北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

室蘭民報

マダニに注意を、室蘭保健所「山や草地で肌守って」【室蘭】

ヤマトマダニ=北海道立衛生研究所提供

 旭川市保健所管内の40代女性が5月31日、国内5例目となる「ダニ媒介脳炎」を発症したことを受け、道では、マダニが媒介する感染症に注意を呼び掛けている。レジャーや野外作業などで山や草むらに入る際には、「長袖や長ズボンで肌の露出を少なくするなど、マダニにかまれないような防護策を」(室蘭保健所)と訴えている。

 ほ乳類や鳥類などの血液を吸って生きるマダニは、森林や草地などに広く生息している。一方で、ダニ媒介脳炎のほか、ライム病や回帰熱、重症熱性血小板減少症候群(SFTS)などの病気の原因となる病原体を保有していることがある―という。

 ダニ媒介脳炎の潜伏期間は7~14日。発症すると発熱や関節痛など、インフルエンザに似た症状が出たり、精神錯乱やけいれんを起こしたりする。国内で確認された5例は、全て道内で発生。このうち、2例の感染者については死亡している。

 室蘭保健所では、山や草地などに入る際には「サンダル履きを避ける一方、長袖や長ズボンの着用で肌の露出を少なくして」「屋外活動後には必ず入浴し、体をよく洗って、しっかり着替えを」などと強調。

 その上で、マダニにかまれたら「無理に引っ張ったり、つぶしたりせずに、医療機関で除去を。体調の変化にも注意してほしい」などと訴えている。

関連記事

室蘭民報

グランドホテルの村元さんが全日本司厨士協会から銀章【登別】

 登別グランドホテル(登別市登別温泉町)の洋食シェフ・村元茂美さん(64)が、全日本司厨士(しちゅうし)協会から銀章を受けた。永年の協会役員として携わった功績が評価された。「登別にはおいしい食...

函館新聞

秋の大沼湖畔を快走 グレートラン・ウオークに2192人【七飯】

 【七飯】「2018北海道大沼グレートラン・ウオーク」(七飯大沼国際観光コンベンション協会主催)が14日、大沼国定公園で開かれた。ランニングとウオーク合わせて2192人がエントリーし、秋風を浴び...

函館新聞

「特等席」で眺めを満喫 市電運転体験会に30人参加【函館】

 函館市企業局交通部は13日、駒場車庫で市電運転体験会を開いた。午前、午後の合計で約30人が参加。車両を走らせながら、めったに座ることができない運転席からの眺めを満喫した。  10月14日の...

室蘭民報

シャークス全国頑張れ、モルエ入り口に横断幕【室蘭】

 室蘭シャークス、全国大会も頑張れ―。室蘭市中島本町の商業施設・モルエ中島の入り口にこのほど、社会人野球日本選手権での活躍を応援する巨大横断幕が設置された=写真。  日鉄コミュニティと新日鉄興...

室蘭民報

室民「ぜひ読んで」…ぷらっとと市民会館で試読紙配布

 新聞週間(15~21日)に合わせて、室蘭民報社は15日、室蘭市輪西町の複合商業施設ぷらっと・てついちと市民会館に、試読紙の配布コーナーを設けた。20日まで連日、朝夕刊を無料提供する。  1...