北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

苫小牧民報

初の噴火災害対処訓練 陸自第71戦車連隊、来月有珠山で

有珠山で大島准教授(手前右)の説明を聞く大北連隊長(同2人目)ら

 陸上自衛隊第7師団第71戦車連隊(北千歳駐屯地)が7月、有珠山で初めての噴火災害対処訓練を行う。西胆振を警備隊区とする同連隊は、2000年3月の有珠山噴火でも、基幹となって災害対応を経験。今回は同連隊が各自治体に提案し、初の実動訓練を計画しており、5日には現地で事前研修を行った。

 同連隊は登別以西の西胆振6市町が隊区。00年3月の有珠山噴火は適切な予報で、人的被害が出なかった噴火災害として知られるが、同連隊も装甲車などを出動させ、地域住民の避難などに尽力。同連隊は各自治体と連携を深め、認識の統一を図ろうと、実動訓練を初めて企画立案。7月10~12日に伊達市、壮瞥町、洞爺湖町の各自治体、伊達署、西胆振行政事務組合と行う予定だ。

 実動訓練は有珠山噴火を想定し、7月10日に北千歳駐屯地で情報収集や部隊の派遣準備をし、同11、12両日は1市2町に部隊を展開する。地域住民の避難誘導がメインで、73式装甲車で人員輸送する他、炊事や給水などの医療支援なども計画。00年の噴火対応と今回の訓練を対比して、さらなる備えを構築する。

 5日は同連隊の大北知史連隊長ら隊員約40人をはじめ、伊達、洞爺湖町、壮瞥町、豊浦町の防災担当者らが有珠山で事前研修を行った。大島弘光・北大地震火山研究観測センター火山活動研究分野特任准教授を講師に招き、南西外輪山や00年噴火時の断層などを見て回り、火山活動の実態や噴火当時の状況などを再確認した。

 大島准教授は平均約30年周期で噴火する有珠山の火山活動や、00年は噴火前に山に亀裂が生じたことを触れ、隊員らに「事前監視で亀裂をぜひ見付けて。偽の情報かもしれなくても確認する」などと述べた。隊員らは「亀裂はどのように発見したのか」「有感地震の予知の現状は」などと積極的に質問し、有珠山への理解を深めた。

 大北連隊長は「自衛隊も有珠山噴火を経験した人が少なくなっている。(このままでは)ノウハウが失われる」と指摘し、「監視計画を作って準備する。過去の教訓を洗い直し、自治体や消防などとも連携しながら、より良い対処計画にしたい」と意欲。同連隊は研修を踏まえて想定をさらに練り、実動訓練で有事への備えとする。

関連記事

根室新聞

飲むのが楽しみ 北の勝「搾りたて」発売【根室】

 管内唯一の地酒「北の勝」の醸造元・碓氷勝三郎商店(碓氷ミナ子店主)は23日、「北の勝 搾りたて」を発売した。市内酒店やスーパーなどでは、人気の限定酒を手に入れようと長蛇の列ができた。このうち市...

根室新聞

日ロ首脳、交渉さらに前進で一致 元島民は「具体的成果を」【根室】

 安倍晋三首相は22日、モスクワでロシアのプーチン大統領と首脳会談を行った。平和条約交渉締結に向け、2月の開催が予定されているミュンヘン安保会議の際に外相間で次回交渉を行うとともに、首脳特別代表間...

日高報知新聞

地酒の名称「海桜丸」に【新ひだか】

【新ひだか】新ひだか町地酒づくり協議会(会長・佐藤雅裕新ひだか観光協会長)は、7日まで募集していた静内産酒米を使った地酒の名称が「海桜丸」に決まったと発表した。  静内産米は、農産物の地産池消の...

日高報知新聞

全線復旧変えていない【浦河】

 浦河町議会は22日、町議会臨時会後に全員協議会を開き、丸4年以上運休が続くJR日高線問題について協議し、町長や各議員が意見を述べた。  12月25日の町長会議で、浦河町の池田拓町長以外の管内6町が、...

苫小牧民報

仮設店舗、被災3町で着工 計10店が入居予定、3月オープンへ

 厚真、安平、むかわ3町で、胆振東部地震で被災した小売店や飲食店などの仮設店舗の建設が始まった。3町で計10店が入居する予定で、2月末に完成、3月にオープンする。店が壊れて休業などを余儀なくされ...