北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

十勝ブランデー連携商品 12日ハイボール発売【池田・札幌】

 コンビニエンスストア道内最大手のセコマ(本社札幌、丸谷智保社長)は町ブドウ・ブドウ酒研究所(安井美裕所長)が製造した30年間熟成の十勝ブランデー原酒を使った「十勝ブランデーハイボール」(アルコール分7%)を12日、セイコーマートの酒類取り扱いのある全店(北海道、茨城、埼玉)で一斉発売する。価格は350ミリリットル缶、198円で通販サイト(セイコーマートオンライン)でも取り扱う。

「十勝ブランデーハイボール」を紹介する安井所長

 1987年ものの十勝ブランデー原酒をアルコールに占める割合の15%使用している。原酒は後志管内仁木町産の「キャンベル」と呼ばれるブドウを主原料に同研究所が蒸留し、フレンチオーク樽で長期熟成した。同社によると、原酒には限りがあるため初回製造の24万缶が対象で、その後はビンテージが替わる場合がある。

 同社の丸谷社長は池田町出身で、十勝ワインの祖として知られる故丸谷金保元池田町長の長男。そんな縁もあって同社と同研究所の間で商品開発が進められ、オリジナルブランドとして発売することになった。

 十勝ブランデーハイボールは、ブランデー本来の芳醇(ほうじゅん)な香りや、ブドウを原料としたブランデーならではのまろやかさが特徴。同社は「十勝ブランデーをニーズの高まりを見せるハイボールとして商品化することで、より多くの方に喜んでもらいたい」としている。

 原酒を提供する同研究所は、64年にブランデーの製造を開始。今回は87年ものを提供した。同研究所の安井所長は「地域密着のセコマと十勝ワインが北海道ブランドとして発信していくことに意義を感じ、多くの人に楽しんでもらいたい」と話している。

関連記事

根室新聞

北方領土の語り部育成 後継者が元島民の体験語る【根室】

 千島歯舞諸島居住者連盟根室支部(宮谷内亮一支部長)は15日、千島会館で後継者語り部育成事業を開催し、歯舞群島・勇留島2世の米屋聡さん(59)と国後島2世の野潟龍彦さん(67)が、元島民から聞いた島で...

根室新聞

室根より「おいしいこんぶ ありがとうございました」【根室】

 逆さ地名が縁で岩手県一関市室根町と交流する「根室・室根交流の会」(志和秀春会長)のもとへ、室根の保育施設から「昆布の絵手紙」が届いた。特産品交流で送っていた昆布のお礼ということで、ちぎり絵で...

根室新聞

「初年度に手応え」カキ養殖へ試験継続【根室】

 歯舞漁協の23部会でつくる歯舞水産物ブランド化推進協議会(小杉和美会長)は、トーサムポロ沼でカキ養殖に取り組んでいる。1年目の昨年は歯舞こんぶ祭りなどイベントで販売を行っており、今後も養殖試験を...

根室新聞

商店街に歓声響く「下町スライダー」大盛況【根室】

 雪で作った全長50メートルの巨大滑り台が17日、緑町商店街を歩行者天国にして設置され、迫力満点の“冬の遊び”に歓声を上げる約1,000人の親子連れでにぎわった。イベントは根室商工会議所青年部創陽クラブ(...

日高報知新聞

管内で新たに4人を認定【浦河】

 道が認定する木育を普及させる専門家「木育マイスター」の平成30年度認定証交付式が14日、浦河町常盤町の日高振興局森林室で行われ、新たに4人が認定証の交付を受けた。  木育マイスターは、森や木工...