北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

日高報知新聞

3年後に開拓150周年【新ひだか】

【新ひだか】明治4年(1871)に静内に集団移住した兵庫県淡路島・稲田家家臣団の子孫らでつくる北海道稲田会(服部和則会長、52人)の平成30年度総会が5日、稲田家の屋敷があった静内目名の御殿山公園で開かれ、任期満了に伴う役員改選で服部会長を再選した。

 江戸時代に徳島県と淡路島を領有した徳島藩の洲本城代家老だった稲田家は、明治3年に武士の身分制度を発端とした分藩独立を巡る騒動(庚午事変)によって、士族として静内と北方領土・色丹島での北海道開拓を命じられ、家臣団とともに静内へ移住。開拓当時に数々の苦難に立ち向かった様子は、小説「お登勢」や映画「北の零年」で描かれている。

 北海道稲田会は昭和41年に家臣団の子孫で当時旧静内町長だった服部吟次郎さんと新冠町の浅川義一さんが発起人となり、先祖の功績をたたえしのび、後世にこれを伝承していくことを願って結成を呼び掛け、同年10月12日に発足。43年には会員から募財を募り、稲田家の屋敷があった静内目名の御殿山公園に記念レリーフ「北辺開拓の礎」を製作。以来、年1回の総会をレリーフ前で開催して親睦を図っている。

 この日は公園内にある先祖を祀る稲基神社で例祭を催し、会員約30人が参拝して先人の労苦や偉業をしのんだ。

 総会で服部会長は「今年でわれわれの先輩たちが開拓に入ってから147年になる。あと3年すれば150周年という大きな節目になる。先駆けであった先輩たちをしのびながら式典なども町の協力を得ながら催さなければという気持ちになっている」、40年ほど前には自転車でよく御殿山公園に遊びに来ていたという大野町長は「稲田家は静内の礎を築いてくださった方々だと思っている。その労苦を思い出しながら後世に伝えていくことが私たちの使命」とそれぞれあいさつ。

 この後、昨年度は兵庫県洲本市の歴史研究グループ「益習の集い」が同市内で、北海道での稲田家の歩みを紹介するパネル展を開いたことなどが報告され、顧問の八田義雄さんの音頭で乾杯して親睦を深めた。  役員は次の通り。

 ▽会長 服部和則▽副会長 矢野秀春、増本裕治▽理事 岡田猛、長浜和也、芳住革二、松田三千雄、八田孝雄、八田敏行、本庄康浩、加田幹男▽会計理事 村上昭▽監事 武岡大佶、橋本博之▽相談役 藤原真二、八田義雄

総会であいさつする服部会長

関連記事

室蘭民報

地元食べ歩き「最高」―伊達バル街17店にぎわう【伊達】

 伊達市内の飲食店をスペインの立ち飲み居酒屋・バルのように食べ飲み歩くイベント「伊達バル街」が21日開かれ、大勢の市民が各店自慢の料理とお酒を心ゆくまで楽しんだ。  飲食店などでつくる実行委...

室蘭民報

登別カントリー倶楽部のカートにiPadナビを導入【登別】

 ゴルフリゾート施設・登別カントリー倶楽部(登別市上登別町、東勝彦支配人)は、2人乗りカート80台に、タブレット端末・ipadを導入した。ナビゲーション機能を搭載しており、コース情報やピンまで...

室蘭民報

喜ばれるコースに、室蘭GC支配人に伴さんが就任【室蘭】

 室蘭ゴルフ倶楽部(GC、崎守町)の支配人に、伴くみこさん(42)が就任する。メンバーに喜んでもらえるゴルフ場を目指しながら、室蘭の新たな観光拠点として道内外から広く利用者を集めたい考えだ。 ...

室蘭民報

絵鞆と崎守の2港に「型良し」噴火湾毛ガニ初水揚げ【室蘭】

 噴火湾海域の毛ガニかご試験操業が20日解禁となり、室蘭漁協に所属する4隻は22日朝、絵鞆と崎守の2港に初水揚げした。初日の漁獲高は前年を50キロ下回り、漁業関係者からはため息が漏れる。  ...

函館新聞

ダニ媒介脳炎の闘病語る 感染症研究者ら北斗の佐藤さん宅訪問【北斗】

 【北斗】ダニを媒介した感染症の研究者や医療、行政関係者ら約60人が16日、国内最初のロシア春夏脳炎(ダニ媒介脳炎)に発症した佐藤厚子さん(61)宅=北斗市三ツ石=を訪問し、闘病体験を聴いた...