北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

苫小牧民報

森町女性団体協議会、恵庭市を訪問 子育て支援施設など視察

えにあすで交流した両団体の会員たち

 渡島管内の森町から11日、森町女性団体協議会(小杉久美子会長)の会員21人が恵庭市を訪れ、緑と語らいの広場えにあす=緑町=、道と川の駅花ロードえにわ=南島松=などを視察した。恵庭市地域女性連絡会(神田美佐子会長)の会員12人が出迎え、互いの活動を報告し合いながら交流した。

 同協議会は他自治体の女性団体との交流に力を入れており、2年に1度、道内のさまざまな地域を訪れて、視察と現地の女性団体との交流行事を行っている。今年は、インターネットの情報で恵庭市の花のまちづくりや充実した子育て支援体制などに興味を持ち、視察先に選んだ。

 午後1時すぎに緑と語らいの広場えにあすに到着した森町の一行を恵庭市の女性たちが出迎え、施設内を案内。子育て支援センターや図書館分館などの概要を説明した。

 視察後の交流会で、恵庭の神田会長は「恵庭市を花のあふれる子育てのしやすいまちにしようと頑張っている。道と川の駅は現在、23日からの花と暮らし展に向けて準備中なので、ぜひ見ていってほしい」と歓迎。両団体の会員らは、それぞれ日頃の活動を紹介し、活動の中で工夫していることや大変なことなどを互いに質問し合った。

 二つの施設を視察した森町の小杉会長は「恵庭は素晴らしい施設があり、子供が伸び伸び育つ環境。町と市の違いを感じた」と感想を話し、恵庭の団体との交流についても「皆さん花を愛するまちの市民らしく、明るく自然な笑顔で、おもてなしの気持ちが伝わってきた」と感謝を述べた。

関連記事

日高報知新聞

日高の馬の歴史・文化学ぶ【浦河】

 日高振興局主催の「馬文化出前教室」が18日、浦河町荻伏小(金澤覚校長、児童65人)で開かれ、4年生8人が日高の馬の歴史や産業について学んだ。  馬文化出前教室は、馬産地・日高の未来を担う管内の...

日高報知新聞

えりも中1年が植樹体験【えりも】

【えりも】えりも中(玉手広昭校長)の1年生46人が17日、えりも高(佐藤健校長)との連携型中高一貫の環境教育「百人浜に学ぶ」フィールド学習で、えりも岬百人浜の国有林に6種類の落葉広葉樹の苗木100...

苫小牧民報

ガイラルディア6連覇、悲願の日本一へ弾み 女子軟式野球・春季全道大会

 女子軟式野球チームの苫小牧ガイラルディアがこのほど、札幌市で開催された太陽グループ旗争奪第21回春季北海道女子軟式野球大会で優勝し、全道大会6連覇の偉業を達成した。8月の全国大会へ向け、大きな...

苫小牧民報

被災地厚真町を応援、ハスカップティー販売始まる エア・ドゥ、来月は機内サ..

 苫小牧市元中野町の「はすかっぷサービス」(大西育子代表)が製造しているハスカップティーが、AIRDO(エア・ドゥ)の機内販売商品に採用され、今月から全路線で販売が始まった。7月には機内ドリンク...

室蘭民報

岩手で制作された般若面が白老で発見、登別で展示中【登別】

 のぼりべつ文化交流館カント・レラ(登別市登別温泉町)で23日まで行われている造形のつどい展に、一風変わった作品が並んでいる。金剛力士像をほうふつさせるような、勇猛さがひしひしと伝わる木彫りの面...