北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

日高報知新聞

イチャルパと文化交流会【新ひだか】

【新ひだか】NPO法人新ひだかアイヌ協会(大川勝会長)主催の第30回イチャルパ(先祖供養)とアイヌ文化交流会が3日、静内真歌のチセ(伝統民家)で開かれ、静内霊園の無縁佛納骨堂に眠る先祖の霊を慰めた。

 静内地区では、平成元年度から11年度にかけて町や道、北海道アイヌ協会の協力や事業支援で、地区内の10の共同墓地に散在し荒廃していたアイヌ系住民の無縁墓地の墓地改葬事業を実施。2695体を静内霊園内の2棟の無縁佛納骨堂に安置している。

 イチャルパは、これら先祖を伝統的な儀式で供養する催しとして今年で30年の実施となる。

 復元したアイヌ住居のチセと敷地内で開かれたイチャルパには、大川会長ら支部会員、三石や浦河、新冠、むかわ、白老の各アイヌ協会関係者、大野克之町長、福嶋尚人町議会議長、山岡達丸衆議、藤沢澄雄、金岩武吉両道議ら来賓を含めて約120人が出席。

 菅原勝吉さんを祭司、平村博さんを副祭司に、神酒を神に捧げるカムイノミやチセ横のヌサ(祭壇)前でヌサオンカミ(礼拝)を行い、焼いたサケなどアイヌ料理の試食会も開かれ、供物をヌサ前に捧げるイチャルパで先祖を供養した。

 文化交流会では、白老民族芸能保存会と鵡川アイヌ文化伝承保存会の会員が、その地に伝わるアイヌの古式舞踊を披露した。

カムイノミを執り行う大川会長や菅原祭司

ヌサの前に供物を運び供養するイチャルパ

関連記事

十勝毎日新聞

水害きっかけ「いももっち」 まりも製薬【帯広】

 健康食品など製造販売の「まりも製薬」(帯広、河端ミカ社長)は、十勝産の「インカのめざめ」を使ったイモ団子「いももっち」2品を商品化し、販売している。袋のまま電子レンジで温めて食べられる。  ...

室蘭民報

刈田神社に輝く神輿、遠田さんが寄贈【登別】

 登別市の総鎮守・刈田神社(登別市中央町、大西昇宮司)の女神輿(みこし)が更新された。戦前から使われていた神輿だが、部品が破損するなど老朽化が顕著になってきたところ、市内の建設会社役員・遠...

室蘭民報

健康支えた音楽レク、総合福祉センター指定管理者の内池さん夫妻【室蘭】

 老朽化などを理由に10月末で廃止となる室蘭市総合福祉センター(天神町)。約12年間にわたり指定管理者を務めてきた各種介護事業を行うタカラサービス(白鳥台)の内池宝代表取締役会長(76)は「自...

室蘭民報

ジャパネットの初クルーズで3200人が寄港【室蘭】

 イタリア船社が運航する大型客船MSCスプレンディダ(13万7936トン)が23日、室蘭港に寄港し、午後5時に出港した。テレビショッピングのジャパネットホールディングス初のチャータークルーズで...

室蘭民報

特定空き家の解体開始、市が管理人制度で初【室蘭】

 室蘭市は23日、屋根が劣化した危険な状態で放置されている「特定空き家」1棟の解体作業を始めた。民法に規定されている「不在者財産管理人制度」による対応。空き家対策で同制度に基づく解体は市内で初...