北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

日高報知新聞

育苗種類増を検討へ【様似】

【様似】「カムバック1952 アポイ岳再生委員会」(渡辺定元・元立正大学、元東京大学教授)の総会が2日、アポイ岳調査研究支援センターで開かれ、平成30年度の事業計画などを確認した。

 再生委員会は平成17年、アポイ岳の希少な高山植物群落が国の特別天然記念物に指定された1952年(昭和27年)当時のように、高山植物が咲き誇るよう失われた「お花畑」を再生しようと、研究者やアポイファンクラブを主体に発足し活動している。

 委員会事業のドリームプロジェクト(ドリプロ)には様似中生徒も加わり、5合目付近の試験地で高山植物の種をまき、育苗栽培に取り組んでいる。  総会には副会長で静岡大の増沢武弘特任教授をはじめ、研究者やファンクラブ、役場、町教委らの委員会役員と関係行政・研究機関関係者ら33人が出席。増沢副会長は「今年以降の取り組みが非常に重要になってくる」と話した。

 現在ドリプロで取り組んでいる高山植物はアポイアズマギクとエゾコウゾリナの2種限定のため、育苗種類を増やすことを検討する。10月には日本ジオパーク全国大会が様似町で開かれるため、関係機関とともに協力し、アポイ岳の高山植物をアピールしていく方針だ。

 また、総会を前に同日、アポイ岳試験地で委員会メンバーや関係者約25人による現地作業を実施した。  総会では、様似町長の諮問機関として研究者らでつくるアポイ環境科学委員会(会長・佐藤謙北海学園大学名誉教授)の活動経過も報告。科学委員会は30年度まで文科省の助成を受け、高山植物に影響を及ぼしているハイマツの試験除去による再生の検証や、絶滅の危機にあるヒダカソウの再生技術の確立に向けた研究などに取り組み、今年からドリプロとも連携している。

総会前に行われた5合目付近の高山植物栽培試験地での作業

総会であいさつする増沢教授

関連記事

室蘭民報

刈田神社に輝く神輿、遠田さんが寄贈【登別】

 登別市の総鎮守・刈田神社(登別市中央町、大西昇宮司)の女神輿(みこし)が更新された。戦前から使われていた神輿だが、部品が破損するなど老朽化が顕著になってきたところ、市内の建設会社役員・遠...

室蘭民報

健康支えた音楽レク、総合福祉センター指定管理者の内池さん夫妻【室蘭】

 老朽化などを理由に10月末で廃止となる室蘭市総合福祉センター(天神町)。約12年間にわたり指定管理者を務めてきた各種介護事業を行うタカラサービス(白鳥台)の内池宝代表取締役会長(76)は「自...

室蘭民報

ジャパネットの初クルーズで3200人が寄港【室蘭】

 イタリア船社が運航する大型客船MSCスプレンディダ(13万7936トン)が23日、室蘭港に寄港し、午後5時に出港した。テレビショッピングのジャパネットホールディングス初のチャータークルーズで...

室蘭民報

特定空き家の解体開始、市が管理人制度で初【室蘭】

 室蘭市は23日、屋根が劣化した危険な状態で放置されている「特定空き家」1棟の解体作業を始めた。民法に規定されている「不在者財産管理人制度」による対応。空き家対策で同制度に基づく解体は市内で初...

室蘭民報

ひまわりクラブのメンバーが好成績【室蘭、登別】

 第24回北海道障害者フライングディスク大会(北海道障害者フライングディスク連盟主催)で、室蘭、登別、伊達の障害者と保護者でつくる「心身障害児(者)と共に歩む会ひまわりクラブ」(前崎知子代表)...