北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

日高報知新聞

育苗種類増を検討へ【様似】

【様似】「カムバック1952 アポイ岳再生委員会」(渡辺定元・元立正大学、元東京大学教授)の総会が2日、アポイ岳調査研究支援センターで開かれ、平成30年度の事業計画などを確認した。

 再生委員会は平成17年、アポイ岳の希少な高山植物群落が国の特別天然記念物に指定された1952年(昭和27年)当時のように、高山植物が咲き誇るよう失われた「お花畑」を再生しようと、研究者やアポイファンクラブを主体に発足し活動している。

 委員会事業のドリームプロジェクト(ドリプロ)には様似中生徒も加わり、5合目付近の試験地で高山植物の種をまき、育苗栽培に取り組んでいる。  総会には副会長で静岡大の増沢武弘特任教授をはじめ、研究者やファンクラブ、役場、町教委らの委員会役員と関係行政・研究機関関係者ら33人が出席。増沢副会長は「今年以降の取り組みが非常に重要になってくる」と話した。

 現在ドリプロで取り組んでいる高山植物はアポイアズマギクとエゾコウゾリナの2種限定のため、育苗種類を増やすことを検討する。10月には日本ジオパーク全国大会が様似町で開かれるため、関係機関とともに協力し、アポイ岳の高山植物をアピールしていく方針だ。

 また、総会を前に同日、アポイ岳試験地で委員会メンバーや関係者約25人による現地作業を実施した。  総会では、様似町長の諮問機関として研究者らでつくるアポイ環境科学委員会(会長・佐藤謙北海学園大学名誉教授)の活動経過も報告。科学委員会は30年度まで文科省の助成を受け、高山植物に影響を及ぼしているハイマツの試験除去による再生の検証や、絶滅の危機にあるヒダカソウの再生技術の確立に向けた研究などに取り組み、今年からドリプロとも連携している。

総会前に行われた5合目付近の高山植物栽培試験地での作業

総会であいさつする増沢教授

関連記事

根室新聞

飲むのが楽しみ 北の勝「搾りたて」発売【根室】

 管内唯一の地酒「北の勝」の醸造元・碓氷勝三郎商店(碓氷ミナ子店主)は23日、「北の勝 搾りたて」を発売した。市内酒店やスーパーなどでは、人気の限定酒を手に入れようと長蛇の列ができた。このうち市...

根室新聞

日ロ首脳、交渉さらに前進で一致 元島民は「具体的成果を」【根室】

 安倍晋三首相は22日、モスクワでロシアのプーチン大統領と首脳会談を行った。平和条約交渉締結に向け、2月の開催が予定されているミュンヘン安保会議の際に外相間で次回交渉を行うとともに、首脳特別代表間...

日高報知新聞

地酒の名称「海桜丸」に【新ひだか】

【新ひだか】新ひだか町地酒づくり協議会(会長・佐藤雅裕新ひだか観光協会長)は、7日まで募集していた静内産酒米を使った地酒の名称が「海桜丸」に決まったと発表した。  静内産米は、農産物の地産池消の...

日高報知新聞

全線復旧変えていない【浦河】

 浦河町議会は22日、町議会臨時会後に全員協議会を開き、丸4年以上運休が続くJR日高線問題について協議し、町長や各議員が意見を述べた。  12月25日の町長会議で、浦河町の池田拓町長以外の管内6町が、...

苫小牧民報

仮設店舗、被災3町で着工 計10店が入居予定、3月オープンへ

 厚真、安平、むかわ3町で、胆振東部地震で被災した小売店や飲食店などの仮設店舗の建設が始まった。3町で計10店が入居する予定で、2月末に完成、3月にオープンする。店が壊れて休業などを余儀なくされ...