北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

日高報知新聞

イチャルパと文化交流会【新ひだか】

【新ひだか】NPO法人新ひだかアイヌ協会(大川勝会長)主催の第30回イチャルパ(先祖供養)とアイヌ文化交流会が3日、静内真歌のチセ(伝統民家)で開かれ、静内霊園の無縁佛納骨堂に眠る先祖の霊を慰めた。

 静内地区では、平成元年度から11年度にかけて町や道、北海道アイヌ協会の協力や事業支援で、地区内の10の共同墓地に散在し荒廃していたアイヌ系住民の無縁墓地の墓地改葬事業を実施。2695体を静内霊園内の2棟の無縁佛納骨堂に安置している。

 イチャルパは、これら先祖を伝統的な儀式で供養する催しとして今年で30年の実施となる。

 復元したアイヌ住居のチセと敷地内で開かれたイチャルパには、大川会長ら支部会員、三石や浦河、新冠、むかわ、白老の各アイヌ協会関係者、大野克之町長、福嶋尚人町議会議長、山岡達丸衆議、藤沢澄雄、金岩武吉両道議ら来賓を含めて約120人が出席。

 菅原勝吉さんを祭司、平村博さんを副祭司に、神酒を神に捧げるカムイノミやチセ横のヌサ(祭壇)前でヌサオンカミ(礼拝)を行い、焼いたサケなどアイヌ料理の試食会も開かれ、供物をヌサ前に捧げるイチャルパで先祖を供養した。

 文化交流会では、白老民族芸能保存会と鵡川アイヌ文化伝承保存会の会員が、その地に伝わるアイヌの古式舞踊を披露した。

カムイノミを執り行う大川会長や菅原祭司

ヌサの前に供物を運び供養するイチャルパ

関連記事

根室新聞

飲むのが楽しみ 北の勝「搾りたて」発売【根室】

 管内唯一の地酒「北の勝」の醸造元・碓氷勝三郎商店(碓氷ミナ子店主)は23日、「北の勝 搾りたて」を発売した。市内酒店やスーパーなどでは、人気の限定酒を手に入れようと長蛇の列ができた。このうち市...

根室新聞

日ロ首脳、交渉さらに前進で一致 元島民は「具体的成果を」【根室】

 安倍晋三首相は22日、モスクワでロシアのプーチン大統領と首脳会談を行った。平和条約交渉締結に向け、2月の開催が予定されているミュンヘン安保会議の際に外相間で次回交渉を行うとともに、首脳特別代表間...

日高報知新聞

地酒の名称「海桜丸」に【新ひだか】

【新ひだか】新ひだか町地酒づくり協議会(会長・佐藤雅裕新ひだか観光協会長)は、7日まで募集していた静内産酒米を使った地酒の名称が「海桜丸」に決まったと発表した。  静内産米は、農産物の地産池消の...

日高報知新聞

全線復旧変えていない【浦河】

 浦河町議会は22日、町議会臨時会後に全員協議会を開き、丸4年以上運休が続くJR日高線問題について協議し、町長や各議員が意見を述べた。  12月25日の町長会議で、浦河町の池田拓町長以外の管内6町が、...

苫小牧民報

仮設店舗、被災3町で着工 計10店が入居予定、3月オープンへ

 厚真、安平、むかわ3町で、胆振東部地震で被災した小売店や飲食店などの仮設店舗の建設が始まった。3町で計10店が入居する予定で、2月末に完成、3月にオープンする。店が壊れて休業などを余儀なくされ...