北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

不用本の提供 好反応 大谷短大図書館【帯広】

 帯広大谷短期大学(田中厚一学長)の附属図書館(吉田真弓館長)が導入した、企業・団体から再利用できる書籍、雑誌などを募る「ブックリユース・パートナー事業」が好調だ。7日までに6機関から500冊を超える提供があり、同図書館では予想以上の反応に手応えを感じている。

パートナーから提供された本と水野司書

 同図書館では、不用になった図書や雑誌を古本市として一般に無料提供する「ブックリユースカフェ」を2016年6月から開催。これまで4回開催し、延べ約1100人に3300冊余りを提供した。

 第5回(30日・プロスパ6)の開催に合わせ、企業・団体が不用本を収集しサポートする「ブックリユース・パートナー」の制度を導入。

 川田工業(帯広、川田章博社長)、帯広信用金庫音更支店(梶谷徹也支店長)、同木野支店(常山宏一支店長)、北洋銀行木野支店(荒川強支店長)、音更町役場、同木野支所の6者と契約を結んだ。

 それぞれの施設内に、段ボール製のリユース資料収集ボックスを設置。子ども向け絵本や新書、文庫、実用書、文学全集など多様なジャンルの本が集まった。パートナー企業や団体に所属する社員・職員からの提供に加え、施設の利用者など付近住民から直接持ち込まれるケースもある。

 帯広信金音更支店の梶谷支店長は「(支店が入居する)プロスパ6が会場ということもあり、地域に根差した企業として協力することにした。多くの本が再利用されることを願っている」と話す。

 図書館の水野有子司書は「反響の大きさに驚いている。本を大切にし、他の人につないでいこうと思う人が多く、うれしい」と話している。

 第5回の開催時間は午後1時~同4時。パートナーから提供された500冊を含め、当日は過去最多の2300冊余りが提供される予定。

関連記事

十勝毎日新聞

ホッケーの絆、苫小牧応援 アリーナに横断幕【清水】

 NPO清水町アイスホッケー協会は管理・運営する町アリーナのロビーに、胆振東部地震の被災者らを応援する横断幕を設置した。  同協会は東日本大震災などでも、寄付をはじめ被災地を応援する取り組みを...

十勝毎日新聞

ウィッグ通販月1000件 佐藤さんに国内外から注文【陸別】

 ウィッグ(かつら)の通信販売を行い、軌道に乗り始めた女性経営者がいる。陸別町内に事務所を構え、インターネット通販サイト「SUGARCRANZ(シュガークランツ)」を運営する佐藤加奈子さん(36...

十勝毎日新聞

山田さん「学芸員目指す」 協力隊に着任【上士幌】

 上士幌町の地域おこし協力隊として、北大大学院で河川の生態系を研究している山田太平さん(24)が着任した。商工観光課に所属、ひがし大雪自然館の学芸推進員として、ぬかびら地区の生態調査に取り組む。...

函館新聞

若手バンド、大ホールで熱演 北斗でミュージックフェスタ初開催【北斗】

 【北斗】アマチュアバンドなどが集う「かなでーるミュージックフェスタinホクト」が16日、市総合文化センターかなでーるで開かれた。市内外から特別ゲスト2組を含む21組が出演し、若者らしいパワーあ...

函館新聞

シエスタの情報盛りだくさん フリーペーパー「moccho!」創刊【函館】

 函館市本町の商業施設シエスタハコダテの情報を伝えるフリーペーパー「moccho!(モッチョ)」が完成した。9月発行の創刊号は「無印良品」のお薦めスポットなどを特集。今後、毎月1回の発行を目指す...