北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

不用本の提供 好反応 大谷短大図書館【帯広】

 帯広大谷短期大学(田中厚一学長)の附属図書館(吉田真弓館長)が導入した、企業・団体から再利用できる書籍、雑誌などを募る「ブックリユース・パートナー事業」が好調だ。7日までに6機関から500冊を超える提供があり、同図書館では予想以上の反応に手応えを感じている。

パートナーから提供された本と水野司書

 同図書館では、不用になった図書や雑誌を古本市として一般に無料提供する「ブックリユースカフェ」を2016年6月から開催。これまで4回開催し、延べ約1100人に3300冊余りを提供した。

 第5回(30日・プロスパ6)の開催に合わせ、企業・団体が不用本を収集しサポートする「ブックリユース・パートナー」の制度を導入。

 川田工業(帯広、川田章博社長)、帯広信用金庫音更支店(梶谷徹也支店長)、同木野支店(常山宏一支店長)、北洋銀行木野支店(荒川強支店長)、音更町役場、同木野支所の6者と契約を結んだ。

 それぞれの施設内に、段ボール製のリユース資料収集ボックスを設置。子ども向け絵本や新書、文庫、実用書、文学全集など多様なジャンルの本が集まった。パートナー企業や団体に所属する社員・職員からの提供に加え、施設の利用者など付近住民から直接持ち込まれるケースもある。

 帯広信金音更支店の梶谷支店長は「(支店が入居する)プロスパ6が会場ということもあり、地域に根差した企業として協力することにした。多くの本が再利用されることを願っている」と話す。

 図書館の水野有子司書は「反響の大きさに驚いている。本を大切にし、他の人につないでいこうと思う人が多く、うれしい」と話している。

 第5回の開催時間は午後1時~同4時。パートナーから提供された500冊を含め、当日は過去最多の2300冊余りが提供される予定。

関連記事

根室新聞

日ロ首脳会談 平和条約交渉加速で合意 元島民「しっかりした道筋を」【根室】

 安倍晋三首相は14日、シンガポールでロシアのプーチン大統領と首脳会談を行い、平和条約締結後に歯舞群島と色丹島を日本へ引き渡すと明記した1956年の日ソ共同宣言を基礎として平和条約交渉を加速させるこ...

根室新聞

初田牛駅廃止 住民説明会開く【根室】

 JR北海道は15日、来年3月のダイヤ改正でJR花咲線の初田牛駅廃止について住民説明会を初田牛会館で開いた。JR側は「一日平均利用者が1人未満で利用が極端に少ない」とし、理解を求めた。住民側は「駅...

日高報知新聞

日高のシカはおいしい!【新ひだか】

【新ひだか】日高管内消費者協会連合会、ひだか食育推進協議会主催の「ひだか食育セミナー」が11日、町保健福祉センターで開かれ、参加者が料理教室や講演で地域食材の良さを再認識した。  この日は、静内御...

日高報知新聞

地震の義援金や施設へ【新ひだか】

【新ひだか】静内中生徒会(野村圭悟会長)は、10月21、22日に実施した古新聞回収による収益金のうち、計12万円を胆振東部地震の義援金や町内の社会福祉施設に寄付した。  同校生徒会による古新聞回収活動は...

苫小牧民報

甘いイチゴずらり 十勝・銀龍苺オープン-新千歳空港

 十勝管内音更町の農業法人ブルームは15日、イチゴ専門店「十勝・銀龍苺(ぎんりゅういちご)・新千歳空港店」を新千歳空港国内線ターミナルビル2階にオープンさせた。同町の自社農場で栽培して通年出荷し...