北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

根室新聞

流し網代替漁業のサケマス曳網 10日出漁【根室】

花咲港に停泊している第68善龍丸

 ロシア200カイリ内サケ・マス流し網禁止に伴う代替漁業の曳網漁の試験操業が15日から始まる。昨年に続き、漁船1隻により採算性の向上を目的として行われるもので、花咲港から富山県の第68善龍丸が10日の出漁を予定している。

 曳網漁は、長さ約100メートルほどの袋状の網を船で引いて、水深20メートル前後の魚群を狙う漁法。ロシア200カイリ水域内でのサケ・マス流し網漁禁止に伴う代替漁法の一つとして、2年前から行われている。

 昨年の操業では初年度の漁獲を上回ったもののベニザケ782キロ、シロザケ約2.6トン、カラフトマス約9.5トンの計12.8トンと、全体では漁獲割当量の2割にとどまった。

 今年は4月にモスクワで開催されたロシア200カイリ内の日本漁船によるロシア系サケ・マスの操業条件などを決める日ロ政府間協議で漁獲割当量はベニザケ、シロザケ各25トン、カラフトマス40トン、ギンザケ3トン、マスノスケ2トンの計95トンで妥結。操業期間は6月15日から7月15日までで、前年の6月10日から同25日までに比べ期間が延長された。

 今年も一般社団法人海洋水産システム協会(東京)と国立研究開発法人水産研究・教育機構(本部・横浜市)が協同で実施主体となり、国から補助を受けて、富山県の第68善龍丸が操業を行う。

 海洋水産システム協会研究開発部の酒井拓宏部長によると、今年は魚が入る量が増えるように網口の面積を1.6倍にしたほか、入った魚が逃げにくくなるよう、網の「かえし」部分の改良などを行ったという。

 酒井部長は「前年の操業結果などから、可能な限りベニザケが入るように検討して、考えつく対策はやった」と話していた。

関連記事

日高報知新聞

日高の馬の歴史・文化学ぶ【浦河】

 日高振興局主催の「馬文化出前教室」が18日、浦河町荻伏小(金澤覚校長、児童65人)で開かれ、4年生8人が日高の馬の歴史や産業について学んだ。  馬文化出前教室は、馬産地・日高の未来を担う管内の...

日高報知新聞

えりも中1年が植樹体験【えりも】

【えりも】えりも中(玉手広昭校長)の1年生46人が17日、えりも高(佐藤健校長)との連携型中高一貫の環境教育「百人浜に学ぶ」フィールド学習で、えりも岬百人浜の国有林に6種類の落葉広葉樹の苗木100...

苫小牧民報

ガイラルディア6連覇、悲願の日本一へ弾み 女子軟式野球・春季全道大会

 女子軟式野球チームの苫小牧ガイラルディアがこのほど、札幌市で開催された太陽グループ旗争奪第21回春季北海道女子軟式野球大会で優勝し、全道大会6連覇の偉業を達成した。8月の全国大会へ向け、大きな...

苫小牧民報

被災地厚真町を応援、ハスカップティー販売始まる エア・ドゥ、来月は機内サ..

 苫小牧市元中野町の「はすかっぷサービス」(大西育子代表)が製造しているハスカップティーが、AIRDO(エア・ドゥ)の機内販売商品に採用され、今月から全路線で販売が始まった。7月には機内ドリンク...

室蘭民報

岩手で制作された般若面が白老で発見、登別で展示中【登別】

 のぼりべつ文化交流館カント・レラ(登別市登別温泉町)で23日まで行われている造形のつどい展に、一風変わった作品が並んでいる。金剛力士像をほうふつさせるような、勇猛さがひしひしと伝わる木彫りの面...