北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

架空請求はがき相次ぐ 7日だけで17件【帯広】

「民間訴訟通達センター」と名乗り、一般家庭に送り付けられたはがき

 実在しない「民間訴訟通達センター」を名乗るはがきが一般家庭に送りつけられる事案が、十勝管内で相次いでいる。帯広署には7日だけで17件の相談があった。現金をだまし取られる被害は現時点で発生していないが、同署は注意を呼び掛けている。

 はがきは「消費料金に関する訴訟最終告知のお知らせ」と題し、「契約会社から訴状が提出された」「連絡がない場合は不動産などの差し押さえを強制的に執行する」といった内容。はがきの送付日から近い日付を「取り下げ最終期日」とし、周囲との相談時間を取りづらくしている。

 7日に相談があった事案は、いずれも60~70代の女性にはがきが宛てられたもの。同署によると、架空請求はがきに関する1日の相談件数としては過去5年で最多という。8日も午後8時までに16件の相談があった。今年に入ってからの相談件数は225件となり、既に昨年1年間の117件を大幅に上回る。

 8日に、はがきが家に届いたという帯広市内の女性(75)は「警察に相談して詐欺だと分かり、ホッとした」と話す。はがきに身に覚えはなかったが、目にした時は少し不安になったという。

 3月には札幌市の50代女性が同様の手口で、現金を8回にわたって送金し2500万円をだまし取られた。同署は「身に覚えがないと感じたら、家族や警察に相談してほしい」と呼び掛けている。電話番号は0155・25・0110。

関連記事

苫小牧民報

北電苫東厚真4号機、月内に再稼働へ 道内の安定電力供給にめど

 北海道電力は24日、胆振東部地震の影響で停止していた苫東厚真火力発電所(厚真町)の4号機(出力70万キロワット)について、月内に再稼働できる見通しになったと発表した。点検の結果、タービンの損傷...

十勝毎日新聞

華やかに練り歩き 帯廣神社秋季例大祭【帯広】

 帯廣神社(大野清徳宮司)の秋季例大祭は24日に本祭を迎えた。氏子ら約70人がみこし1基、山車4台と帯広市内を練り歩く渡御を、沿道の市民が見守った。  本祭は午前8時半から御社殿で始まり、約4...

十勝毎日新聞

交通事故根絶へ 願い込めたヒマワリ満開【新得】

 交通事故根絶の願いが込められたヒマワリが、新得小学校、新得幼稚園、新得保育所の花壇で花を咲かせている。ヒマワリを事故防止のシンボルにする「ひまわりの絆プロジェクト」に賛同し、春から大切に育てた...

十勝毎日新聞

鳥のアクセサリー 田中さん作品展示【帯広】

 帯広市の田中輝顕さん(77)の作品展「ラブバードテルアキ展」が、市内の北海道ホテル(西7南19)で開かれている。11月25日まで。  田中さんは半世紀以上にわたり、野鳥の木製アクセサリー制作...

函館新聞

Dプリンセスの「函館愛」 復興応援の横断幕を市に寄贈へ

 19日に函館港に入港したプリンセス・クルーズ社(米)の豪華客船「ダイヤモンド・プリンセス」(11万5906トン)で、船体に「北海道の復興を応援しています We are with you、Hokk...