北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

日高報知新聞

浦河海保庁舎 高台に移転【浦河】

 浦河港に面し、平成23年3月の東日本大震災の津波被害も受けた浦河町大通1の浦河海上保安署庁舎が、高台に位置し平成21年の無人化で施設廃止となっている潮見町の旧浦河測候所に移転する。現在、改修工事が行われ、工期は来年1月中旬まで。

 鉄筋コンクリート造3階建て(約669平方㍍)の現浦河海保庁舎は昭和55年に建設し、38年が経過。老朽、狭あい化が進んでいるほか、海に近い海抜1・9㍍地点に位置し、たびたび津波被害にあっている。

 平成23年の「3・11」では機械室や倉庫・車庫がある庁舎1階(事務所・署長室は2階)が1・6㍍の高さまで津波が押し寄せており、「防災官署としての機能を満たせていない状況」(道開発局営繕整備課)という。

 一方、市街地や港を望む海抜約32㍍地点にある鉄筋コンクリート造3階建ての旧測候所施設は、平成7年に完成。全国各地の測候所の無人化で、21年10月に施設廃止となり9年が経過している比較的新しい施設だ。

 移転に向け、4月から改修工事に入った。施設東側の渡り廊下でつながる旧現業室は築30年以上が経過しているため、廊下とともに取り壊した。

 改修後の施設は約890平方㍍と現海保庁舎より広く、1階に業務室や機械室、倉庫、2階には現庁舎にはなかった会議室や書庫、更衣室、エントランス、3階に署長室、事務室、業務室の配置となる予定。

 改修工事は、本体建築がポリマー工業(工事費8150万円)、機械設備が池田煖房工業(7700万円)、電気設備が新興電気(7780万円)。

 移転後の現庁舎は国の財産管理に移り、浦河海保では使用しない。改修施設の近くにある気象庁の自動観測システム「浦河特別地域気象観測所」はそのまま継続する。

関連記事

函館新聞

いさ鉄まもなく開業3周年 函館駅などで記念イベント【函館】

 道南いさりび鉄道(小上一郎社長)が開業3年を迎える。北海道新幹線とともに2016年3月26日、五稜郭―木古内間(37・8キロ)で開業。「いさ鉄」の愛称で親しまれ、沿線住民の足としてだけでなく...

函館新聞

8歳で英検準1級合格 附属小の小笠原君【函館】

 道教育大附属函館小学校3年の小笠原煌(こう)君が、8歳で実用英語技能検定(英検)の準1級に合格した。大学中級程度の英語力が求められ、8歳での合格は全国的も珍しいという。煌君は「達成感でいっぱい...

苫小牧民報

さよなら地球体験館 100人駆け付け閉館惜しむ-むかわ

 昨年9月の胆振東部地震で被災して今月末で閉館が決まったむかわ町穂別の「地球体験館」の最後のイベントが21日にあった。町内外から約100人が訪れて27年にわたって親しまれた施設に感謝と別れを告げ...

日高報知新聞

237人の特例申請が無効に【浦河】

 浦河町ふるさと納税への寄付者が確定申告が不要となる「ワンストップ特例制度」の町側事務処理ミスで、5946人分の申請データが未処理だった問題で、町は22日、臨時記者会見を開き、1都2県の237人の特...

日高報知新聞

珍しい〝暖〟ボールアート【様似】

【様似】札幌在住の桑折廣幸さん(68)のダンボールをキャンバスに制作した絵画展示「ひろ・くわおり〝暖”ボールアート 北の浮世絵展」が、町中央公民館ギャラリー21で始まり、入館者の目を引いている。31日まで...