北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

釧路新聞

アイヌ文様刺しゅうに/明輝高授業で挑戦【釧路】

 釧路明輝高校(藤井一志校長)は11日、同校で3年生が「アイヌ民族の衣装と文様」をテーマにアイヌ文様について学び、刺しゅうを体験した。同授業は、通年で実施する同校独自の設定科目「アイヌ学」の一環。7人の外部講師から歌や踊り、料理、刺しゅうなど体験的な学習を通して、アイヌ文化や伝統を肌で感じ学んでいる。

 この日は、12人の生徒が、アイヌ語り部などとして活動している郷右近富貴子さんから刺しゅうを学んだ。生徒たちは、5種類のアイヌ文様の紹介と刺しゅうの手順などの説明を受け、布袋に鉛筆で、5種類の中から気に入った文様を組み合わせるなど下書き。それから、それぞれ文様の刺しゅうに挑戦した。

 生徒たちは、下書きの文様に沿い、郷右近さんにチェーンステッチのやり方や針さばきなどを熱心に質問。仲間同士で相談し合いながら、悪戦苦闘し作品製作に取り組んだ。福田優希さん(17)は、「最初は難しかったが、慣れると思っていたよりもスムーズにできるようになった」と笑顔で話していた。

関連記事

十勝毎日新聞

路線バス国内客も乗り放題 2社がパス【十勝】

 十勝バス(帯広、野村文吾社長)と北海道拓殖バス(音更、中木雄三郎社長)は、昨年から十勝を訪れる外国人観光客向けに発売している「VISIT TOKACHI PASS」を、11月から日本人観光客向...

十勝毎日新聞

26、27日に「カレー」上映 見て「食べよう」【池田】

 池田町内の映画愛好家でつくる池田映画研究会(宮澤嘉裕会長、会員8人)は26、27の両日、町中心市街地にある交流スペース「Ponte(ポンテ)」(大通4)でドキュメンタリー映画「カレーライスを一...

十勝毎日新聞

水害きっかけ「いももっち」 まりも製薬【帯広】

 健康食品など製造販売の「まりも製薬」(帯広、河端ミカ社長)は、十勝産の「インカのめざめ」を使ったイモ団子「いももっち」2品を商品化し、販売している。袋のまま電子レンジで温めて食べられる。  ...

室蘭民報

刈田神社に輝く神輿、遠田さんが寄贈【登別】

 登別市の総鎮守・刈田神社(登別市中央町、大西昇宮司)の女神輿(みこし)が更新された。戦前から使われていた神輿だが、部品が破損するなど老朽化が顕著になってきたところ、市内の建設会社役員・遠...

室蘭民報

健康支えた音楽レク、総合福祉センター指定管理者の内池さん夫妻【室蘭】

 老朽化などを理由に10月末で廃止となる室蘭市総合福祉センター(天神町)。約12年間にわたり指定管理者を務めてきた各種介護事業を行うタカラサービス(白鳥台)の内池宝代表取締役会長(76)は「自...