北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

郵便局で野菜無人販売 大正で農家17人が提供【帯広】

野菜の無人販売が始まった大正郵便局。初日は生産者らが集まった。後列左から菊池局長、生産者代表の北口さんら

 帯広市内の大正郵便局(大正本町西1ノ2、菊池淳局長)ATMコーナー横のスペースで8日、野菜などを無人販売する「ふれ愛 幸福マーケット」が始まった。地場産品PRと空きスペースの有効活用などを兼ねた地域貢献の一環。管内郵便局では初めての取り組みで、初日から新鮮野菜を求める近隣住民でにぎわった。

 大正地区では、農家による朝市が水曜日の朝に行われている。今回の無人販売は菊池局長(46)の呼び掛けで実現。農家17人が参加し、交代で野菜を届ける。

 初日は白菜やキュウリ、大根など取れたての新鮮野菜がワゴンに積まれて並んだ。午前9時の開店と同時に住民が立ち寄り、ワゴンに手を伸ばした。同地区では2009年に唯一のスーパーが閉店、無人販売には期待の声が多く、近くに住む高谷厚子さんは「便利でありがたい」と、白菜やニンジンなどをエコバッグに詰め込んでいた。

 農家代表の北口孝志さん(70)は「地元の皆さんに大正の野菜を楽しんでもらえるのがうれしいし、励みになる。今後はトマトやナス、メロンなども並ぶので気軽に立ち寄って」。菊池局長は「郵便局に行けば『新鮮な野菜がある』と楽しみにしてもらいたい。少しでも地域のお手伝いができれば」と話している。

 無人販売は月・金曜の午前9時~午後5時。支払いはワゴン付属の入金箱に入金する。問い合わせは生産者代表の北口さん(090・3113・9049)へ。

関連記事

日高報知新聞

中学校の学習へ関心【新冠】

【新冠】中学校教員が小学校で授業を行う「乗り入れ授業」がこのほど、新冠小で初めて行われ、6年生50人が中学校における学習への興味・関心を高めた。  乗り入れ授業は、小中連携強化・一貫教育をはじめ、...

日高報知新聞

イナキビをブランド化へ【新ひだか】

【新ひだか】青年農業者による「日高管内農業研究大会」が10日、町公民館で開かれ、プロジェクト部門で発表を行い、平取町4Hクラブ会員でトマト・水稲農家の笹山啓太さん(25)=平取町荷菜=に優秀賞が贈られ...

名寄新聞

冬季ジャンプ国内開幕【名寄】

 全日本スキー連盟A級公認の第49回名寄ピヤシリジャンプ大会が15日、第34回吉田杯ジャンプ大会が16日に名寄ピヤシリシャンツェノーマルヒル(HS100メートル、K点90メートル)で開かれた。ピヤシリ大会で...

苫小牧民報

王子、全日本アイスホッケーで優勝 日光下し2年ぶり37回目

 国内最高峰のタイトルを懸けた第86回全日本アイスホッケー選手権大会の最終日は16日、西東京市のダイドードリンコアイスアリーナで決勝を行った。苫小牧の王子イーグルスが4―2で栃木日光アイスバックス...

苫小牧民報

歳末に大浴場大掃除 登別の第一滝本館

 今年創業160周年を迎えた、登別温泉の老舗第一滝本館=登別市登別温泉町=で17日、歳末恒例の大浴場大掃除が行われた。社員約20人がデッキブラシで浴室の床を丹念に磨き上げた。  1年間使用した...