北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

苫小牧民報

第2航空団修理隊の3人に文科大臣表彰 F15修理業務、10年かけ改善

受賞を喜ぶ(右から)加藤さん、滝澤さん、藤江さん

 航空自衛隊第2航空団(千歳)の整備補給群修理隊の3人が、「2018年度科学技術分野の文部科学大臣表彰」の創意工夫功労者賞に輝いた。3人はF15戦闘機の修理業務を、より安全で短時間にこなすため、自分たちで新たな部品を考えて製作したことが評価された。3人は「改善意識の大切さを隊内で伝えたい」と気持ちを新たにしている。

 3人は滝澤公昭1曹(51)、加藤恒生2曹(43)、藤江利至3曹(31)で、創意工夫の内容は「航空機外板テーパーロックファスナー用ドリルプレートの考案製作」。同賞は各職場で優れた創意工夫を発揮し、技術の改善向上などに貢献した人が対象で、18年度は全国2672人が応募し、受賞者は971人。うち自衛隊関係者は6人のみだった。

 3人は千歳基地でF15戦闘機の修理業務に当たっており、受賞テーマは約10年かけた改善の成果。先細りしたねじのような「テーパーロックファスナー」で外板を結合するが、この「ねじ穴」の中心を正確に捉え、固定するのに所定の時間を要していた。機体の形状は曲がっていたり、段差があったりするためで、滝澤1曹は「(修理は)正確に短時間で行う必要がある。(業務の)改良を重ねてきた」と振り返る。

 この業務内容を改善するため、球状の軸受けを付けた金属板の構造体を考え、A4判の縦半分程度のサイズで製作して使ったところ、穴の中心を捉える精度が上がり時間も短縮。「フレキシブル(柔軟)に動くベアリング(軸受け)を見て、『これなら行ける』と思った」と試行錯誤して完成させた。ベアリング効果で機体の形状にかかわらず使えるため、「修理時間が4分の1ほど短縮することができた」(滝澤1曹)と話す。

 4月に航空幕僚監部(東京)で表彰状を伝達され、滝澤1曹は「多くの方にフォローしていただいた」と周囲の協力に感謝。滝澤1曹自身は9年ぶり2度目の受賞と言い、「多くの仲間に改善意識、問題意識を持つ大切さを広めていきたい」と気持ちを新たにした。

 初受賞の加藤2曹も「大きな賞を頂き、良い経験になった。改善意識を持ち続けたい」と強調し、「自分が引っ張る立場になれば」と後進が続くことを期待。同じく初受賞の藤江3曹も「貴重な経験を伝えていけたら。若い後輩隊員の育成につながる」と気持ちを新たにしていた。

関連記事

室蘭民報

刈田神社に輝く神輿、遠田さんが寄贈【登別】

 登別市の総鎮守・刈田神社(登別市中央町、大西昇宮司)の女神輿(みこし)が更新された。戦前から使われていた神輿だが、部品が破損するなど老朽化が顕著になってきたところ、市内の建設会社役員・遠...

室蘭民報

健康支えた音楽レク、総合福祉センター指定管理者の内池さん夫妻【室蘭】

 老朽化などを理由に10月末で廃止となる室蘭市総合福祉センター(天神町)。約12年間にわたり指定管理者を務めてきた各種介護事業を行うタカラサービス(白鳥台)の内池宝代表取締役会長(76)は「自...

室蘭民報

ジャパネットの初クルーズで3200人が寄港【室蘭】

 イタリア船社が運航する大型客船MSCスプレンディダ(13万7936トン)が23日、室蘭港に寄港し、午後5時に出港した。テレビショッピングのジャパネットホールディングス初のチャータークルーズで...

室蘭民報

特定空き家の解体開始、市が管理人制度で初【室蘭】

 室蘭市は23日、屋根が劣化した危険な状態で放置されている「特定空き家」1棟の解体作業を始めた。民法に規定されている「不在者財産管理人制度」による対応。空き家対策で同制度に基づく解体は市内で初...

室蘭民報

ひまわりクラブのメンバーが好成績【室蘭、登別】

 第24回北海道障害者フライングディスク大会(北海道障害者フライングディスク連盟主催)で、室蘭、登別、伊達の障害者と保護者でつくる「心身障害児(者)と共に歩む会ひまわりクラブ」(前崎知子代表)...