北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

十勝ブランデー連携商品 12日ハイボール発売【池田・札幌】

 コンビニエンスストア道内最大手のセコマ(本社札幌、丸谷智保社長)は町ブドウ・ブドウ酒研究所(安井美裕所長)が製造した30年間熟成の十勝ブランデー原酒を使った「十勝ブランデーハイボール」(アルコール分7%)を12日、セイコーマートの酒類取り扱いのある全店(北海道、茨城、埼玉)で一斉発売する。価格は350ミリリットル缶、198円で通販サイト(セイコーマートオンライン)でも取り扱う。

「十勝ブランデーハイボール」を紹介する安井所長

 1987年ものの十勝ブランデー原酒をアルコールに占める割合の15%使用している。原酒は後志管内仁木町産の「キャンベル」と呼ばれるブドウを主原料に同研究所が蒸留し、フレンチオーク樽で長期熟成した。同社によると、原酒には限りがあるため初回製造の24万缶が対象で、その後はビンテージが替わる場合がある。

 同社の丸谷社長は池田町出身で、十勝ワインの祖として知られる故丸谷金保元池田町長の長男。そんな縁もあって同社と同研究所の間で商品開発が進められ、オリジナルブランドとして発売することになった。

 十勝ブランデーハイボールは、ブランデー本来の芳醇(ほうじゅん)な香りや、ブドウを原料としたブランデーならではのまろやかさが特徴。同社は「十勝ブランデーをニーズの高まりを見せるハイボールとして商品化することで、より多くの方に喜んでもらいたい」としている。

 原酒を提供する同研究所は、64年にブランデーの製造を開始。今回は87年ものを提供した。同研究所の安井所長は「地域密着のセコマと十勝ワインが北海道ブランドとして発信していくことに意義を感じ、多くの人に楽しんでもらいたい」と話している。

関連記事

函館新聞

日本文化紹介に協力を 来年2月コスタリカのイベントに向けクラウドファンデ..

 中米コスタリカ・アテナス市の文化大使を務める函館市在住の田中桜子さん(59)が、アテナス市で開かれる日本文化を紹介するイベント「コスタリカ―ジャパン・ピースフェスティバル」(来年2月15~17日...

函館新聞

代替食で生徒安心 巴中の食物アレルギー対応給食【函館】

 今年4月に開校した函館巴中学校(佐竹聡校長)は、市立小中学校で唯一の食物アレルギー対応給食を行っている。10月から開始しており、6日には、2年生の男子生徒1人にタコを使ったハンバーグの代替食と...

日高報知新聞

2つの部活に活動資金【新ひだか】

【新ひだか】静内ライオンズクラブ(末崎泰将会長)のクリスマス家族会が8日夜、静内エクリプスホテルで開かれ、席上、青少年健全育成事業として静内高校の吹奏楽部と書道部へ活動資金として各7万5000円を...

日高報知新聞

現場診断で対策協議【平取】

【平取】3日にワゴン車同士の正面衝突で同乗の女性2人が死亡した町内荷菜の国道237号の交通事故現場で10日、門別警察署(田村厚己署長)が「現場診断」を行った。  門別署の片岡正治地域・交通課長が「...

苫小牧民報

民族共生象徴空間の愛称は「ウポポイ」に 札幌、白老、室蘭で500日前セレ..

 2020年4月24日に白老町でオープンする「民族共生象徴空間」の開設500日前カウントダウンセレモニー(道主催)が11日、札幌市中央区のホテルで開かれ、政府が全国から一般投票を受け付けた象徴空...