北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

十勝ブランデー連携商品 12日ハイボール発売【池田・札幌】

 コンビニエンスストア道内最大手のセコマ(本社札幌、丸谷智保社長)は町ブドウ・ブドウ酒研究所(安井美裕所長)が製造した30年間熟成の十勝ブランデー原酒を使った「十勝ブランデーハイボール」(アルコール分7%)を12日、セイコーマートの酒類取り扱いのある全店(北海道、茨城、埼玉)で一斉発売する。価格は350ミリリットル缶、198円で通販サイト(セイコーマートオンライン)でも取り扱う。

「十勝ブランデーハイボール」を紹介する安井所長

 1987年ものの十勝ブランデー原酒をアルコールに占める割合の15%使用している。原酒は後志管内仁木町産の「キャンベル」と呼ばれるブドウを主原料に同研究所が蒸留し、フレンチオーク樽で長期熟成した。同社によると、原酒には限りがあるため初回製造の24万缶が対象で、その後はビンテージが替わる場合がある。

 同社の丸谷社長は池田町出身で、十勝ワインの祖として知られる故丸谷金保元池田町長の長男。そんな縁もあって同社と同研究所の間で商品開発が進められ、オリジナルブランドとして発売することになった。

 十勝ブランデーハイボールは、ブランデー本来の芳醇(ほうじゅん)な香りや、ブドウを原料としたブランデーならではのまろやかさが特徴。同社は「十勝ブランデーをニーズの高まりを見せるハイボールとして商品化することで、より多くの方に喜んでもらいたい」としている。

 原酒を提供する同研究所は、64年にブランデーの製造を開始。今回は87年ものを提供した。同研究所の安井所長は「地域密着のセコマと十勝ワインが北海道ブランドとして発信していくことに意義を感じ、多くの人に楽しんでもらいたい」と話している。

関連記事

十勝毎日新聞

来年10月に運賃値上げ JR北が経営改善策【札幌】

 JR北海道の路線見直し問題について議論するJRと国、道、道市長会、道町村会、JR貨物による6者協議が20日午前、道庁で開かれた。JR北海道の島田修社長は経営改善の取り組みの一環として、来年10...

十勝毎日新聞

健やかな成長願い 七五三【十勝】

 「七五三」のシーズンを迎え、十勝管内の神社には多くの家族連れが参拝に訪れている。  「七五三詣」は、数え年で男児は3、5歳、女児は3、7歳に神社にお参りし、健やかな成長を祈る儀式。今年は20...

十勝毎日新聞

イオン帯広店リニューアル検討 青柳新社長【帯広】

 イオン北海道(本社札幌)の青柳英樹社長(57)は19日、イオン帯広店(西4南20)について「今年度は無理だが、そう遠くない時期に店舗をリニューアルをしたい」との見解を示した。また、「次の10年...

函館新聞

旧相馬家住宅 国の重文に 笹浪家米蔵・文庫蔵を追加【函館 上ノ国】

【函館、上ノ国】国の文化審議会(佐藤信会長)は19日、重要文化財(重文)として、函館市元町33の旧相馬家住宅2棟(主屋、土蔵)を新規指定、上ノ国町上ノ国の重文「旧笹浪家住宅」に付属の米蔵...

函館新聞

カボチャランタンに花火 紅葉ライトアップも「大沼ハロウィンナイト」【七飯】

 【七飯】秋の大沼を楽しむイベント「第7回大沼ハロウィンナイト&紅葉ライトアップクルーズ」(ぐるり道南観光推進協議会主催)が19日、大沼公園広場で始まった。カボチャランタンや紅葉のライトア...