがイカに関するさまざまな情報を提供する「イカ資源評価と予測に関する講演会」(函館国際水産・海洋都市推進機構など主催)が30日、函館市国際水産・海洋総合研究センターで開かれた。今期の資源予測について、急激な資源回復は見込めず、昨シーズンと同様に水揚げは低水準となる可能性が示された。

 漁業関係者ら約220人が参加。有識者5人がイカの資源予測などについて講演した。このうち函館頭足類科学研究所の桜井泰憲所長の講演では、スルメイカを含んだ回遊資源の動向を紹介した。

 過去4年間の1月におけるスルメイカの推定産卵場を比較すると、「2018年は産卵場の縮小が顕著だ」と警鐘を鳴らしながら、10年以降にみられるスルメイカやマアジなどの漁獲減は「1977、78年にみられた魚種交替に類似している」と説明。「2016、17年の2、3月の東シナ海の海水温低下が産卵場を縮小させ、スルメイカの冬生まれ群の漁獲減につながった」と語った。

 さらに、「過去3年間に親イカの資源尾数が3分の1にまで激減していることからみても、今期中に漁獲が急激に回復する可能性は少ない」との見方を示し、「親イカ資源の保護管理策の検討が必要かもしれない」と提言した。

 講演後の総合討論では、桜井所長らが会場から寄せられた質問に答えた。「温度変化に耐えられるような、品種改良したイカは生み出せないのか」といった質問に対し、桜井所長は「イカ類ではとても難しく、現状はイカにとっての適水温を見つけることが重要だ」と述べた。

関連記事

根室新聞

北方領土の語り部育成 後継者が元島民の体験語る【根室】

 千島歯舞諸島居住者連盟根室支部(宮谷内亮一支部長)は15日、千島会館で後継者語り部育成事業を開催し、歯舞群島・勇留島2世の米屋聡さん(59)と国後島2世の野潟龍彦さん(67)が、元島民から聞いた島で...

根室新聞

室根より「おいしいこんぶ ありがとうございました」【根室】

 逆さ地名が縁で岩手県一関市室根町と交流する「根室・室根交流の会」(志和秀春会長)のもとへ、室根の保育施設から「昆布の絵手紙」が届いた。特産品交流で送っていた昆布のお礼ということで、ちぎり絵で...

根室新聞

「初年度に手応え」カキ養殖へ試験継続【根室】

 歯舞漁協の23部会でつくる歯舞水産物ブランド化推進協議会(小杉和美会長)は、トーサムポロ沼でカキ養殖に取り組んでいる。1年目の昨年は歯舞こんぶ祭りなどイベントで販売を行っており、今後も養殖試験を...

根室新聞

商店街に歓声響く「下町スライダー」大盛況【根室】

 雪で作った全長50メートルの巨大滑り台が17日、緑町商店街を歩行者天国にして設置され、迫力満点の“冬の遊び”に歓声を上げる約1,000人の親子連れでにぎわった。イベントは根室商工会議所青年部創陽クラブ(...

日高報知新聞

管内で新たに4人を認定【浦河】

 道が認定する木育を普及させる専門家「木育マイスター」の平成30年度認定証交付式が14日、浦河町常盤町の日高振興局森林室で行われ、新たに4人が認定証の交付を受けた。  木育マイスターは、森や木工...