北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

日高報知新聞

育苗種類増を検討へ【様似】

【様似】「カムバック1952 アポイ岳再生委員会」(渡辺定元・元立正大学、元東京大学教授)の総会が2日、アポイ岳調査研究支援センターで開かれ、平成30年度の事業計画などを確認した。

 再生委員会は平成17年、アポイ岳の希少な高山植物群落が国の特別天然記念物に指定された1952年(昭和27年)当時のように、高山植物が咲き誇るよう失われた「お花畑」を再生しようと、研究者やアポイファンクラブを主体に発足し活動している。

 委員会事業のドリームプロジェクト(ドリプロ)には様似中生徒も加わり、5合目付近の試験地で高山植物の種をまき、育苗栽培に取り組んでいる。  総会には副会長で静岡大の増沢武弘特任教授をはじめ、研究者やファンクラブ、役場、町教委らの委員会役員と関係行政・研究機関関係者ら33人が出席。増沢副会長は「今年以降の取り組みが非常に重要になってくる」と話した。

 現在ドリプロで取り組んでいる高山植物はアポイアズマギクとエゾコウゾリナの2種限定のため、育苗種類を増やすことを検討する。10月には日本ジオパーク全国大会が様似町で開かれるため、関係機関とともに協力し、アポイ岳の高山植物をアピールしていく方針だ。

 また、総会を前に同日、アポイ岳試験地で委員会メンバーや関係者約25人による現地作業を実施した。  総会では、様似町長の諮問機関として研究者らでつくるアポイ環境科学委員会(会長・佐藤謙北海学園大学名誉教授)の活動経過も報告。科学委員会は30年度まで文科省の助成を受け、高山植物に影響を及ぼしているハイマツの試験除去による再生の検証や、絶滅の危機にあるヒダカソウの再生技術の確立に向けた研究などに取り組み、今年からドリプロとも連携している。

総会前に行われた5合目付近の高山植物栽培試験地での作業

総会であいさつする増沢教授

関連記事

室蘭民報

地元食べ歩き「最高」―伊達バル街17店にぎわう【伊達】

 伊達市内の飲食店をスペインの立ち飲み居酒屋・バルのように食べ飲み歩くイベント「伊達バル街」が21日開かれ、大勢の市民が各店自慢の料理とお酒を心ゆくまで楽しんだ。  飲食店などでつくる実行委...

室蘭民報

登別カントリー倶楽部のカートにiPadナビを導入【登別】

 ゴルフリゾート施設・登別カントリー倶楽部(登別市上登別町、東勝彦支配人)は、2人乗りカート80台に、タブレット端末・ipadを導入した。ナビゲーション機能を搭載しており、コース情報やピンまで...

室蘭民報

喜ばれるコースに、室蘭GC支配人に伴さんが就任【室蘭】

 室蘭ゴルフ倶楽部(GC、崎守町)の支配人に、伴くみこさん(42)が就任する。メンバーに喜んでもらえるゴルフ場を目指しながら、室蘭の新たな観光拠点として道内外から広く利用者を集めたい考えだ。 ...

室蘭民報

絵鞆と崎守の2港に「型良し」噴火湾毛ガニ初水揚げ【室蘭】

 噴火湾海域の毛ガニかご試験操業が20日解禁となり、室蘭漁協に所属する4隻は22日朝、絵鞆と崎守の2港に初水揚げした。初日の漁獲高は前年を50キロ下回り、漁業関係者からはため息が漏れる。  ...

函館新聞

ダニ媒介脳炎の闘病語る 感染症研究者ら北斗の佐藤さん宅訪問【北斗】

 【北斗】ダニを媒介した感染症の研究者や医療、行政関係者ら約60人が16日、国内最初のロシア春夏脳炎(ダニ媒介脳炎)に発症した佐藤厚子さん(61)宅=北斗市三ツ石=を訪問し、闘病体験を聴いた...