北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

日高報知新聞

マンロー先生の遺徳を偲ぶ【平取】

【平取】「マンロー先生を偲ぶ会」が3日、町内二風谷の旧マンロー邸庭の顕彰碑前で開かれ、ゆかりの町民や研究者ら約50人が博士の遺徳を偲んだ。

 スコットランド人の考古学者で人類学者のニール・ゴードン・マンロー博士(1863―1942)は、日本人の起源やアイヌ文化に興味を抱き、考古学調査のかたわら、多数のアイヌ工芸品や民具を収集した。

 一方で当時、結核などの病気や栄養失調に苦しむアイヌの人々の窮状に胸を痛め、昭和7年に平取町二風谷に移り住み、無償の医療奉仕をしながら研究にいそしんだ。

 多くの村人から慕われた博士へは“イオマンテ”に代表されるアイヌ民族の精神世界をつぶさに観察するなど研究に没頭したが、昭和17年4月11日に二風谷で79歳の生涯を終えている。

 マンロー博士のただ一人の末裔で孫娘のアイリーン・マンローさんはドイツ・リューベックに在住している。

 貝沢耕一同会運営委員長が「博士と関わりのある人がほとんどいなくなったが、時代が変わろうとも若い世代に語り伝えていくことが大事」と主催者あいさつ。

 川上満平取町長は、個人の偉大な功績をたたえ来賓あいさつ。参列者は一人ずつ真っ赤なカーネーションを厳かに遺影の前に献花し、博士の遺徳を偲んでいた。

マンロー先生の遺影に献花する出席者

関連記事

室蘭民報

地元食べ歩き「最高」―伊達バル街17店にぎわう【伊達】

 伊達市内の飲食店をスペインの立ち飲み居酒屋・バルのように食べ飲み歩くイベント「伊達バル街」が21日開かれ、大勢の市民が各店自慢の料理とお酒を心ゆくまで楽しんだ。  飲食店などでつくる実行委...

室蘭民報

登別カントリー倶楽部のカートにiPadナビを導入【登別】

 ゴルフリゾート施設・登別カントリー倶楽部(登別市上登別町、東勝彦支配人)は、2人乗りカート80台に、タブレット端末・ipadを導入した。ナビゲーション機能を搭載しており、コース情報やピンまで...

室蘭民報

喜ばれるコースに、室蘭GC支配人に伴さんが就任【室蘭】

 室蘭ゴルフ倶楽部(GC、崎守町)の支配人に、伴くみこさん(42)が就任する。メンバーに喜んでもらえるゴルフ場を目指しながら、室蘭の新たな観光拠点として道内外から広く利用者を集めたい考えだ。 ...

室蘭民報

絵鞆と崎守の2港に「型良し」噴火湾毛ガニ初水揚げ【室蘭】

 噴火湾海域の毛ガニかご試験操業が20日解禁となり、室蘭漁協に所属する4隻は22日朝、絵鞆と崎守の2港に初水揚げした。初日の漁獲高は前年を50キロ下回り、漁業関係者からはため息が漏れる。  ...

函館新聞

ダニ媒介脳炎の闘病語る 感染症研究者ら北斗の佐藤さん宅訪問【北斗】

 【北斗】ダニを媒介した感染症の研究者や医療、行政関係者ら約60人が16日、国内最初のロシア春夏脳炎(ダニ媒介脳炎)に発症した佐藤厚子さん(61)宅=北斗市三ツ石=を訪問し、闘病体験を聴いた...