北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

日高報知新聞

浦河海保庁舎 高台に移転【浦河】

 浦河港に面し、平成23年3月の東日本大震災の津波被害も受けた浦河町大通1の浦河海上保安署庁舎が、高台に位置し平成21年の無人化で施設廃止となっている潮見町の旧浦河測候所に移転する。現在、改修工事が行われ、工期は来年1月中旬まで。

 鉄筋コンクリート造3階建て(約669平方㍍)の現浦河海保庁舎は昭和55年に建設し、38年が経過。老朽、狭あい化が進んでいるほか、海に近い海抜1・9㍍地点に位置し、たびたび津波被害にあっている。

 平成23年の「3・11」では機械室や倉庫・車庫がある庁舎1階(事務所・署長室は2階)が1・6㍍の高さまで津波が押し寄せており、「防災官署としての機能を満たせていない状況」(道開発局営繕整備課)という。

 一方、市街地や港を望む海抜約32㍍地点にある鉄筋コンクリート造3階建ての旧測候所施設は、平成7年に完成。全国各地の測候所の無人化で、21年10月に施設廃止となり9年が経過している比較的新しい施設だ。

 移転に向け、4月から改修工事に入った。施設東側の渡り廊下でつながる旧現業室は築30年以上が経過しているため、廊下とともに取り壊した。

 改修後の施設は約890平方㍍と現海保庁舎より広く、1階に業務室や機械室、倉庫、2階には現庁舎にはなかった会議室や書庫、更衣室、エントランス、3階に署長室、事務室、業務室の配置となる予定。

 改修工事は、本体建築がポリマー工業(工事費8150万円)、機械設備が池田煖房工業(7700万円)、電気設備が新興電気(7780万円)。

 移転後の現庁舎は国の財産管理に移り、浦河海保では使用しない。改修施設の近くにある気象庁の自動観測システム「浦河特別地域気象観測所」はそのまま継続する。

関連記事

十勝毎日新聞

路線バス国内客も乗り放題 2社がパス【十勝】

 十勝バス(帯広、野村文吾社長)と北海道拓殖バス(音更、中木雄三郎社長)は、昨年から十勝を訪れる外国人観光客向けに発売している「VISIT TOKACHI PASS」を、11月から日本人観光客向...

十勝毎日新聞

26、27日に「カレー」上映 見て「食べよう」【池田】

 池田町内の映画愛好家でつくる池田映画研究会(宮澤嘉裕会長、会員8人)は26、27の両日、町中心市街地にある交流スペース「Ponte(ポンテ)」(大通4)でドキュメンタリー映画「カレーライスを一...

十勝毎日新聞

水害きっかけ「いももっち」 まりも製薬【帯広】

 健康食品など製造販売の「まりも製薬」(帯広、河端ミカ社長)は、十勝産の「インカのめざめ」を使ったイモ団子「いももっち」2品を商品化し、販売している。袋のまま電子レンジで温めて食べられる。  ...

室蘭民報

刈田神社に輝く神輿、遠田さんが寄贈【登別】

 登別市の総鎮守・刈田神社(登別市中央町、大西昇宮司)の女神輿(みこし)が更新された。戦前から使われていた神輿だが、部品が破損するなど老朽化が顕著になってきたところ、市内の建設会社役員・遠...

室蘭民報

健康支えた音楽レク、総合福祉センター指定管理者の内池さん夫妻【室蘭】

 老朽化などを理由に10月末で廃止となる室蘭市総合福祉センター(天神町)。約12年間にわたり指定管理者を務めてきた各種介護事業を行うタカラサービス(白鳥台)の内池宝代表取締役会長(76)は「自...