北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

苫小牧民報

第2航空団修理隊の3人に文科大臣表彰 F15修理業務、10年かけ改善

受賞を喜ぶ(右から)加藤さん、滝澤さん、藤江さん

 航空自衛隊第2航空団(千歳)の整備補給群修理隊の3人が、「2018年度科学技術分野の文部科学大臣表彰」の創意工夫功労者賞に輝いた。3人はF15戦闘機の修理業務を、より安全で短時間にこなすため、自分たちで新たな部品を考えて製作したことが評価された。3人は「改善意識の大切さを隊内で伝えたい」と気持ちを新たにしている。

 3人は滝澤公昭1曹(51)、加藤恒生2曹(43)、藤江利至3曹(31)で、創意工夫の内容は「航空機外板テーパーロックファスナー用ドリルプレートの考案製作」。同賞は各職場で優れた創意工夫を発揮し、技術の改善向上などに貢献した人が対象で、18年度は全国2672人が応募し、受賞者は971人。うち自衛隊関係者は6人のみだった。

 3人は千歳基地でF15戦闘機の修理業務に当たっており、受賞テーマは約10年かけた改善の成果。先細りしたねじのような「テーパーロックファスナー」で外板を結合するが、この「ねじ穴」の中心を正確に捉え、固定するのに所定の時間を要していた。機体の形状は曲がっていたり、段差があったりするためで、滝澤1曹は「(修理は)正確に短時間で行う必要がある。(業務の)改良を重ねてきた」と振り返る。

 この業務内容を改善するため、球状の軸受けを付けた金属板の構造体を考え、A4判の縦半分程度のサイズで製作して使ったところ、穴の中心を捉える精度が上がり時間も短縮。「フレキシブル(柔軟)に動くベアリング(軸受け)を見て、『これなら行ける』と思った」と試行錯誤して完成させた。ベアリング効果で機体の形状にかかわらず使えるため、「修理時間が4分の1ほど短縮することができた」(滝澤1曹)と話す。

 4月に航空幕僚監部(東京)で表彰状を伝達され、滝澤1曹は「多くの方にフォローしていただいた」と周囲の協力に感謝。滝澤1曹自身は9年ぶり2度目の受賞と言い、「多くの仲間に改善意識、問題意識を持つ大切さを広めていきたい」と気持ちを新たにした。

 初受賞の加藤2曹も「大きな賞を頂き、良い経験になった。改善意識を持ち続けたい」と強調し、「自分が引っ張る立場になれば」と後進が続くことを期待。同じく初受賞の藤江3曹も「貴重な経験を伝えていけたら。若い後輩隊員の育成につながる」と気持ちを新たにしていた。

関連記事

十勝毎日新聞

藤田菜七子騎手に歓声 JRAジョッキーDAY【帯広】

 JRA(日本中央競馬)所属騎手によるばんえい競馬応援イベント「第12回JRAジョッキーDAY」が20日、帯広競馬場で開かれた。一昨年、JRA16年ぶりの女性騎手デビューを果たした藤田菜七子騎...

十勝毎日新聞

子ヤギの名前考えて! 「バズり」動画で脚光【清水】

 ツイッター上での再生回数が600万回を突破し、世界中の注目を集める十勝千年の森(清水町羽帯)の子ヤギについて、同森はチーズ工房のツイッター(@tokachiyagi)を通じて22日から名前を...

苫小牧民報

ピーチ新人CA、緊急事態対応を実習 日本航空専門学校が実機訓練施設貸し出..

 日本航空専門学校(千歳市)は、新千歳空港キャンパス=泉沢=内で実際の航空機を模した訓練施設「モックアップ」を格安航空会社(LCC)ピーチ・アビエーション(大阪府田尻町)の新人客室乗務員(CA)...

函館新聞

福島・岩部海岸クルーズが高評価 町民向けモニター乗船好調【福島】

 【福島】福島町まちづくり工房(代表理事・高木寿副町長)が町民対象に実施している「岩部海岸クルーズ」のモニター乗船が好評だ。利用者アンケートもほとんどが「非常に満足した」というもので、同法人は来...

函館新聞

蔦屋書店でGLAYの衣装展示 5年前の野外ライブで着用【函館】

 25、26日に緑の島(函館市大町)で開催される函館出身のロックバンド「GLAY」の野外ライブを記念し、函館蔦屋書店(石川町)は20日から、同店2階の大型モニター前にメンバー4人の衣装を展示して...