北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

十勝ブランデー連携商品 12日ハイボール発売【池田・札幌】

 コンビニエンスストア道内最大手のセコマ(本社札幌、丸谷智保社長)は町ブドウ・ブドウ酒研究所(安井美裕所長)が製造した30年間熟成の十勝ブランデー原酒を使った「十勝ブランデーハイボール」(アルコール分7%)を12日、セイコーマートの酒類取り扱いのある全店(北海道、茨城、埼玉)で一斉発売する。価格は350ミリリットル缶、198円で通販サイト(セイコーマートオンライン)でも取り扱う。

「十勝ブランデーハイボール」を紹介する安井所長

 1987年ものの十勝ブランデー原酒をアルコールに占める割合の15%使用している。原酒は後志管内仁木町産の「キャンベル」と呼ばれるブドウを主原料に同研究所が蒸留し、フレンチオーク樽で長期熟成した。同社によると、原酒には限りがあるため初回製造の24万缶が対象で、その後はビンテージが替わる場合がある。

 同社の丸谷社長は池田町出身で、十勝ワインの祖として知られる故丸谷金保元池田町長の長男。そんな縁もあって同社と同研究所の間で商品開発が進められ、オリジナルブランドとして発売することになった。

 十勝ブランデーハイボールは、ブランデー本来の芳醇(ほうじゅん)な香りや、ブドウを原料としたブランデーならではのまろやかさが特徴。同社は「十勝ブランデーをニーズの高まりを見せるハイボールとして商品化することで、より多くの方に喜んでもらいたい」としている。

 原酒を提供する同研究所は、64年にブランデーの製造を開始。今回は87年ものを提供した。同研究所の安井所長は「地域密着のセコマと十勝ワインが北海道ブランドとして発信していくことに意義を感じ、多くの人に楽しんでもらいたい」と話している。

関連記事

根室新聞

エビかご漁 湾中地区も初出荷【根室】

 根室沿岸での「ホッカイエビかご漁」(シマエビ)で湾中地区での操業が20日に解禁となり、22日に根室市場に約18トンの煮エビが初出荷された。セリではLサイズの高値がキロ当たり5,238円と前年を128パーセ...

根室新聞

7月12日 今年も緑町中央通りで盆踊り大会【根室】

 根室盆踊り大会の日程が、7月19日に決まった。今年も緑町中央通り1、2丁目を会場に子供仮装や大人素踊りを展開し、子供参加者へのお菓子配布や恒例の大抽選会で夏の夜を盛り上げる。子供仮装への申し込みは7月1...

根室新聞

市議会 定例月議会が終了 水道料金値上げ可決【根室】

 6月定例月市議会は22日、本会議を開き、議案10件を可決、意見書案12件を可決採択した。平均148パーセント、38年ぶりの水道料金値上げとなる市水道事業給水条例の一部改正案は、低所得者対策の付帯決議を付けて...

苫小牧民報

卵、乳製品使わない体に優しいケーキ考案 アレルギー持つ人注目-千歳の洋菓..

 千歳市長都駅前4に卵や乳製品を使わない洋菓子店がある。名前は「Porin(ポリン)」。お豆のモンブランや豆腐のチョコレートムースなど、体に優しい創作ケーキなどが並ぶ。アレルギーを持つ人などの間...

日高報知新聞

林業やイチゴハウスで【浦河】

 浦河高校(吉瀬献策校長、生徒389人)の2年生130人のインターンシップ(職業体験学習)が20~22の3日間、浦河、様似、新ひだか3町の56事業所で行われた。  働くことの意義、社会人として必要なマ...