北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

日高報知新聞

浦河海保庁舎 高台に移転【浦河】

 浦河港に面し、平成23年3月の東日本大震災の津波被害も受けた浦河町大通1の浦河海上保安署庁舎が、高台に位置し平成21年の無人化で施設廃止となっている潮見町の旧浦河測候所に移転する。現在、改修工事が行われ、工期は来年1月中旬まで。

 鉄筋コンクリート造3階建て(約669平方㍍)の現浦河海保庁舎は昭和55年に建設し、38年が経過。老朽、狭あい化が進んでいるほか、海に近い海抜1・9㍍地点に位置し、たびたび津波被害にあっている。

 平成23年の「3・11」では機械室や倉庫・車庫がある庁舎1階(事務所・署長室は2階)が1・6㍍の高さまで津波が押し寄せており、「防災官署としての機能を満たせていない状況」(道開発局営繕整備課)という。

 一方、市街地や港を望む海抜約32㍍地点にある鉄筋コンクリート造3階建ての旧測候所施設は、平成7年に完成。全国各地の測候所の無人化で、21年10月に施設廃止となり9年が経過している比較的新しい施設だ。

 移転に向け、4月から改修工事に入った。施設東側の渡り廊下でつながる旧現業室は築30年以上が経過しているため、廊下とともに取り壊した。

 改修後の施設は約890平方㍍と現海保庁舎より広く、1階に業務室や機械室、倉庫、2階には現庁舎にはなかった会議室や書庫、更衣室、エントランス、3階に署長室、事務室、業務室の配置となる予定。

 改修工事は、本体建築がポリマー工業(工事費8150万円)、機械設備が池田煖房工業(7700万円)、電気設備が新興電気(7780万円)。

 移転後の現庁舎は国の財産管理に移り、浦河海保では使用しない。改修施設の近くにある気象庁の自動観測システム「浦河特別地域気象観測所」はそのまま継続する。

関連記事

室蘭民報

地元食べ歩き「最高」―伊達バル街17店にぎわう【伊達】

 伊達市内の飲食店をスペインの立ち飲み居酒屋・バルのように食べ飲み歩くイベント「伊達バル街」が21日開かれ、大勢の市民が各店自慢の料理とお酒を心ゆくまで楽しんだ。  飲食店などでつくる実行委...

室蘭民報

登別カントリー倶楽部のカートにiPadナビを導入【登別】

 ゴルフリゾート施設・登別カントリー倶楽部(登別市上登別町、東勝彦支配人)は、2人乗りカート80台に、タブレット端末・ipadを導入した。ナビゲーション機能を搭載しており、コース情報やピンまで...

室蘭民報

喜ばれるコースに、室蘭GC支配人に伴さんが就任【室蘭】

 室蘭ゴルフ倶楽部(GC、崎守町)の支配人に、伴くみこさん(42)が就任する。メンバーに喜んでもらえるゴルフ場を目指しながら、室蘭の新たな観光拠点として道内外から広く利用者を集めたい考えだ。 ...

室蘭民報

絵鞆と崎守の2港に「型良し」噴火湾毛ガニ初水揚げ【室蘭】

 噴火湾海域の毛ガニかご試験操業が20日解禁となり、室蘭漁協に所属する4隻は22日朝、絵鞆と崎守の2港に初水揚げした。初日の漁獲高は前年を50キロ下回り、漁業関係者からはため息が漏れる。  ...

函館新聞

ダニ媒介脳炎の闘病語る 感染症研究者ら北斗の佐藤さん宅訪問【北斗】

 【北斗】ダニを媒介した感染症の研究者や医療、行政関係者ら約60人が16日、国内最初のロシア春夏脳炎(ダニ媒介脳炎)に発症した佐藤厚子さん(61)宅=北斗市三ツ石=を訪問し、闘病体験を聴いた...