北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

根室新聞

流し網代替漁業のサケマス曳網 10日出漁【根室】

花咲港に停泊している第68善龍丸

 ロシア200カイリ内サケ・マス流し網禁止に伴う代替漁業の曳網漁の試験操業が15日から始まる。昨年に続き、漁船1隻により採算性の向上を目的として行われるもので、花咲港から富山県の第68善龍丸が10日の出漁を予定している。

 曳網漁は、長さ約100メートルほどの袋状の網を船で引いて、水深20メートル前後の魚群を狙う漁法。ロシア200カイリ水域内でのサケ・マス流し網漁禁止に伴う代替漁法の一つとして、2年前から行われている。

 昨年の操業では初年度の漁獲を上回ったもののベニザケ782キロ、シロザケ約2.6トン、カラフトマス約9.5トンの計12.8トンと、全体では漁獲割当量の2割にとどまった。

 今年は4月にモスクワで開催されたロシア200カイリ内の日本漁船によるロシア系サケ・マスの操業条件などを決める日ロ政府間協議で漁獲割当量はベニザケ、シロザケ各25トン、カラフトマス40トン、ギンザケ3トン、マスノスケ2トンの計95トンで妥結。操業期間は6月15日から7月15日までで、前年の6月10日から同25日までに比べ期間が延長された。

 今年も一般社団法人海洋水産システム協会(東京)と国立研究開発法人水産研究・教育機構(本部・横浜市)が協同で実施主体となり、国から補助を受けて、富山県の第68善龍丸が操業を行う。

 海洋水産システム協会研究開発部の酒井拓宏部長によると、今年は魚が入る量が増えるように網口の面積を1.6倍にしたほか、入った魚が逃げにくくなるよう、網の「かえし」部分の改良などを行ったという。

 酒井部長は「前年の操業結果などから、可能な限りベニザケが入るように検討して、考えつく対策はやった」と話していた。

関連記事

日高報知新聞

静内農高 最優秀賞など上位に【新ひだか】

【新ひだか】日本学校農業クラブ北海道連盟など主催の「全道技術競技大会」が7、8の両日、帯広農業高と道立総合研究機構畜産試験場=十勝管内新得町=で開かれ、静内農業高(大関俊郎校長)から最優秀賞を含む...

日高報知新聞

野球日本代表監督 稲葉さんも指導【新ひだか】

【新ひだか】プロ野球の北海道日本ハムファイターズ主催の「キッズサマーキャンプ」が17~19の3日間、三石緑ヶ丘公園球場で行われている。管内外から31人の小学6年生が参加し、稲葉篤紀スポーツ・コミュニティ...

名寄新聞

自転車でゆかりの地巡る・「松浦武四郎RIDE」【名寄】

 なよろ観光まちづくり協会(吉田肇会長)主催の初の自転車イベント「松浦武四郎RIDE」が19日に駅前交流プラザ「よろーな」を発着地点に開かれた。参加者は、北海道命名者の武四郎に縁のある地域を自転...

名寄新聞

道内外から高校生185人参加・市立大オープンキャンパス【名寄】

 名寄市立大学(佐古和廣学長)の「オープンキャンパス2018」が18日に同学で行われた。参加した高校生たちは、ガイダンスや模擬授業、現役学生との交流を通して、同学へ親しみを深めた。  オープン...

名寄新聞

白樺樹液ビールお披露目・クラフトビアフェス盛況【美深】

 「美深クラフトビアフェス2018」が18日に大通北4赤れんが倉庫で開かれ、来場者がジャズの生演奏を聴きながらクラフトビールや豊富なフードメニューを味わう至福のひとときを満喫。さらに、美深産白樺...