北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

苫小牧民報

「バスケって楽しい」千歳信濃小4年生、レバンガ選手と試合

バスケを楽しむ児童たちと川邉選手(右)

 千歳信濃小学校の4年生68人が29日、プロバスケットボールチーム・レバンガ北海道の川邉亮平、野口大介両選手らと試合などを楽しんだ。バスケをしたことのない児童も多かったが、プロのプレーを身近に感じ、「バスケって楽しい」などと喜んだ。

 4年生は授業でバスケがまだ未体験だったため、PTA役員が「レバンガの選手に来てもらえたら、バスケに興味を持てる」と思い立ち、年1回のレクリエーションに合わせて企画。レバンガに選手の派遣を依頼したところ、シーズンオフとあって交通費のみで対応してくれた。

 この日は両選手、安宅寛法アカデミーコーチ、チームマスコット・レバードが来校し、バスケの要素を取り入れた鬼ごっこ、両選手と児童5人の対戦などを展開。試合は両選手が児童に伸び伸びとプレーさせながら、たまにダンクシュートなどを決めて湧かせた。

 普段からバスケに取り組む下田宙(そら)君(9)は自らゴールを決めながらも、両選手のプレーに「軽くジャンプして、(リングに)普通に届いていた。予想よりも背が高かった」と感激した様子。

 初めてバスケをしたという岡田わかなさん(9)は「バスケはやってみたら楽しい。今後も続けたい」と目を輝かせていた。

 川邉選手は「きょうをきっかけにバスケを楽しんでくれたら」と期待を寄せ、野口選手も「大きい人に挑む気持ちが大事。何ごとにも挑戦して」とエール。

 4年生PTA役員の代表井上利枝さん(42)は「子供たちはきょうの日を楽しみにしてくれていた。企画して良かった」と喜んでいた。

関連記事

日高報知新聞

「困っている人」に2万1926円

【新ひだか】静内幼稚園(中舘吉達園長、園児120人)の園児代表4人が12日、町社協を訪れ、園児たちが小遣いを出し合って集めた歳末たすけあい運動の寄付金2万1926円を町共同募金委員会の佐藤雅裕会長に...

日高報知新聞

「のぼり」と「ポスター」

 「優駿日高道 オールひだか魅力発信キャンペーン」として、来年3月予定の日高自動車道厚賀IC(インターチェンジ)開通と日高の魅力をアピールする「のぼり」と「ポスター」を製作し、日高地域の関係機関や...

苫小牧民報

身が締まり、味に太鼓判 苫小牧沖の冬ホッキ漁最盛期

 苫小牧沖の冬ホッキ漁が最盛期に入った。今シーズンの漁は1日に始まり、来年4月までの期間に最大20隻が操業に当たる。ホッキ貝の水揚げ量日本一を誇る苫小牧の漁港は早朝から活気付いている。  13...

十勝毎日新聞

クリスマス祈り厳か 聖公会幼稚園【帯広】

 帯広聖公会幼稚園(鈴木典明園長、園児104人)の礼拝堂で、14日午前10時20分からクリスマス礼拝が行われた。園児らは厳かな雰囲気の中で祈りを捧げ、キリストの生誕を祝った。  園児の代表6人...

十勝毎日新聞

年末年始、宴会料理は食べきろう 市がポスター【帯広】

 宴会が多くなる年末年始に向け、外食での食べ残しを減らそうと、帯広市は啓発ポスターを作成した。職場や飲食店などで活用してもらい、食べきれるだけの量を注文してもらうよう呼び掛ける。  環境省によ...