北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

日高報知新聞

イチャルパと文化交流会【新ひだか】

【新ひだか】NPO法人新ひだかアイヌ協会(大川勝会長)主催の第30回イチャルパ(先祖供養)とアイヌ文化交流会が3日、静内真歌のチセ(伝統民家)で開かれ、静内霊園の無縁佛納骨堂に眠る先祖の霊を慰めた。

 静内地区では、平成元年度から11年度にかけて町や道、北海道アイヌ協会の協力や事業支援で、地区内の10の共同墓地に散在し荒廃していたアイヌ系住民の無縁墓地の墓地改葬事業を実施。2695体を静内霊園内の2棟の無縁佛納骨堂に安置している。

 イチャルパは、これら先祖を伝統的な儀式で供養する催しとして今年で30年の実施となる。

 復元したアイヌ住居のチセと敷地内で開かれたイチャルパには、大川会長ら支部会員、三石や浦河、新冠、むかわ、白老の各アイヌ協会関係者、大野克之町長、福嶋尚人町議会議長、山岡達丸衆議、藤沢澄雄、金岩武吉両道議ら来賓を含めて約120人が出席。

 菅原勝吉さんを祭司、平村博さんを副祭司に、神酒を神に捧げるカムイノミやチセ横のヌサ(祭壇)前でヌサオンカミ(礼拝)を行い、焼いたサケなどアイヌ料理の試食会も開かれ、供物をヌサ前に捧げるイチャルパで先祖を供養した。

 文化交流会では、白老民族芸能保存会と鵡川アイヌ文化伝承保存会の会員が、その地に伝わるアイヌの古式舞踊を披露した。

カムイノミを執り行う大川会長や菅原祭司

ヌサの前に供物を運び供養するイチャルパ

関連記事

室蘭民報

地元食べ歩き「最高」―伊達バル街17店にぎわう【伊達】

 伊達市内の飲食店をスペインの立ち飲み居酒屋・バルのように食べ飲み歩くイベント「伊達バル街」が21日開かれ、大勢の市民が各店自慢の料理とお酒を心ゆくまで楽しんだ。  飲食店などでつくる実行委...

室蘭民報

登別カントリー倶楽部のカートにiPadナビを導入【登別】

 ゴルフリゾート施設・登別カントリー倶楽部(登別市上登別町、東勝彦支配人)は、2人乗りカート80台に、タブレット端末・ipadを導入した。ナビゲーション機能を搭載しており、コース情報やピンまで...

室蘭民報

喜ばれるコースに、室蘭GC支配人に伴さんが就任【室蘭】

 室蘭ゴルフ倶楽部(GC、崎守町)の支配人に、伴くみこさん(42)が就任する。メンバーに喜んでもらえるゴルフ場を目指しながら、室蘭の新たな観光拠点として道内外から広く利用者を集めたい考えだ。 ...

室蘭民報

絵鞆と崎守の2港に「型良し」噴火湾毛ガニ初水揚げ【室蘭】

 噴火湾海域の毛ガニかご試験操業が20日解禁となり、室蘭漁協に所属する4隻は22日朝、絵鞆と崎守の2港に初水揚げした。初日の漁獲高は前年を50キロ下回り、漁業関係者からはため息が漏れる。  ...

函館新聞

ダニ媒介脳炎の闘病語る 感染症研究者ら北斗の佐藤さん宅訪問【北斗】

 【北斗】ダニを媒介した感染症の研究者や医療、行政関係者ら約60人が16日、国内最初のロシア春夏脳炎(ダニ媒介脳炎)に発症した佐藤厚子さん(61)宅=北斗市三ツ石=を訪問し、闘病体験を聴いた...