北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

日高報知新聞

町住火災で損害賠償請求へ【浦河】

 平成27年12月に浦河町東町の町営住宅で、住人の息子(当時24歳)による放火で住宅内部を全焼した火災で、町は服役中の男性と住宅契約者の親の双方に対し、1千万円を超える損害賠償を6月中に請求する方針を決め、7日の町議会総務産業建設常任委員会で説明した。

 火災は27年12月22日午前、4階建ての町営東町ちのみ4丁目団地の3階から出火し、内部約78平方㍍を全焼。この火事で会社員の息子はやけどを負っている。

 浦河署の原因捜査などを経て、一昨年11月に現住建物の放火事件として検察庁が起訴。昨年1月の結審で「自殺を図るため放火した」として、この男性は懲役3年6カ月の実刑判決を受けている。

 民法や町の町営住宅管理条例に基づいた損害賠償請求額は、火災発生の原因を起こした原因者(息子)に対しては①建物復旧費1053万8827円②火災後修復までの賃料相当損害額21万9251円。世帯主の契約者は①1031万4千円②同額。原因者は下の階の修繕費も含めて請求する。

 請求通知書は両者に送り、どちらが払うか(または両者分担)の優先順位はなく、内容証明付きの通知書が届いた日から1カ月以内の納入としている。

 委員会では、委員から「当事者(両者)に支払い能力があるのか」、「住宅契約に必ず必要な連帯保証人への請求の可能性」などについて質疑があった。町によると、保証人は火災発生前の27年9月に死亡していることが、火災後に判明したという。

 町によると、町営住宅の保証人(町民)の確認は毎年1回4月に実施。それ以降に町外に転出したり死亡した場合は「町では次の確認まで把握しきれず、今後の検討課題にしたい」と説明した。

 損害賠償請求後の原因者側との対応に伴い、和解案などが提出された場合を想定し、弁護士と協議する必要があるため、弁護士相談料5万4千円(5400円×10回)の予算案を6月町議会に提出する予定。

関連記事

十勝毎日新聞

路線バス国内客も乗り放題 2社がパス【十勝】

 十勝バス(帯広、野村文吾社長)と北海道拓殖バス(音更、中木雄三郎社長)は、昨年から十勝を訪れる外国人観光客向けに発売している「VISIT TOKACHI PASS」を、11月から日本人観光客向...

十勝毎日新聞

26、27日に「カレー」上映 見て「食べよう」【池田】

 池田町内の映画愛好家でつくる池田映画研究会(宮澤嘉裕会長、会員8人)は26、27の両日、町中心市街地にある交流スペース「Ponte(ポンテ)」(大通4)でドキュメンタリー映画「カレーライスを一...

十勝毎日新聞

水害きっかけ「いももっち」 まりも製薬【帯広】

 健康食品など製造販売の「まりも製薬」(帯広、河端ミカ社長)は、十勝産の「インカのめざめ」を使ったイモ団子「いももっち」2品を商品化し、販売している。袋のまま電子レンジで温めて食べられる。  ...

室蘭民報

刈田神社に輝く神輿、遠田さんが寄贈【登別】

 登別市の総鎮守・刈田神社(登別市中央町、大西昇宮司)の女神輿(みこし)が更新された。戦前から使われていた神輿だが、部品が破損するなど老朽化が顕著になってきたところ、市内の建設会社役員・遠...

室蘭民報

健康支えた音楽レク、総合福祉センター指定管理者の内池さん夫妻【室蘭】

 老朽化などを理由に10月末で廃止となる室蘭市総合福祉センター(天神町)。約12年間にわたり指定管理者を務めてきた各種介護事業を行うタカラサービス(白鳥台)の内池宝代表取締役会長(76)は「自...