北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

日高報知新聞

浦河海保庁舎 高台に移転【浦河】

 浦河港に面し、平成23年3月の東日本大震災の津波被害も受けた浦河町大通1の浦河海上保安署庁舎が、高台に位置し平成21年の無人化で施設廃止となっている潮見町の旧浦河測候所に移転する。現在、改修工事が行われ、工期は来年1月中旬まで。

 鉄筋コンクリート造3階建て(約669平方㍍)の現浦河海保庁舎は昭和55年に建設し、38年が経過。老朽、狭あい化が進んでいるほか、海に近い海抜1・9㍍地点に位置し、たびたび津波被害にあっている。

 平成23年の「3・11」では機械室や倉庫・車庫がある庁舎1階(事務所・署長室は2階)が1・6㍍の高さまで津波が押し寄せており、「防災官署としての機能を満たせていない状況」(道開発局営繕整備課)という。

 一方、市街地や港を望む海抜約32㍍地点にある鉄筋コンクリート造3階建ての旧測候所施設は、平成7年に完成。全国各地の測候所の無人化で、21年10月に施設廃止となり9年が経過している比較的新しい施設だ。

 移転に向け、4月から改修工事に入った。施設東側の渡り廊下でつながる旧現業室は築30年以上が経過しているため、廊下とともに取り壊した。

 改修後の施設は約890平方㍍と現海保庁舎より広く、1階に業務室や機械室、倉庫、2階には現庁舎にはなかった会議室や書庫、更衣室、エントランス、3階に署長室、事務室、業務室の配置となる予定。

 改修工事は、本体建築がポリマー工業(工事費8150万円)、機械設備が池田煖房工業(7700万円)、電気設備が新興電気(7780万円)。

 移転後の現庁舎は国の財産管理に移り、浦河海保では使用しない。改修施設の近くにある気象庁の自動観測システム「浦河特別地域気象観測所」はそのまま継続する。

関連記事

十勝毎日新聞

藤田菜七子騎手に歓声 JRAジョッキーDAY【帯広】

 JRA(日本中央競馬)所属騎手によるばんえい競馬応援イベント「第12回JRAジョッキーDAY」が20日、帯広競馬場で開かれた。一昨年、JRA16年ぶりの女性騎手デビューを果たした藤田菜七子騎...

十勝毎日新聞

子ヤギの名前考えて! 「バズり」動画で脚光【清水】

 ツイッター上での再生回数が600万回を突破し、世界中の注目を集める十勝千年の森(清水町羽帯)の子ヤギについて、同森はチーズ工房のツイッター(@tokachiyagi)を通じて22日から名前を...

苫小牧民報

ピーチ新人CA、緊急事態対応を実習 日本航空専門学校が実機訓練施設貸し出..

 日本航空専門学校(千歳市)は、新千歳空港キャンパス=泉沢=内で実際の航空機を模した訓練施設「モックアップ」を格安航空会社(LCC)ピーチ・アビエーション(大阪府田尻町)の新人客室乗務員(CA)...

函館新聞

福島・岩部海岸クルーズが高評価 町民向けモニター乗船好調【福島】

 【福島】福島町まちづくり工房(代表理事・高木寿副町長)が町民対象に実施している「岩部海岸クルーズ」のモニター乗船が好評だ。利用者アンケートもほとんどが「非常に満足した」というもので、同法人は来...

函館新聞

蔦屋書店でGLAYの衣装展示 5年前の野外ライブで着用【函館】

 25、26日に緑の島(函館市大町)で開催される函館出身のロックバンド「GLAY」の野外ライブを記念し、函館蔦屋書店(石川町)は20日から、同店2階の大型モニター前にメンバー4人の衣装を展示して...