北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

浦幌議会だより最高賞 道町村議会表彰【浦幌】

 「うらほろ議会だより」(発行・編集責任者=田村寛邦浦幌町議会議長)が、北海道町村議会議長会(会長・西村昭教上富良野町議会議長)の今年度の優良議会広報表彰で最上位の特選に選ばれた。道内28町村議会から応募があり、管内の入賞は浦幌町議会が唯一。昨年の音更町議会に続き、2年連続で十勝管内の議会広報が最上位の栄誉に輝いた。

優良議会広報表彰で特選に選ばれた「うらほろ議会だより 第175号」

 今年度の特選に選ばれた同議会だよりは、2017年4月25日発行の第175号。モノクロだが、A4判32ページに内容は盛りだくさん。新年度予算の配分を円グラフで分かりすく説明し、費目ごとに主な事業も紹介している。人口減少対策など3氏の一般質問の質疑応答も掲載した。

 特集では、第2次議会の活性化・最終報告として、定員11人に対して1人欠員が生じている現状と正面から向き合い、「議員のなり手不足を検証」とする記事を掲載。議員報酬の算定基準として「浦幌方式」の策定や、被選挙権を18歳以上に引き下げることなどを盛り込んだ意見書を国に提出したことなども記した。

 道町村議会議長会事務局は「ボリュームのあるものに仕上がっている。予算の使途を費目ごとに解説調でまとめているので、理解しやすい」と評している。

 同議会だよりは、田村議長を発行・編集責任者とし、議員5人で構成される町議会広報編集特別委員会(阿部優委員長、差間正樹副委員長、福原仁子委員、杉江博委員、河内富喜委員)が手掛けている。定例会や臨時会の翌月に年4回(4月、7月、10月、1月)発行している。

 今年度の優良議会広報表彰は例年通り、道町村議会議長会の定期総会に合わせて6月中旬に行われることになっている。

関連記事

根室新聞

写友会が写真展 24日まで【根室】

 市内の写真サークル「写友会」(小林正輔会長)の写真展が17日、市総合文化会館エントランスホールで始まった。会員5人が各10作品を展示し、野生動物や自然現象を切り取った写真でカメラテクニックを...

根室新聞

参院選10代投票率 過去最低に【根室】

 7月21日に投開票が行われた第25回参議院議員通常選挙の根室市内の10代(18、19歳)の投票率は2282パーセントで、18歳選挙権が導入された平成28年の第24回参院選以降の各級選挙を通じて、...

苫小牧民報

モデルの椿梨央さんサプライズで始球式 太陽杯軟式全道少年野球胆振支部予選..

 太陽グループ杯争奪第26回全道少年軟式野球選抜大会胆振支部予選大会は17日午前、苫小牧市営少年野球場で開幕した。2日間にわたって胆振地区の小学生たちが全道大会への1枠を懸けてトーナメント戦を繰...

苫小牧民報

ウガンダ軍の工兵対象に技能指導 国連PKO支援部隊で現地へ-新千歳

 国連平和維持活動(PKO)支援部隊早期展開プロジェクトに参加するため、陸上自衛隊からアフリカのウガンダに赴く教官団の見送り行事が16日、新千歳空港国内線ターミナルビル内で行われた。陸自第3施設...

苫小牧民報

山線資料見つかる 詩人の故斉藤征義さん蔵書

 年内の開館に向けて蔵書整理が進む苫小牧市王子町1の「斉藤征義の宮沢賢治と詩の世界館」設立準備室で、王子軽便鉄道(通称・山線)に関する資料約300点が見つかった。列車の設計図や地図、写真などで、...