北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

苫小牧民報

第2航空団修理隊の3人に文科大臣表彰 F15修理業務、10年かけ改善

受賞を喜ぶ(右から)加藤さん、滝澤さん、藤江さん

 航空自衛隊第2航空団(千歳)の整備補給群修理隊の3人が、「2018年度科学技術分野の文部科学大臣表彰」の創意工夫功労者賞に輝いた。3人はF15戦闘機の修理業務を、より安全で短時間にこなすため、自分たちで新たな部品を考えて製作したことが評価された。3人は「改善意識の大切さを隊内で伝えたい」と気持ちを新たにしている。

 3人は滝澤公昭1曹(51)、加藤恒生2曹(43)、藤江利至3曹(31)で、創意工夫の内容は「航空機外板テーパーロックファスナー用ドリルプレートの考案製作」。同賞は各職場で優れた創意工夫を発揮し、技術の改善向上などに貢献した人が対象で、18年度は全国2672人が応募し、受賞者は971人。うち自衛隊関係者は6人のみだった。

 3人は千歳基地でF15戦闘機の修理業務に当たっており、受賞テーマは約10年かけた改善の成果。先細りしたねじのような「テーパーロックファスナー」で外板を結合するが、この「ねじ穴」の中心を正確に捉え、固定するのに所定の時間を要していた。機体の形状は曲がっていたり、段差があったりするためで、滝澤1曹は「(修理は)正確に短時間で行う必要がある。(業務の)改良を重ねてきた」と振り返る。

 この業務内容を改善するため、球状の軸受けを付けた金属板の構造体を考え、A4判の縦半分程度のサイズで製作して使ったところ、穴の中心を捉える精度が上がり時間も短縮。「フレキシブル(柔軟)に動くベアリング(軸受け)を見て、『これなら行ける』と思った」と試行錯誤して完成させた。ベアリング効果で機体の形状にかかわらず使えるため、「修理時間が4分の1ほど短縮することができた」(滝澤1曹)と話す。

 4月に航空幕僚監部(東京)で表彰状を伝達され、滝澤1曹は「多くの方にフォローしていただいた」と周囲の協力に感謝。滝澤1曹自身は9年ぶり2度目の受賞と言い、「多くの仲間に改善意識、問題意識を持つ大切さを広めていきたい」と気持ちを新たにした。

 初受賞の加藤2曹も「大きな賞を頂き、良い経験になった。改善意識を持ち続けたい」と強調し、「自分が引っ張る立場になれば」と後進が続くことを期待。同じく初受賞の藤江3曹も「貴重な経験を伝えていけたら。若い後輩隊員の育成につながる」と気持ちを新たにしていた。

関連記事

函館新聞

いさ鉄まもなく開業3周年 函館駅などで記念イベント【函館】

 道南いさりび鉄道(小上一郎社長)が開業3年を迎える。北海道新幹線とともに2016年3月26日、五稜郭―木古内間(37・8キロ)で開業。「いさ鉄」の愛称で親しまれ、沿線住民の足としてだけでなく...

函館新聞

8歳で英検準1級合格 附属小の小笠原君【函館】

 道教育大附属函館小学校3年の小笠原煌(こう)君が、8歳で実用英語技能検定(英検)の準1級に合格した。大学中級程度の英語力が求められ、8歳での合格は全国的も珍しいという。煌君は「達成感でいっぱい...

苫小牧民報

さよなら地球体験館 100人駆け付け閉館惜しむ-むかわ

 昨年9月の胆振東部地震で被災して今月末で閉館が決まったむかわ町穂別の「地球体験館」の最後のイベントが21日にあった。町内外から約100人が訪れて27年にわたって親しまれた施設に感謝と別れを告げ...

日高報知新聞

237人の特例申請が無効に【浦河】

 浦河町ふるさと納税への寄付者が確定申告が不要となる「ワンストップ特例制度」の町側事務処理ミスで、5946人分の申請データが未処理だった問題で、町は22日、臨時記者会見を開き、1都2県の237人の特...

日高報知新聞

珍しい〝暖〟ボールアート【様似】

【様似】札幌在住の桑折廣幸さん(68)のダンボールをキャンバスに制作した絵画展示「ひろ・くわおり〝暖”ボールアート 北の浮世絵展」が、町中央公民館ギャラリー21で始まり、入館者の目を引いている。31日まで...