北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

日高報知新聞

育苗種類増を検討へ【様似】

【様似】「カムバック1952 アポイ岳再生委員会」(渡辺定元・元立正大学、元東京大学教授)の総会が2日、アポイ岳調査研究支援センターで開かれ、平成30年度の事業計画などを確認した。

 再生委員会は平成17年、アポイ岳の希少な高山植物群落が国の特別天然記念物に指定された1952年(昭和27年)当時のように、高山植物が咲き誇るよう失われた「お花畑」を再生しようと、研究者やアポイファンクラブを主体に発足し活動している。

 委員会事業のドリームプロジェクト(ドリプロ)には様似中生徒も加わり、5合目付近の試験地で高山植物の種をまき、育苗栽培に取り組んでいる。  総会には副会長で静岡大の増沢武弘特任教授をはじめ、研究者やファンクラブ、役場、町教委らの委員会役員と関係行政・研究機関関係者ら33人が出席。増沢副会長は「今年以降の取り組みが非常に重要になってくる」と話した。

 現在ドリプロで取り組んでいる高山植物はアポイアズマギクとエゾコウゾリナの2種限定のため、育苗種類を増やすことを検討する。10月には日本ジオパーク全国大会が様似町で開かれるため、関係機関とともに協力し、アポイ岳の高山植物をアピールしていく方針だ。

 また、総会を前に同日、アポイ岳試験地で委員会メンバーや関係者約25人による現地作業を実施した。  総会では、様似町長の諮問機関として研究者らでつくるアポイ環境科学委員会(会長・佐藤謙北海学園大学名誉教授)の活動経過も報告。科学委員会は30年度まで文科省の助成を受け、高山植物に影響を及ぼしているハイマツの試験除去による再生の検証や、絶滅の危機にあるヒダカソウの再生技術の確立に向けた研究などに取り組み、今年からドリプロとも連携している。

総会前に行われた5合目付近の高山植物栽培試験地での作業

総会であいさつする増沢教授

関連記事

日高報知新聞

日高の馬の歴史・文化学ぶ【浦河】

 日高振興局主催の「馬文化出前教室」が18日、浦河町荻伏小(金澤覚校長、児童65人)で開かれ、4年生8人が日高の馬の歴史や産業について学んだ。  馬文化出前教室は、馬産地・日高の未来を担う管内の...

日高報知新聞

えりも中1年が植樹体験【えりも】

【えりも】えりも中(玉手広昭校長)の1年生46人が17日、えりも高(佐藤健校長)との連携型中高一貫の環境教育「百人浜に学ぶ」フィールド学習で、えりも岬百人浜の国有林に6種類の落葉広葉樹の苗木100...

苫小牧民報

ガイラルディア6連覇、悲願の日本一へ弾み 女子軟式野球・春季全道大会

 女子軟式野球チームの苫小牧ガイラルディアがこのほど、札幌市で開催された太陽グループ旗争奪第21回春季北海道女子軟式野球大会で優勝し、全道大会6連覇の偉業を達成した。8月の全国大会へ向け、大きな...

苫小牧民報

被災地厚真町を応援、ハスカップティー販売始まる エア・ドゥ、来月は機内サ..

 苫小牧市元中野町の「はすかっぷサービス」(大西育子代表)が製造しているハスカップティーが、AIRDO(エア・ドゥ)の機内販売商品に採用され、今月から全路線で販売が始まった。7月には機内ドリンク...

室蘭民報

岩手で制作された般若面が白老で発見、登別で展示中【登別】

 のぼりべつ文化交流館カント・レラ(登別市登別温泉町)で23日まで行われている造形のつどい展に、一風変わった作品が並んでいる。金剛力士像をほうふつさせるような、勇猛さがひしひしと伝わる木彫りの面...