北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

函館新聞

国立函館病院に重心病棟 20年めどに機能移転【函館】

看護学校が撤去された国立函館病院内の敷地。八雲病院から機能移転される重症心身障害病床の病棟が建設される(提供)

 国立病院機構函館病院(函館市川原町、加藤元嗣院長)は、2011年3月に閉校し同院敷地内に残されていた附属看護学校の建物の撤去作業を5月中に完了した。跡地には同機構の再編成で、八雲病院(八雲町宮園町)から機能移転される「重症心身障害病床」の新病棟を、20年をめどに建設する予定。加藤院長は「機能の移転で道南地域におけるセーフティー分野の専門的医療を担う重要な役割が課せられることになる。八雲が培ってきたノウハウをしっかりと引き継いでいきたい」と話している。

 八雲病院では長年にわたり、筋ジストロフィーと重症心身障害の専門医療施設として高度な治療を行ってきた。しかし、専門医の確保が難しいことなどから、同機構では15年に、北海道医療センター(札幌市)に筋ジストロフィーと重症心身障害の専門施設を建設し、函館病院に「重症心身障害病床」の病床を移転することを決定した。

 これにより函館病院は、現在の治療分野「循環器病」「がん」「呼吸器疾患」に、「重症心身障害」が新たに加わり、急性期から慢性期、セーフティネット分野にわたる専門的医療や臨床研究、教育研修および情報発信の総合的な機能を備えた病院となる。

 看護学校跡地には病床数60程度の新病棟を建設する予定。加藤院長は「(八雲病院の)重症心身障害患者の家族は函館の人が多いので、移転により移動の負担は軽減されるはず。八雲での専門的医療体制の質をさらに高めながら、よりよい環境整備に力を入れる。これまで以上に地域に愛される病院を目指していきたい」と意欲を見せている。

関連記事

十勝毎日新聞

路線バス国内客も乗り放題 2社がパス【十勝】

 十勝バス(帯広、野村文吾社長)と北海道拓殖バス(音更、中木雄三郎社長)は、昨年から十勝を訪れる外国人観光客向けに発売している「VISIT TOKACHI PASS」を、11月から日本人観光客向...

十勝毎日新聞

26、27日に「カレー」上映 見て「食べよう」【池田】

 池田町内の映画愛好家でつくる池田映画研究会(宮澤嘉裕会長、会員8人)は26、27の両日、町中心市街地にある交流スペース「Ponte(ポンテ)」(大通4)でドキュメンタリー映画「カレーライスを一...

十勝毎日新聞

水害きっかけ「いももっち」 まりも製薬【帯広】

 健康食品など製造販売の「まりも製薬」(帯広、河端ミカ社長)は、十勝産の「インカのめざめ」を使ったイモ団子「いももっち」2品を商品化し、販売している。袋のまま電子レンジで温めて食べられる。  ...

室蘭民報

刈田神社に輝く神輿、遠田さんが寄贈【登別】

 登別市の総鎮守・刈田神社(登別市中央町、大西昇宮司)の女神輿(みこし)が更新された。戦前から使われていた神輿だが、部品が破損するなど老朽化が顕著になってきたところ、市内の建設会社役員・遠...

室蘭民報

健康支えた音楽レク、総合福祉センター指定管理者の内池さん夫妻【室蘭】

 老朽化などを理由に10月末で廃止となる室蘭市総合福祉センター(天神町)。約12年間にわたり指定管理者を務めてきた各種介護事業を行うタカラサービス(白鳥台)の内池宝代表取締役会長(76)は「自...