北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

室蘭民報

観光入り込み400万人に、過去10年間で最多【登別】

記者会見の冒頭、あいさつする小笠原市長

 登別市の小笠原春一市長は11日、市役所で定例記者会見を開き、2017年度(平成29年度)の観光入り込み者数が400万人を突破する見込みであることを明らかにした。1989年度からの統計開始以来2番目で、過去10年では最多。外国人宿泊者数も初の50万人を突破し、2年連続で過去最高となる見通しだ。

 市観光振興グループによると、2017年度の観光入り込み者数(5月末現在)は約405万人で過去10年では15年度の391万3千人を上回った。また、宿泊者延べ数も131万4千人で、07年度以来の130万人超えとなったという。

 外国人宿泊者数は51万8千人と1996年度の統計開始以来、過去最高を記録。2015年度から40万人を超えていたが、50万人超えは初。各国の入り込み内訳は台湾が最多で16万4千人、次いで韓国が13万6千人、中国10万3千人、香港3万9千人、マレーシア1万5千人など。小笠原市長は「全国との観光入り込み者数などの伸び率を比較して、分析しながら今後の政策展開を図りたい」としている。

 宮蘭フェリー就航に伴う西胆振における観光振興、人的交流について小笠原市長は「広域観光圏の会長の立場で計画を立てていきたい。早期に東北に行く日程を決め、アプローチしたい」と述べた。

 市役所本庁舎建設基本構想案の策定に伴い、5月15~18日に開かれた市民説明会で、参加者から現地建て替えに不安の声が上がったことについて「津波への不安から高台への建て替えを望む市民の声は多いと認識している。市民に安心感を与えられるよう説明していく」とした。

 15日招集予定の第2回市議会定例会に提案する報告5件、議案8件、諮問3件を発表。一般会計補正予算は、8月から市民活動センターの指定管理委託に伴う経費など1440万3千円を計上し、217億4219万2千円とした。

関連記事

根室新聞

エビかご漁 湾中地区も初出荷【根室】

 根室沿岸での「ホッカイエビかご漁」(シマエビ)で湾中地区での操業が20日に解禁となり、22日に根室市場に約18トンの煮エビが初出荷された。セリではLサイズの高値がキロ当たり5,238円と前年を128パーセ...

根室新聞

7月12日 今年も緑町中央通りで盆踊り大会【根室】

 根室盆踊り大会の日程が、7月19日に決まった。今年も緑町中央通り1、2丁目を会場に子供仮装や大人素踊りを展開し、子供参加者へのお菓子配布や恒例の大抽選会で夏の夜を盛り上げる。子供仮装への申し込みは7月1...

根室新聞

市議会 定例月議会が終了 水道料金値上げ可決【根室】

 6月定例月市議会は22日、本会議を開き、議案10件を可決、意見書案12件を可決採択した。平均148パーセント、38年ぶりの水道料金値上げとなる市水道事業給水条例の一部改正案は、低所得者対策の付帯決議を付けて...

苫小牧民報

卵、乳製品使わない体に優しいケーキ考案 アレルギー持つ人注目-千歳の洋菓..

 千歳市長都駅前4に卵や乳製品を使わない洋菓子店がある。名前は「Porin(ポリン)」。お豆のモンブランや豆腐のチョコレートムースなど、体に優しい創作ケーキなどが並ぶ。アレルギーを持つ人などの間...

日高報知新聞

林業やイチゴハウスで【浦河】

 浦河高校(吉瀬献策校長、生徒389人)の2年生130人のインターンシップ(職業体験学習)が20~22の3日間、浦河、様似、新ひだか3町の56事業所で行われた。  働くことの意義、社会人として必要なマ...