北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

根室新聞

ニーズ増す市民ガイド"トコロジスト"になりませんか【根室】

ツアー客を案内してチャシ跡で説明するトコロジストの会会員

 根室の自然や歴史を案内する市民ガイド「ねむろトコロジストの会」(船山岩雄会長、会員13人)は、根室半島チャシ跡群をはじめとした史跡ガイドを育成するための「ガイド養成・実践講座」を6月30日と7月1日の2日間で開く。同ガイドを育成してきた根室市観光協会(小林茂会長)が主催する。年々人気が上がるチャシ跡観光などでニーズが高まっているため、受講後に一緒に活動できる人を求めている。

 トコロジストは、場所を表す「トコロ」に、英語で専門家を意味する接尾語の「ist」を合わせた和製英語。「資格」ではないが、野鳥をはじめとしたその場所の自然情報などに詳しい知識を持った人を指す。

 「ねむろトコロジストの会」は、市観光協会が平成23年に初めて開いた養成講座の修了生で発足。同年10月から活動(有償ボランティア)を開始して8年目。当初は春国岱周辺の豊かな自然の案内から出発したが、地元市民による親しみやすいガイドに好感が持たれ、徐々に依頼が増加。国指定史跡「根室半島チャシ跡群」が「日本の百名城」の一つに選定され、訪ねる観光ツアーが人気になると、史跡案内に需要が高まった。

 同会によると29年度は21件のツアーにチャシ跡ガイドを行ったほか、今年度は5月に4件を案内。すでに確定しているものと、募集中、企画中を含めると6月以降10件から20件程度のガイド対応が見込まれている。

 トコロジストの会では、こうしたニーズの高まりを受けて、一緒に活動する仲間を増やしていきたい考え。

 講座は、30日午前10時から正午まで、市歴史と自然の資料館で座学。1日午前10時から午後1時まで根室半島チャシ跡群(ノツカマフ1号・2号、ヲンネモト)で現地研修を行う。修了後はトコロジストの会会員として、それぞれ都合のつく日に史跡ガイドへの対応のほか、毎週土曜日午前10時から正午まで春国岱のガイドや自然観察活動に参加する。

 団体ツアーに対するガイドは、既会員とともに講座修了後に予定されている実際のツアーに同行し、実地経験を積んで活動してもらうことにしている。

 受講対象は20歳以上の根室市民。歴史や自然に対する知識や経験は問わない。参加料100円(保険料)。定員15人。今月25日まで申し込みを受け付け、定員を超えた場合は抽選で受講者を決定する。

 申し込み、問い合わせは、市観光協会(℡0153-24-3104)へ。

関連記事

十勝毎日新聞

路線バス国内客も乗り放題 2社がパス【十勝】

 十勝バス(帯広、野村文吾社長)と北海道拓殖バス(音更、中木雄三郎社長)は、昨年から十勝を訪れる外国人観光客向けに発売している「VISIT TOKACHI PASS」を、11月から日本人観光客向...

十勝毎日新聞

26、27日に「カレー」上映 見て「食べよう」【池田】

 池田町内の映画愛好家でつくる池田映画研究会(宮澤嘉裕会長、会員8人)は26、27の両日、町中心市街地にある交流スペース「Ponte(ポンテ)」(大通4)でドキュメンタリー映画「カレーライスを一...

十勝毎日新聞

水害きっかけ「いももっち」 まりも製薬【帯広】

 健康食品など製造販売の「まりも製薬」(帯広、河端ミカ社長)は、十勝産の「インカのめざめ」を使ったイモ団子「いももっち」2品を商品化し、販売している。袋のまま電子レンジで温めて食べられる。  ...

室蘭民報

刈田神社に輝く神輿、遠田さんが寄贈【登別】

 登別市の総鎮守・刈田神社(登別市中央町、大西昇宮司)の女神輿(みこし)が更新された。戦前から使われていた神輿だが、部品が破損するなど老朽化が顕著になってきたところ、市内の建設会社役員・遠...

室蘭民報

健康支えた音楽レク、総合福祉センター指定管理者の内池さん夫妻【室蘭】

 老朽化などを理由に10月末で廃止となる室蘭市総合福祉センター(天神町)。約12年間にわたり指定管理者を務めてきた各種介護事業を行うタカラサービス(白鳥台)の内池宝代表取締役会長(76)は「自...