北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

日高報知新聞

「ジンギスカン五六ッケ」【新ひだか】

【新ひだか】静内吉野町3の静内エクリプスホテル(石川兼吾社長)は6日、全国のホテル・旅館が提供している自慢の朝ごはんを競い合う「朝ごはんフェスティバル2018」(楽天トラベル主催)で2年連続の北海道1位に選ばれた。

 朝ごはんフェスは今年で9回目。同ホテルは2014~2016まで北海道2位となっており、昨年初めて北海道1位の栄冠に輝いている。

 今回も全国から約1300の宿泊施設がエントリーし、都道府県別で最も多い105施設が参加した北海道地区では、一般の楽天会員によるウェブ投票の結果と、これまで楽天トラベルに寄せられた実際の宿泊者の「食事」に関するクチコミ評価を基に、静内エクリプスホテルが2年連続で1位に選ばれた。

 都道府県代表によるセカンドステージは10月23、24の両日に東京都の二子玉川ライズで行われる予定。会場では各施設が自慢の朝ごはんメニュー1品を調理し、一般から募集した審査員による試食と投票で、最後のファイナルステージに進むベスト6を選出する。

 静内エクリプスホテルは、昨年12月から提供している「ジンギスカン五六ッケ」を出品する。ジャガイモ、ラム肉、キャベツ、タマネギ、コーンの5種類の食材を使って調理したコロッケと天ぷらで揚げたもやしを添えた逸品で、調理スタッフが愛情たっぷりに手作りしている。

 調理を担当する伊藤美恵子さんは「ラム肉は人によって好き嫌いがあるので、皆さんが食べられるようにしっかりと下味を付けて食べやすくしている。盛り付けはジンギスカン鍋をイメージしジンギスカンに欠かせないもやしやピーマンを天ぷらにして添えてある」と自慢の朝ごはんについて説明。

 セカンドステージについては、「周りはコック帽をかぶった人ばかりだと思うが、私たちは私たちの味で勝負したい。今年こそは日本一を目指している」と抱負を語っている。

 石川社長は2年連続北海道1位について「調理担当の皆さんが、日々知恵を出し合って日替わりや季節の食材を使ったメニューの考案、お客様の意見をもとにした改善点などに取り組んでもらっているおかげ」と感謝している。

 また、大手宿・ホテル予約サイトのじゃらんnetが行っている「じゃらんアワード2017『泊まってよかった宿大賞(朝食)51~100室部門』」でも1位を獲得している。石川社長は「お客様のクチコミによって受賞が決まったようで、他にもいろいろな施設がありながら、楽天トラベル以外からも高い評価をいただけてうれしい」と話していた。

 80種類以上の料理が並ぶ同ホテルの朝食バイキング(午前7時~10時)は宿泊客のほか、一般客も1500円(税別)で提供。食事のみの利用も多いという。問い合わせは同ホテル(☎0146・43・3811)へ。

セカンドステージに出品する「ジンギスカン五六ッケ」を持つ伊藤さん

2年連続北海道1位となり日本一に向けて意気込む調理スタッフたち

関連記事

根室新聞

飲むのが楽しみ 北の勝「搾りたて」発売【根室】

 管内唯一の地酒「北の勝」の醸造元・碓氷勝三郎商店(碓氷ミナ子店主)は23日、「北の勝 搾りたて」を発売した。市内酒店やスーパーなどでは、人気の限定酒を手に入れようと長蛇の列ができた。このうち市...

根室新聞

日ロ首脳、交渉さらに前進で一致 元島民は「具体的成果を」【根室】

 安倍晋三首相は22日、モスクワでロシアのプーチン大統領と首脳会談を行った。平和条約交渉締結に向け、2月の開催が予定されているミュンヘン安保会議の際に外相間で次回交渉を行うとともに、首脳特別代表間...

日高報知新聞

地酒の名称「海桜丸」に【新ひだか】

【新ひだか】新ひだか町地酒づくり協議会(会長・佐藤雅裕新ひだか観光協会長)は、7日まで募集していた静内産酒米を使った地酒の名称が「海桜丸」に決まったと発表した。  静内産米は、農産物の地産池消の...

日高報知新聞

全線復旧変えていない【浦河】

 浦河町議会は22日、町議会臨時会後に全員協議会を開き、丸4年以上運休が続くJR日高線問題について協議し、町長や各議員が意見を述べた。  12月25日の町長会議で、浦河町の池田拓町長以外の管内6町が、...

苫小牧民報

仮設店舗、被災3町で着工 計10店が入居予定、3月オープンへ

 厚真、安平、むかわ3町で、胆振東部地震で被災した小売店や飲食店などの仮設店舗の建設が始まった。3町で計10店が入居する予定で、2月末に完成、3月にオープンする。店が壊れて休業などを余儀なくされ...