北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

根室新聞

流し網代替漁業のサケマス曳網 10日出漁【根室】

花咲港に停泊している第68善龍丸

 ロシア200カイリ内サケ・マス流し網禁止に伴う代替漁業の曳網漁の試験操業が15日から始まる。昨年に続き、漁船1隻により採算性の向上を目的として行われるもので、花咲港から富山県の第68善龍丸が10日の出漁を予定している。

 曳網漁は、長さ約100メートルほどの袋状の網を船で引いて、水深20メートル前後の魚群を狙う漁法。ロシア200カイリ水域内でのサケ・マス流し網漁禁止に伴う代替漁法の一つとして、2年前から行われている。

 昨年の操業では初年度の漁獲を上回ったもののベニザケ782キロ、シロザケ約2.6トン、カラフトマス約9.5トンの計12.8トンと、全体では漁獲割当量の2割にとどまった。

 今年は4月にモスクワで開催されたロシア200カイリ内の日本漁船によるロシア系サケ・マスの操業条件などを決める日ロ政府間協議で漁獲割当量はベニザケ、シロザケ各25トン、カラフトマス40トン、ギンザケ3トン、マスノスケ2トンの計95トンで妥結。操業期間は6月15日から7月15日までで、前年の6月10日から同25日までに比べ期間が延長された。

 今年も一般社団法人海洋水産システム協会(東京)と国立研究開発法人水産研究・教育機構(本部・横浜市)が協同で実施主体となり、国から補助を受けて、富山県の第68善龍丸が操業を行う。

 海洋水産システム協会研究開発部の酒井拓宏部長によると、今年は魚が入る量が増えるように網口の面積を1.6倍にしたほか、入った魚が逃げにくくなるよう、網の「かえし」部分の改良などを行ったという。

 酒井部長は「前年の操業結果などから、可能な限りベニザケが入るように検討して、考えつく対策はやった」と話していた。

関連記事

十勝毎日新聞

路線バス国内客も乗り放題 2社がパス【十勝】

 十勝バス(帯広、野村文吾社長)と北海道拓殖バス(音更、中木雄三郎社長)は、昨年から十勝を訪れる外国人観光客向けに発売している「VISIT TOKACHI PASS」を、11月から日本人観光客向...

十勝毎日新聞

26、27日に「カレー」上映 見て「食べよう」【池田】

 池田町内の映画愛好家でつくる池田映画研究会(宮澤嘉裕会長、会員8人)は26、27の両日、町中心市街地にある交流スペース「Ponte(ポンテ)」(大通4)でドキュメンタリー映画「カレーライスを一...

十勝毎日新聞

水害きっかけ「いももっち」 まりも製薬【帯広】

 健康食品など製造販売の「まりも製薬」(帯広、河端ミカ社長)は、十勝産の「インカのめざめ」を使ったイモ団子「いももっち」2品を商品化し、販売している。袋のまま電子レンジで温めて食べられる。  ...

室蘭民報

刈田神社に輝く神輿、遠田さんが寄贈【登別】

 登別市の総鎮守・刈田神社(登別市中央町、大西昇宮司)の女神輿(みこし)が更新された。戦前から使われていた神輿だが、部品が破損するなど老朽化が顕著になってきたところ、市内の建設会社役員・遠...

室蘭民報

健康支えた音楽レク、総合福祉センター指定管理者の内池さん夫妻【室蘭】

 老朽化などを理由に10月末で廃止となる室蘭市総合福祉センター(天神町)。約12年間にわたり指定管理者を務めてきた各種介護事業を行うタカラサービス(白鳥台)の内池宝代表取締役会長(76)は「自...