北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

日高報知新聞

「うまキッズ探検隊」スタート【新ひだか】

【新ひだか】馬について子どもたちが学ぶ「ひだかうまキッズ探検隊2018」が5日、町博物館で始まり、初回は町内外の小中学生13人が馬産地・日高の歴史を学んだ。

 馬産地の将来を担う人づくりにつなげることを目的に、昨年から町が開催。2年目の今回も町内外の競馬関係者から協力を得て、町内の乗馬施設・MKランチや静内農業高、日高町の門別競馬場、浦河町のJRA日高育成牧場での講習など、さまざまなプログラムを計画している。

 日高管内全体から参加者を募集し、3つのテーマ別に参加を呼び掛け、町内以外にも浦河町と新冠町から計20人(昨年から継続7人)の申し込みがあった。

 この日は、町博物館の斉藤大朋学芸員を講師に、館内に展示している馬の資料を探すことからスタート。写真や絵、校歌などから馬を発見した子どもたちに斉藤さんは「ここには馬のはく製は無いのにこんなに馬であふれている。牧場のことをあまり知らない人も知らないうちに馬と関わっていることを覚えておいてほしい」と呼び掛けた。

 また、スライドを使って日高の馬産の歴史について説明。参加者たちは日高が国内最大の馬産地になった要因として地形や降雪量が少ないこと、馬が食べられるササがたくさんあったことなどを学んだ。

 初めて探検隊に参加した黒津藍さん(浦河小4年)は「馬の資料を探すのが楽しかったし、神社にも馬がいたことが分かった。一番楽しみにしていることは門別競馬場のバックヤードが見れること」と今後の活動に期待をふくらませていた。

 また、同日から博物館ロビーで昨年後半の活動をまとめた「パネル展」が開催され、今年3月末に有志で滋賀県の栗東トレーニングセンターを訪れたときの様子などを紹介している。この日は昨年も参加した子どもたちによる活動説明会も行われた。パネル展は17日まで。

斉藤学芸員(左)から日高の馬産について説明を受ける参加者たち

関連記事

函館新聞

いさ鉄まもなく開業3周年 函館駅などで記念イベント【函館】

 道南いさりび鉄道(小上一郎社長)が開業3年を迎える。北海道新幹線とともに2016年3月26日、五稜郭―木古内間(37・8キロ)で開業。「いさ鉄」の愛称で親しまれ、沿線住民の足としてだけでなく...

函館新聞

8歳で英検準1級合格 附属小の小笠原君【函館】

 道教育大附属函館小学校3年の小笠原煌(こう)君が、8歳で実用英語技能検定(英検)の準1級に合格した。大学中級程度の英語力が求められ、8歳での合格は全国的も珍しいという。煌君は「達成感でいっぱい...

苫小牧民報

さよなら地球体験館 100人駆け付け閉館惜しむ-むかわ

 昨年9月の胆振東部地震で被災して今月末で閉館が決まったむかわ町穂別の「地球体験館」の最後のイベントが21日にあった。町内外から約100人が訪れて27年にわたって親しまれた施設に感謝と別れを告げ...

日高報知新聞

237人の特例申請が無効に【浦河】

 浦河町ふるさと納税への寄付者が確定申告が不要となる「ワンストップ特例制度」の町側事務処理ミスで、5946人分の申請データが未処理だった問題で、町は22日、臨時記者会見を開き、1都2県の237人の特...

日高報知新聞

珍しい〝暖〟ボールアート【様似】

【様似】札幌在住の桑折廣幸さん(68)のダンボールをキャンバスに制作した絵画展示「ひろ・くわおり〝暖”ボールアート 北の浮世絵展」が、町中央公民館ギャラリー21で始まり、入館者の目を引いている。31日まで...